この人と付き合いたい!と思わせる電話のテクニック3つ




恋愛アドバイザーのよし(@yoshiafr)です。

付き合う前は男女問わず、本当に付き合ってみて、長続きするんだろうか?面倒臭い事にならないだろうか?など不安は付き物だと思います。

そんなあと一歩踏み出せずにいる相手が、付き合ってみようと思う電話でのテクニックがあります。

そのテクニックとは?




この人と付き合いたい!と思わせる電話のテクニック

まずは相手の話を聞いてあげます。

自分のいいところをアピールするためには、まず基盤が必要です。

相手の話をちゃんと聞いてあげて信頼関係を強いものにしていきます。

ちゃんと話を聞いて相槌を打ってあげる。

特に付き合う前の電話では相手も少し緊張している事でしょうから、「うんうん、そうだね」と言ってもらえるだけで会話の内容もどんどん広がっていきます。

下手に「いやそれはこうした方がいいかもしれないよ」などと否定的な言葉を出さないように注意です。

自分の考えを伝えたときに、否定的なことを言われて喜ぶ人は少ないですのでそれは付き合う前の電話ではタブーです。

会話の内容で重要な事は決してネガティブな内容ではなく、明るい内容がいいですが悩み相談などはいいと思います。

私に相談してくれるんだと喜んでもらえると思いますが、そこで他人の嫌な所をあげたり文句を言うのはやめましょう。

例えば「同僚が仕事遅いんだけど文句は一人前に言うからすごく腹が立つ!そんな文句私に言われてもどうしようもないのに」といった内容でも「〇〇さん、今回の仕事苦手みたいで時間かかっちゃってたんだー。

だからイライラしてたのかな、ストレスたまってるみたいで愚痴を言うんだけど私どうしてあげたら良かったのかなぁ」とやんわりした感じで言うとガラッと印象も変わります。

電話をかけるタイミングは仕事終わりなどの気が休まった瞬間を狙います

忙しい時に電話をもらっても、ちゃんと話を聞くこともできませんし人によればイライラしてしまう人もいると思います。

ですので電話をかけるタイミングとしては、仕事や勉強などが終わったであろう時間を予測し電話をかける前にメールなどで「今から電話してもいい?」と確認を取りましょう。

自分ではとても仲良くなってきたので、そんな確認は必要ないと思うかもしれませんが相手も同じ気持ちだとは限りません。

一つ作業を増やすだけなので簡単な事ですので必ず確認が必要です。

そして会話の初めの言葉は、お疲れ様とねぎらう言葉から入りましょう。

どんな場合でも言える事ですが、相手を中心に考えて行動することが大切です。

付き合う前ですので自分では少しやりすぎかな?と思うくらいで十分だと思います。

通話時間は相手の状況を考えて配慮しましょう

付き合う前の電話なので、お互い話したい事や聞きたい事は多いと思います。

ただ、相手の状況を考えて通話時間を決めなければなりません。

明日の仕事の準備まだできていないんだけどなぁと思いながらも自分から切りたいとは、言いにくいですよね。

だからと言って相手の予定なんて予測できる範囲は限られていますので、ここで注意することは電話の途中で「明日の準備とか大丈夫?」「明日も早いんだよね?」といった様に相手をねぎらう言葉をかけてあげましょう。

そうすることで、相手も切るタイミングが掴めますし、何より気遣いができる素敵な人といった印象を持ってもらえます。

これから付き合ってみようかなと思う人には、かなりプラスの印象を持ってもらえると思います。

電話の頻度については、頻繁にかけすぎるのは良くないです。

自分が声を聴きたいなと思った回数を半分にしたくらいがいいかもしれないですね。

ずっとずっと電話をかけ続けていたら、相手も疲れてしまうかもしれませんから、時には相手からの電話を待つ姿勢でどっしり構えましょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?

大切な事は相手を中心に話を広げてあげること。

否定的な言葉は付き合う前の電話では不要ですので、優しい相槌を打ってあげましょう。

会話の内容は明るく楽しい話題を選び、付き合う前の電話は相手に踏み込みすぎなよう注意が必要です。

電話をかける頻度と通話時間は相手に確認を取ると良い印象を持ってもらえるはずです。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です