女性がどんどん話したくなるトークテクニックとは?




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

「女性と仲良くなりたい」「彼女を作りたい」と思っているのなら、ぜひ話術を磨きましょう。

見た目が良かったりお金を持っていたりすることもモテる要素にはなりますが、トーク力があるだけでモテている男性も少なくありません。

今回は、そんな女性に喜ばれるトークのコツを3つご紹介いたします。




 

女性との会話では共感が大切

まず、女性との会話は男性同士のそれとは異なることを意識しましょう。

男性同士だとお互いの考えをぶつけ合って議論することもたびたびありますが、女性との会話は意見を戦わせることではなく何より共感が大切になります。

ざっくり言うと「自分の感じた気持ちをその場にいる人と共有すること」が女性にとっての会話の目的なのです。

だから、女性の話を聞いた時は「だけど」「でも」「俺はそう思わないけど」など相手の意見を頭ごなしに否定する言葉から入らず、「良かったね」「大変だったね」など共感の気持ちを表す言葉を使うようにしましょう。

女性は自分の気持ちに共感してくれる人に好意を持つものです。
また、女性の会話の根幹は共感なので、話に落ちがない場合も多いです。

話の落ちを求めたり、「だから何?」など野暮なことは言わないように気を付けましょう。

ただし、あなたが女性の話に落ちをつけて面白く仕立て上げるのはありです。

 

女性の話をオウム返しにリピートしよう

例えば「昨日友達と代官山のカフェに行ったんだ」と女性が言ったら、「へえ、友達と代官山のカフェに」などオウム返しにしてみましょう。

実は、相手の言ったことを繰り返すだけである程度会話は成り立つのです。

ポイントは女性の言った言葉を取り入れることです。

これは、自分と同じ言葉を使ったり似たようなしぐさをしたりする人に自然と好意を持ってしまう「ミラーリング効果」を応用したものです。

オウム返しするだけでちゃんと話を聞いている印象を与えることができるので、好意を持ってもらえる魔法のようなテクニックなのです。

相手の言ったことを繰り返すだけだから、女性との会話が苦手な人でも比較的やりやすいと言えます。

また、女性の言った内容を手短に要約して繰り返すという応用編もあります。

これは相手に「真剣に話を聞いてくれているんだ」と思わせることができます。

たまに女性の言いたいことと趣旨がずれてしまうこともあるかもしれませんが、多少ずれてしまっていても熱意は伝わりますし、それで機嫌を損ねる人はあまりいないので気にしないようにしましょう。

 

容姿・年齢・愚痴などNGワードに気を付けよう

基本的に女性は容姿を褒められるのが好きですが、どんな女性も一つくらいコンプレックスを抱えているものです。

例えば、背が高くてすらっとした女性は「モデルみたいでかっこいい」、小柄な女性は「ちっちゃくて可愛い」などと言われがちですが、自分では身長をコンプレックスに思っているかもしれません。

身長の他に体型や年齢などもかなりデリケートなトピックなので、女性との会話では避けた方が無難です。

また、目の前にいる女性を他の女性と比べるのも絶対にNGです。

過去の恋人の話も自分からはしない方が良いでしょう。

他には、ネガティブな話題や愚痴も外しましょう。

席が盛り下がるだけで何も良いことはありません。

ただし、ネガティブな話でも笑いにできるほどの話術があればOKです。

下ネタは一部好きな人もいますが嫌がる女性も多いので、女性のキャラクターがわからないうちはやめた方が良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

女性との会話は男性同士の会話とは違う点も多く最初は戸惑うこともあるでしょうが、慣れてくれば楽しむことができるでしょう。

「女性の話に共感する」「女性の話をオウム返しにする」「容姿や年齢、ネガティブな話題は外す」といったことに気を付ければ、きっとあなたも女性をとりこにできるはずです。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です