告白の仕方について




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

付き合っていない時、どんなふうに告白をすればいいのか悩むことがありますね。
そして、その時に女性がドッキリするような告白をしたいと、どんな男性でも考えているはずです。

しかし、考えて実施した時、少しおかしなことになってしまうことも。
そんな時、告白を失敗してしまったと感じます。

そのような失敗しない告白とは、どんな感じなのかまとめてみました。




・真剣に話す

告白をする時には、真剣に話すことが大事です。
真剣に話すことによって、女性はそれだけで感動をすることができるのです。

普段の感じが、ふざけている感じだったら余計にそのことがいきますね。
そんなふうに、告白の時は印象にしっかりと残るものと思って、真剣に告白をするようにしましょう。

 

・直接目を見ない

告白をする時、真剣になり過ぎてしまい、変な感じになることもあります。
その時、まじまじと目をみて話すことはないのです。

もしもとても緊張していると思った時には、目を見ずに話すこともおすすめします。
それはそれでしっかりと、気持ちを伝えることができます。

前をみて、しっかりとした口調で話すことによって、その男性らしさを感じることが出来るのです。
そんな男性らしさを、告白の時に感じることができるといいですね。
告白の時には、男性らしくハキハキと言いましょう。

その言い方によって、女性は信頼出来るかどうか、判断することになります。
そのため、態度というよりも言い方をしっかりとすることが信頼感を与えることができます。

 

・慣れている感じを出さない

告白の時には、私一人を愛してくれているという、そんな印象を女性に与えることが大事です。
そのため、慣れている必要はないのです。

たとえ、何人の女性と付き合ってきたとしても、そのことを慣れているふうにしてしまうと、かえって嫌われてしまいます。

その告白の時には、たった一人という感じを出すことが大事です。
そのように出すことによって、より信頼感を演出することができます。
女性は、慣れている男性は嫌なのです。

自分のことを、遊んでいると勘違いをされることもあるんです。
そのため、慣れている素振りはタブーと思いましょう。

 

まとめ

告白をする時には、ドキドキした感じを出すことは、とても真剣みが感じられていいと感じます。
『その反対に慣れている雰囲気は、いけません。』
そのことをよく知って、女性と付き合いたいという、真剣な気持ちをストレートに心を込めて告白をすると、うまくいくと感じます。

 

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です