ダイエットは健康な体になること




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

ダイエットは、摂取するカロリー以上に消費するカロリーが多ければ、その差のカロリーを体内の脂肪を燃焼していきます。
そうすることで、体内の脂肪を減らしていき、結果ダイエットにつながります。

ダイエットには、大きく2つの方法があります。

その2つの方法をご紹介いたします。




摂取するカロリーを減らす方法と消費するカロリーを増やす方法

1つ目は、食生活を見直すことから始めて、2つ目が消費するカロリーを増やす方法です。

健康診断などでも問診としてありますが、1週間に2回ほど汗をかくほど運動するかという項目がありますが、消費するカロリーを多くするには、汗をかくほど運動しなくてはいけません。

しかし、その場所、時間も難しいというのが多いのが現状です。
ですので、まずは、食生活を見直すことから始めるといいでしょう。

外観からして太っているという人の多くは食生活がかなり乱れています。
ドガ食いをしたり、間食を多く取ったり、甘い飲料水をたくさん飲んだりと、あまり人にお勧めできる食生活ではありません。

そこで、まずは、食生活から見直すことがダイエットの一歩になります。

 

日々の食生活を考えた時に夜の食事量が多いのが現代人の特徴です。

夜たくさん食事を取り、2時間を経過せずに寝てしまう。
そして、十分に消化されない状態で朝の朝食を迎えると、朝食が十分食べられないということになります。

朝食抜きで、昼たくさん食べる、夜が遅いので、その間に間食として何かを食べる、飲む、そして、晩御飯というサイクルです。
食事を見直すことがダイエットのスタートになります。

晩御飯の後は2,3時間以上の経ってから睡眠をとることからスタートします。

その晩御飯においても、肉類ばかりを食べるのではなく、肉も食べますが、魚、野菜を中心としたメニューにします。
その肉も脂身部分ではなく、赤身の脂肪が少ない肉にしたり、鶏肉にします。食べ方も変更します。

まず、野菜を先に食べます。野菜を先に食べ後から、肉、ご飯を食べることで、先に吸収された食物繊維がご飯、肉の糖分の吸収スピードを抑え、血糖値、脂質の吸収も抑えます。

食べ方とメニューを変えることで太らないからだ作りをすることができます。
そうすると、朝ごはんがしっかり食べられるようになります。
それでもいきなり朝食をしっかり食べることができない人はいるでしょう。

ですので、野菜ジュース、ヨーグルト、フルーツなど口当たりの良いものを食べることにします。
そして、会社に着いたら、パンなどを食べるといいかもしれません。朝がある程度しっかり食べることができると昼も比較的軽い食事で済ますことができるでしょう。

仕事で忙しい人が多いかもしれませんので間食するかもしれませんが、低カロリー食品のビスケット、機能性食品がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットとは健康体になることです。

短期間で体重を減らすことではなく、長いスパンで食生活を見直すことをお勧めします。

 

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です