デートでやってしまった失敗談 3撰【男性編】




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

夏といえば海やプール、遊園地や水族館など様々なデートスポットが目白押しになる季節です。

だからこそ夏にはデートをする機会も増えますよね。

けれどもどんな場所でのデートでも失敗することはあります。

今回はデートのプランニングに関する失敗談を紹介したいと思います!




水族館デートで大混雑!ムードも台無しに

王道ですがやってしまいがちなのがデートスポットの下見不足です。

夏はデートスポットが多いですが、その分混雑していたりや予想していたよりも規模が小さくてガッカリしてしまうことがあります。

僕が以前やってしまったのは水族館デートの際に、人の混雑が激しくとてもっゆっくり見て回れるような状況じゃなかったことです。

水族館はデートスポットの王道とも言える場所。なによりも魅力的なのは灯りの少ない幻想的な場所で二人のムードが高まるというところ。

しかしそんな水族館も夏は沢山の人で大混雑してしまいます。

休日の昼間に行ったのが運の尽き。

子連れのファミリーや他のカップルで館内は埋め尽くされとてもゆっくりできる雰囲気じゃありませんでした。

彼女に退屈な思いをさせてしまってやってしまったなあと思いました。

 

お金の掛けすぎも考えものです

デートの際に考えなければいけないのはスポットだけでなく、もちろん二人の懐事情についてもです。

デートなんだからとお金を掛けすぎるのも良くないな、と思ってしまったエピソードがあります。

まだ付き合いたての頃の休日デート、都心に出て浅草観光でもしながら遊ぼうと彼女と予定を立てて浅草・墨田デートをした時です。

その日は沢山ショッピングもして、ご飯もお茶も少しばかり豪華なものを頂きました。

そしてデートを終えて、彼女と別れる際に一言「今日はたくさんお金掛かっちゃったね」と言われてしまいました。

彼女にも彼女の懐事情があるわけで、僕はそれを考えずに行きたい場所に行って彼女に負担を掛けてしまったわけですね。

互いの事情を考えながらデートプランを練らなければと思った失敗です。

 

行きたかった場所が思ったよりも……拍子抜け?

デートの下見不足は結構やってしまいがちな失敗ですが、その中でも特に落ち込んでしまうのはデートスポットが意外と小規模なものだったり見たかったイベントが短時間で終わってしまうような場合です。

彼女はおろか自分ですら少しガッカリしてしまうのはデート以前の問題ですよね。

さらにそこで追い討ちとなるのが、自分のプランが一気に潰れてしまうこと。

この場所で何時まで楽しもうと計画していたのが、そんなに長く居られるような場所でなかったら、じゃあ余った時間はどうしようとなってしまいます。

結局自分がプランニングしたデートだったのに、途中から彼女のプランを立ててもらうようなことになってしまうとかなりやってしまったなあと感じてしまいます。

予め友人からの口コミや実際に下見に行くなどして、できる限り信憑性の高い情報を得ておいたほうがいいですよね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。やっぱりデートにおいて大事なのは情報と下見ですよね!

僕のパターンだとよく下見不足でやらかしてしまうことが多かったです。

デートは当日ももちろん重要ですが、その準備こそ大事なのだなと痛感します。

 




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

QRコードはこちら

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です