好きな相手と話してさりげなくアプローチする3つの方法




らぶいんふぉ【公式】LINE@では、モテ情報を配信させて頂いております。

ぜひご利用下さい ご登録はこちらから

友だち追加

らぶいんふぉのLINE@公式アカウント、友達に追加してやってください

モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

好きな人と話す事は緊張もしますし、あがってしまって思い通りに話せないのが普通です。

だけど、少しでも良くみてもらい、好きになってもらいたいと同時に思います。

どうすれば相手に行為をもってもらえるのしょうか?

誰でもできるような事が相手にとって特別なアプローチとなります。




1.何よりも相手の話を聞く事を大事にする

緊張して何を話せばいいのか焦ってしまいます。

ですが、自分が話さなければいけないという訳ではありません。

それよりも相手が気持ちよく話せる所に重点をおかなくてはなりません。

話が詰まってしまっても質問すればいいのです。

ずっと質問するのはおかしいので、割合的には相手が8割で、自分が2割ぐらいの気持ちでいいと思います。

ついつい、自分の話をしてしまいがちなので相手が楽しいと思ってもらえるように、質問する事によって相手の好きな物や、苦手な事や共感できる所など、どんどん会話が広がっていくはずです。

共感できる所で気が合うとも思われます。

そう感じた時は「私達気が合うね」など具体的に伝えましょう。

また、自分が知らない事はどんどん聞く事も良いです。

相手が知らない事を教えるという事で嬉しくなり、どんどん話してくれます。

また、質問を続ける事によって自分に興味があるのかな?と思い、好意に繋がります。自分に興味をもたれて嬉しくない人いません。

 

2.相手の目を見て、少し距離を近めに話す

話してる相手がずっと下をむいていたり、他の物を見ながら話していたらどうおもうでしょうか。

やはり目をしっかりとみて話すと好印象です。

相手に印象づける事もでき、話をしっかりと聞いてくれているというアプローチにもなります。

話を聞いてくれている事に嬉しくなり話がはずむはずです。

見すぎもダメなので、ある程度の所で目線をそらしても、縦にそらした方がよいです。

横に目線をそらしてしまうと自分以外の物に興味を持ったのではないかと思われ、話が途切れてしまう可能性があるからです。

そして、話をする上で距離間も大事です。人間は自分に近い物に親しみを感じます。

他の人より少し近めに話すだけで相手と親近感をぐっと近づける事ができます。

少し近いと思わせるだけで相手を意識させる事ができます。

知り合ったばかりの相手とは難しいですが、話しているときにふと近づいて話してみるのも効果的です。

あえて不自然ではなくさりげなくする事が重要となります。

 

3.楽しそうに笑顔で話す事が大事です

私は得に大切な事は笑顔だと思います。

一緒にいる時にいつも笑顔でいると、「自分といる時は楽しいのかな?」と思わせる事ができ、自分も相手も楽しくになり、相手に楽しんでいる事を伝えることができます。

他の人と一緒にいる時とは比べ物にならないぐらいの笑顔で話していると、特別感がでてとても大きなアプローチになります。

好意のない人には飛び切りの笑顔で話したりしません。

好意なある人に話すだけで楽しくて笑顔になる事を存分に表に表現してください。

そんないつもいて楽しい人とずっと一緒にいたいと誰でも思います。

「また話したら楽しいだろうな」という気持ちからどんどん好意が強くなるでしょう。

笑顔は不思議な力をもっています。

相手が不機嫌そうでも、ついついつられて笑顔になつ力を持っています。

いつでも笑顔の人には雰囲気が穏やかで、話しかけやすくなります。

話しかけられるタイミングが増えると相手との距離とぐっと近づく事間違いありません。

 

最後に

最後に何よりも相手と心の底から一緒にいる事・話すことを楽しみましょう。

そうすれば相手に自然と伝わるはずです。

質問など相手の話を聞いて知ると更に、お互いいい関係になりやすいです。

露骨なアプローチよりも自然にさりげなくする事が相手に好印象となります。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

モテ情報を配信してます。

友達に追加してやってください。

 

QRコードはこちら

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です