何回も会っていても、手を出してこない男の心理




モテクリエイターのよし(@yoshiafr)です。

私の実体験からすると男性は相手を真剣に思うほど慎重になるものです。
貴女を大切にしたい、でも自分にはそれだけの器があるのだろうか?

好きだ、一緒にいたいと貴女を思うほどに迷ってしまうようなところがあります。
男性がどんな気持ちなのか、いくつかのパターンで見てみましょう。




好きだからこそ慎重さと覚悟を持ちたがる

男性は貴女を好きになるほど、なかなか手を出せないものです。
なぜなら、貴女を好きだからこそ失敗したくない、そう、慎重になってしまうんです。
心の中では貴女とそういう関係になりたいとは思っています。

でも、今手を出してしまうのは安っぽい男と思われてしまうんじゃないだろうか?
じゃあ、何回目のデートなら?どういうシチュエーションなら?
男性の心の中は迷いでいっぱいです。

もし貴女がOKサインを出しているのに、男性が何もしてこないのなら、そのサインを上手くキャッチできずにタイミングを逃してしまっている可能性もあります。
男性側もそれを何となく認識していて、「タイミングを逃してしまったなあ」と感じているのなら、次に男性が貴女にそういう関係を求めるには何かしらの覚悟を持たないと次に進みにくいのが男性の心理です。
好きだからこそ臆病になってしまう、だから何か覚悟が必要なんです。

男性側の勝手なエゴかもしれませんが、「次のデートのときに必ず」とか「しっかりと愛の告白をしたい」とか、場合によっては結婚を見据えてからなんてこともあり得るかもしれません。
もし、貴女にとってもその男性が大切に思える人なら、男性の覚悟が決まるのを待つか、またはムードを作って男性にチャンスをあげてみてください。

 

真剣じゃなければすんなりと手を出しちゃいます

すべての男性がそうだとは言いません。
しかし、女性を好きになるほどに慎重になる反面、思いが軽ければ慎重さも必要ないと言うことができます。
私の実体験ですが、私はどちらかと言えば奥手な方です。

女性のことを好きだと思うほどに、うまくアピールできないなんてザラな話です。

しかし、なんとなく飲みに行って意気投合して、その日にノリでホテルへ行って行為に至ったなんてこともありました。
お酒の力が働いていたのは確かですが、酔っていても手出しできない人には手出しできません。
なので、相手への思いが軽かったり本気度が低い場合は、すんなりそういうことができてしまいます。

もう一度言いますが、すべての男性がそうだとは言いません。
ただ、男性は比較的、思いが重い人が多いように感じます。

そして、その思いの一つの終着点が体の関係を交わすかどうかという点にあるため、女性に手を出す早さでその女性への思いの、「重さ」「軽さ」をはかることができるのも、また事実であると言えるでしょう。
私の周りでも、ノリで行為に至って付き合ったカップルは、うまくいかずに別れてしまうパターンがほとんどです。

 

男性はいつまで経ってもカッコつけたがり

20代になっても30代になっても、男性はカッコつけたがりなんです。
気付いていないかもしれませんが、さりげなくカッコつけています。
そして、カッコつけたいからこそ、ミスをしたくないんです。
特に好きな女性の前では!!

普段は大したことないように見えて、ここぞってときに決めてくれる男性って心当たりありませんか?
男性って実はカッコつけられるところを狙ってるんです。

野球で言うなら、ヒットじゃなくてホームランを打ちたがるんです。
だから女性が求めている回数に比べて手数が少ないかもしれません。

でも、本気の男性はカッコつけてホームランをバシッと打てるタイミングをしっかりと狙っています。
それが、女性の貴女に脈なしなんじゃないかと悩ませてしまっているとしたら、ごめんなさいとしか言いようがありません。

ただ、男性がさりげなくカッコつけてるような感じがしたり、臆病に感じられたら、それは逆に脈ありのサインとして、暖かく受け取って欲しいのが男性の本音です。
貴女が去ってしまう前にビシっと告白したいんです。

まとめ

さて、ここまで完全に男性目線で書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

理解しがたい部分も多々あったことと思いますが、男性って結構そういう生き物です。
本気で愛してるからこそ、「愛してる」って言いにくいのが男性です。

価値観の違いは多々ありますが、貴女自身の魅力を信じて、男性を待ってあげてみてください。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です