女性必見!結婚できる女性と結婚が実現できない女性との大きな差は?




らぶいんふぉ【公式】LINE@では、モテ情報を配信させて頂いております。

ぜひご利用下さい ご登録はこちらから

友だち追加

らぶいんふぉのLINE@公式アカウント、友達に追加してやってください

モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

彼氏と別れた途端に次の候補者が現われ、しかも前の彼氏よりもイケメンで魅力的!という成功をおさめる女性っていますよね!

逆に、真面目に尽くしているのに、相手を一生懸命想っているのに、長続きしない女性もいます。

特に「結婚」ともなれば、男性は恋愛時代よりもより厳しく、言いかえればワガママな相手選びをします。

では、若いうちに結婚に至ることができない女性には、どんな特徴があるかを考えていきます。




・自ら「男が興味を持っていること」からかけ離れていく女性はNG

年に1回か2回、女子だけの旅行に出かけるために積み立て貯金をしている女はたいていの場合NGです。

もちろん、普段のストレス解消や憂さ晴らしに女同士で旅行に出かけることはあります。

しかし、ばっちり積み立てでお金を貯めて計画しまくってまで旅行をする女性というのは、日常から女子会旅行への期待が大きすぎ、価値観が「女ならではのもの」へと片寄っていきます。

また、その旅行のために何度も集まって計画を進めたり、ラインやメールも活発になります。
そうなると、1年中「女子会」を開いているようなことになります。

結果、男からみると「話が合わない女」になるのです。

男ウケの良い女というものは、サッカーや野球、アウトドア等、「男と一緒に楽しめそうなこと」の基礎知識をしっかり身につけています。

本当に男性並みに野球やサッカーのルールに詳しいわけでなくてもいいのです。

ただ、合コンの席や普通の飲み会の席などで、男が好む話題が出たときに自分なりにその話にノッていけるかどうかです。

女子会旅行で何を食べたとか、どこの露天風呂が景色が良かった等といった情報のストックをいくら持っていても、男がそれに魅かれることはありません。

むしろ「よくしゃべる女だな」くらいの印象しか与えられず、早々に恋愛対象から外されるだけでしょう。

 

・自分磨きが「男のため」になっている女性は重たい

「〇〇歳の頃から料理教室に通っています!」「栄養士の資格持ってます!」みたいなことを、猛烈にアピールする女を男は苦手とします。

料理教室に通っていてもいいし、どんな資格を持っていてもいいのですが、それを質問されてもいないのにアピールしてくると、「いい奥さんになれるアピールかな」と捉えられてしまいます。
そして、「私っていい奥さんになりますよ」的な態度や行動を、男は拒否することが少なくありません。

むしろ、男は闘争本能や狩猟本能を持っているので、自分から女を「追いかけたい」生き物です。
結婚したそうな雰囲気バリバリアピールや、いい女アピールをすればするほど、「重たい」と感じます。

重たいと感じる女ともしも結婚してしまったら…今日はこんなに料理に腕をふるったという話を聞かされたり、仕事の都合で帰りが遅いと「どこに行ってたの」と事細かに訊いてくるのではないかという想像が、男の中で成り立ちます。

そんな人に一生縛られていくのは嫌だと思うのは、当たり前のことです。

 

・過去の失恋話を詳しく語って聞かせる女性は無理

今回の出会いがどれほど素晴らしいかを彼に伝えるために、過去の失恋話をやたらとする女性がいます。

これまで出会った男とあなたとは違うということが言いたいのでしょうが、ネガティブな話を聞かされることで、男性はネガティブな気分に陥っていきます。

そもそも、他の男との生々しい体験談を聞きたいとは思っていないのです。

ましてや、「過去」です。

過去のことをつらつらと並べられても、面白くもなんともありません。

あなたは他の男性と違ってこんなに素敵だということを、自分が知っている範囲内の男と比べて伝えることはやめるべきです。

そんな暇があったら、今日一緒に観た映画がどんなに楽しかったかや、2人で出かけたときの感動話をした方が良いです。
一緒に体験したことは、話題に出したときに「共有」できます。

女が過去の男と経験したことは、新しい恋の相手と共有できないのです。

さらに、せっかく連れていってもらった美味しいレストランで、「元カレとも来たことある」等と伝えるのは言語同断です。

恋愛から結婚までこぎつけるための、すべてのシーン、すべての舞台は「彼と私」ふたりのものであり、それまでの経験をそのシーンに登場させることは、マイナス要素以外のなにものでもありません。

 

では、どうしたらいいの?

男性は女性に対し、表面化している性格や技術は「結婚の条件」としてある程度持っています。

(例えば、)
・いつも笑顔で優しく対応してくれる
・料理が上手い
・きれい好き
・会話が面白い、教養がある

などは、今後もし一緒に生活していくことを想像したときの安心材料になります。

多くの男性が好感を持つ、女性らしい強みはくっきりと相手に見えるようにするのがお勧めです。

但し、あからさまに料理上手を強調したり、出かけるとき常に手作り弁当を持ってくるといった行動は、「結婚を意識していることがまるばれ」になったり「重たい女だ」と認識されることがあります。

飽くまでも「さり気なく」自分の強みをアピールするのがポイントです。

たとえばいつ彼が部屋を訪ねてきても、きちんと整っているとか、ありあわせの材料でささっとおかずを作るといった行動です。

 

最後に

男性とは正反対のことも異性に求める生き物でもあります。

それは、「この女性ってどんな人なんだろう」という謎めいた部分です。
いくら教養があって話が面白くても、こまめに掃除していても、女として飽きられれば結婚に行きつくことはできないのです。

自分が持っている長所を最初からあからさまに出すのではなく、良い部分をこまめにちらちらと見せることをお勧めします。

また、いつもいつも大げさに嬉しい、楽しいを連発するのではなく、少しアンニュイな雰囲気を見せるとか、時折寡黙になるとか、別の顔を見せることは効果的と言えるでしょう。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

QRコードはこちら

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です