人見知りを克服するための方法




モテクリエイターのよし(@yoshifr)です。

突然ですが、皆さんは人見知りですか?

人見知りとは、自分に自信がないために起こりうる症状と私は考えております。

自分に自信を持っている人は、自分を前面的に表現したくあらゆる人に自分を見せるべく人見知りすることなく誰とでも気軽に話します。

しかし、自分に自信のない人は、自分の心を読まれているのではないかと考えたりして、あまり積極的にならずに様子を伺っております。

実際に人見知りでない人なんていないと思います。

いくら多くの人と話すことが得意な人でも実はみんな人見知りだと思うのです。

反対に人見知りでないような人ほど自分をさらけ出すことに抵抗感があると考えます。

その抵抗感を自分なりになくす、もしくは抵抗感があることを認めないために自分から話かけている可能性があります。

本当の自分を悟られたくないと考えるがあまり、自分から先手を打って相手と接触している可能性が高いのです。

つまり、誰しも人見知りであり、その人見知りを解消すべく積極的に話をしている人とそうでない人とに分かれているだけであると考えます。




そこで人見知りを解消するための方法

まず、自分自身を洗脳することが重要であります。

自分自身を洗脳すると言うことは、ある意味別の人格を作り上げると言うことです。

自分の内面をさらけ出すことはなく、自分は平気で人と話ができ、人と接触できる人間なんだと自分に言い聞かせるのです。

これにより、本当の自分を隠して別人格の自分を作ることができれば別人格の自分が第三者と話のだから何ら抵抗はなくなるはずです。

もっと言うならば、本当の自分は内面に隠れており、自分の体を使ってコントロールしていると考えればいいのです。

自分の体を使って人とコミュニケーションをとることはとても楽なことです。

本当の自分が直接相手と話をする必要はなく、自分がコントロールしている体が相手とコミュニケーションをとるのだから何ら抵抗はないものと思います。
このように自分をある程度からに閉じ込めた状態でも十分、人見知りを解消できる方法はあるのです。

もちろん自分を洗脳したり、コントロールしたりするにはある程度の訓練が必要ですが、訓練するだけで解消できるのであれば簡単なことだと考えるべきです。

誰しも人に対して抵抗感を持っているものであり、その抵抗感を悟られないよう適度に会話をしているに過ぎません。

もちろんそうでない関係の人とは深く話をしている場合もありますが、何らかの方法で自分の本心は隠しているものです。

そして自分の本心を隠す以上、人と話す場合は別人格の自分を使って人と話をしているのです。

これは決して難しいことではなく誰しも容易にできることなのです。

その新たな自分を作り出す方法さえマスターすれば必ず人見知りは克服できます。

自分をだますのではなく、自分を守るべく新たな自分を作り出すのです。

そして新たな自分を前面に出しといて本当の自分は内面においておくのです。

内面に隠れていれば誰にも見つかることはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分をさらけ出すことがないのだから楽に人と話ができるはずです。

仮に人と話をしていて会話に失敗したとしてもそれは本当の自分ではないので傷つくことも恐がることも必要ありません。

本当の自分は何も影響を受けていないのですから。
自分を作り出すべく、洗脳することが人見知りを克服する一番の方法なのです。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

QRコードはこちら

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です