勇気を出して声をかけよう!デートの誘い方5選




恋愛アドバイザーのよし(@yoshiafr)です。

気になる女性がいるなら、いきなり告白するのはおすすめできません。

告白したいと思うほど好きな女性ができた場合は、まずはデートに誘うことが大切です。
それは恋愛のマナーともいえることです。

では好きになった女性をデートに誘う時、その誘い方にはどのような種類があるのでしょうか?

デートの誘い方は状況を見極めて選択しましょう。

今回は、実際に試して効果があった方法を紹介します




1.「あの映画見た?」と声をかける

軽く映画の話題を振りながら、まだ見ていないことが確認できたら、ストレートに「一緒に行かない?」と誘ってみる方法です。
これは相手が興味のある映画を話題にすれば、成功率は高くなります。

 

2.まずはカフェデートに誘う

デートのハードルとして、カフェはかなりハードルが低くなります。
なぜならお洒落なカフェが嫌いな女子はほとんどいないからです。
ただし、カフェデートとなると話術が勝負になるので、ある程度会話に自身があることが前提です。

 

3.二人きりではなく、グループデートにする

まだ意中の人と気軽に会話できる関係ではない場合、グループデートに誘うというのも一つの方法です。
二人きりでないデートなら、女性がOKする確率も高くなります。

 

4.「最近行きたい場所とかある?」と会話を切り出す

そして行きたい場所を聞いたら、「そこ一緒に行こうか」と会話の流れでデートに誘いましょう。
これはある程度会話ができるほど仲が良いという前提条件がありますが、自然にデートを誘うことができる手法の一つです。

 

5.「デートしよう」と直球勝負する

最後に紹介する方法は「デートしよう」と直球で勝負することです。
これはメールや電話ではなく、対面で伝えることがポイントです。
例え断られたとしても、その態度に男らしいという印象を持ってもらえる可能性があります。
また潔い姿勢に心を動かされ、デートを承諾してもらえるかもしれません。

これらの方法を実践する際は、注意点があります。

それはなるべく対面で行うということです。
最近はメールやLINEでデートに誘うことも珍しくはありません。

しかし、それだと小心者という印象を抱かれてしまうリスクがあります。

まとめ

デートに誘って断られるのは怖いことです。
その怖さを乗り越えて、対面で誘ってくれば、これまでのあなたの印象がどうであれ「勇気があるな」と感じてもらえる可能性もあります。

もちろん対面でなければいけないというわけではありませんが、会える機会があるならできるだけデートに誘う時は直接会うことを大切にしましょう。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

QRコードはこちら

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です