お見合いで本当に結婚できるのか?アラサー女子のリアル婚活体験記②




恋愛アドバイザーのよし(@yoshiafr)です。

①からの続きです

前回記事はこちら




②入会してから検索までの長い道のり

うだうだと半年も考え詰めた結果、結婚相談所に入会した私。
独身証明書を提出し、契約書を交わして内容をチェックし、さあお見合スタート!
と思いきや、ではこれからプロフィールを作成していただきますとのこと。
プロフィールとは、インターネット上で相手が検索できるように公開する自己紹介のようなものです。
確かに必要だよなあ。
出ばなをくじかれたものの納得の上手渡されたプロフィール記入用紙はA3用紙の裏表びっしり!
あ、え、結構書くんですね…(ちょっと怖じ気づいた)
年齢・学歴・国籍・趣味など自分のことから両親や兄弟の仕事まで、個人情報を開示しまくりです。
そして難題・自己PR文!
コンパクトに自分を紹介しつつ相手に好印象を持ってもらえる文章を作らなければいけません。
例文をいくつかいただけましたが、なんだか代わり映えしない印象…
これでは他の女性たちと比較されて埋もれてしまわないかな?
あれやこれやと考えた結果、「他の女性がやってなさそうな経験」などを押し出してみました。
これがどんな結果に繋がったかは、次回以降でお話しますね。




結婚相談所のカウンセラー曰く、「一番大切なのはお写真です」とのこと。
写真の善し悪しでお見合いを申し込まれるかどうかが決まると言っても過言ではないそうです。
「プリクラやスナップ写真はお勧めしません。できるだけ写真屋さんで撮ってもらって下さい。

お洋服は白で!首元が開いている方がいいですよ!」
と最後の方はかなり力説されました。
確かにお試しで見せてもらった男性の写真はどれもきちんとスーツで笑顔です。
ということはきっと女性もきちんとした格好で写真撮影しているはずです。
こんな中に友だちと撮った写真を載せても、私を選んでくれそうな気はしません。
少しお金を出して婚活用の写真を撮影してくれる写真屋さんを予約しました。
お洋服選びは写真屋さんでもアドバイスしてくれるそうですが、せっかく結婚相談所に入会したので相談所に何着か持って行って決めてもらいました。
もちろん首もとが開いている白の洋服です。
さて、できあがった写真は見事な出来映えで「これ、わたし!?」と、さながら魔法をかけてもらったシンデレラのような気分でした。
写真屋さんでの撮影、絶対オススメです!!!

プロフィール作成と写真撮影にだいたい1週間ほどかかりました。
ステキな写真が撮れてご機嫌ルンルンの私は写真の画像を相談所に送信し、自分のプロフィールが掲載されるのを今か今かと待っていたのでした。

③へ続く!!

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です