体にいい!!はちみつの効果とは?




はちみつダイエットはお風呂を利用

はちみつは栄養価がたかく白砂糖より低カロリーな天然甘味料です。

この8割は糖質で、寝る前糖質多いはちみつを口にすればふとりそうですが、痩せる理由は睡眠時おおく分泌される成長ホルモンが関与してます。

成長ホルモン分泌されれば体脂肪を燃やし体の州副作用がされて、成長ホルモンを分泌するには脳にしっかりエネルギーが必要となります。

そこで脳は肝臓に蓄積されたブドウ糖を使ってエネルギーになるのですが、これが不足すれば成長ホルモン分泌はされなくて体脂肪をもやすことができなくなり、ストレスホルモン分泌で筋肉を分解してブドウ糖を作るのです。
ですが、分解してつくられたブドウ糖は成長ホルモンが分泌されにくく、筋幾が衰えてしまいます。

寝る前ハチミツをとれば睡眠時の成長ホルモン分泌が円滑にされて体脂肪がしっかり燃焼されます。
成長ホルモンがたくさん出てくる時間に合わせるため寝る1時間前にはちみつをとってください。

量は小さじ1杯程度で、そのままなめてもよくお湯に溶かしてのんでもいいです。
売られてるハチミツの中に人工甘味料など含んだもの、製造過程で加熱され栄養が失われてる物があり、なるべく天然のものをつかって下さい。




糖質はハチミツ以外でもいいと思われてる方もいますが、これは甘味料中短時間で効率よくエネルギーになることやビタミンB群等脂肪燃焼に必要な栄養がふくまれます。
成長ホルモンがしっかり分泌されるには質のいい睡眠が必要です。
6~7時間は寝てください。睡眠時間確保が難しいひとも4時間は寝て下さいね。

そして眠りは4時間は睡眠時の中でねむりが深くなってる時間だからで、22時~2時までは成長ホルモンがたくさん分泌される時間です。
※寝る前ハチミツダイエットするなら夜更かししないでください。

胃の中に食べたのが残っていれば睡眠の妨げになり練る3時間前食事を済ませましょう。
3時間前すませることが難しければ消化いいもの、量を調整してください。

寝る前はちみつダイエットや栄養バランスいい健康的食事が基本で、寝る前ハチミツをとるだけで痩せると誤解されてますが、カロリーの過剰摂取は太る原因で適度な食事を心掛けてください。

 

まとめ

はちみつ8割は糖質で、これまで通り食事にハチミツ加えると糖質過剰摂取で、太る原因となり、夜炭水化物など糖質が含まれてるのは控えてください。

そして、寝る前のダイエットは脂肪燃焼の働きをもってる成長ホルモン分泌をサポートする方法で、これをとる以外に栄養場バランスいい健康的食事や十分な睡眠が大事です。

ダイエットを行う際には、体調には十分注意して下さい。

健康的に痩せましょう!!

おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

こちらのLINE@では、無料の恋愛サロンをやっています。

ご気軽にご参加ください。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です