一目ぼれの人に告白するタイミングと3つの方法




恋愛アドバイザーのよし(@yoshiafr)です。

一期一会のチャンス。運命的な出会いかもしれない。

でもなかなか言い出しづらい。そんなあなたに。

一目ぼれの人に告白するタイミングと方法を紹介いたします。




 

後ろめたさは要らない

人生男と女しかいません。

まして女性なら輝ける時間というのにも限りがあります。

男性は興味ある女性はいるけど、なかなか自分からは切り出しづらい。

そんな気持ちは日常茶飯事だと思います。

興味ある男性、女性に出会ったときには、第一に告白する勇気を持たなくてはいけない。

これを言って断られたらどうしようとか、ああ言わなきゃ良かったと、行動する前に躊躇ってはいけない。

男性の女性から希望される結婚年齢も35近辺まで、女性なら30歳近辺でしょうか!

人が美しくいられる時間には限りがあります。

どうしてもあの人に声をかけたいけど、彼氏がいたら、彼女がいたらと考えてはいけない。

 

実行してみること

高鳴る気持ちを伝えるタイミングですが、出会いの場所はたくさんあることでしょう。

日常生活での行きずり、学校、職場、買い物に出かけたときなど、出会うシーンはたくさんあります。

純粋な気持ちで相手に伝えることは、ナンパではありません。

相手が真剣に聞いてくれるように、きちんと伝えることが大事です。

私もビジネスマンですが、勤務が終わった後や帰り際に好きな女性がいたら、声をかけるタイミングはたくさんあります。

飲み会に誘うことだってできますし、ある仕事のプロジェクトで話す機会もあるし、ランチタイムにだって声はかけられます。

学校だったら、下校時にもそのチャンスはあります。

一番難しいのは、人知れず、すれ違いざまに出会ってしまったケースでしょう。

どう声をかけるか?迷わないでください。

相手が急いでいることもあると思います。

私だったら高鳴る気持ちを抑えず、状況を見て声をかけるでしょう。

通勤中だったら、駅を降りた時や信号待ちの時など。

すでに1度は顔見知りなら、メールから始めませんかと素直な気持ちで相手に伝えてみることです。

その行為だけでも、自分に興味を示してくれているんだと分かります。

繰り返しますが、純粋な気持ちで相手にぶつかることは恥ずかしいことではありません。

そそのかすような相手ならそれはトキメキではないです。

 

自分の気持ちを伝え続けること

一目ぼれの方にアクセスするタイミングはとても難しいです。

しかし、ストーカーとは違います。

本当に相手に気持ちを伝えることが大事であって、もう二度と出会えないかもしれません。

私自身、羽田空港で出会った一人の女性がいまして、空港のロビーで待っていたのですが、どこかキラキラしていて顔の表情がとても豊かで、ドキドキしてしまった魅力ある女性に会ったことがあります。

声をかけてみたいと何度思ったことでしょうか。

私はすでに結婚していたので、自分の気持ちを抑えていましたが、人間は分かりません。

本当に一目ぼれするぐらい自分の遺伝子を震わす異性というのはいるものです。

結婚している私の妻には、自分の気持ちをずっと伝えてきましたし、今でもそうですが、相手を思いやるきもちを持ち続けて、小さな電波を送り続けることがとても大事です。

現在ではメール、line等情報を伝えるツールはあります。

外に出かけて、告白する場所、スポットもたくさんあります。

お互い顔見知りなら難しいことはありません。

結果を恐れないことです。

結果を考えたら何もできませんし告白した相手のおかれた立場なんて、その後考えればよいことです。

迷惑な行為になるのでしたら、辞めればよいことです。

大事なことは相手がきちんとこちらを理解してくれる相手なのかどうかです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一目ぼれは、とても素晴らしいことです。

自分の中の異性に対するトキメキはそう人生を通じてないはずです。

自分から告白するタイミングもそう多くはありません。

結果を恐れず声をかけて、自分の気持ちを素直に打ち明けてみることから始まります。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です