工夫次第で出会いは増やせる!出会いのシチュエーション5選




モテクリエイターのよし(@yoshiafr)です。

学生時代から社会人になると、出会いが少なってしまったと感じる人は少なくありません。

それでも学生時代からの恋人との関係が良好な場合、特に困ることはないですよね?
学生時代からの交際が長く続いて、結婚することができれば、それは理想的なラブストーリーでもあります。

しかし現実はそう思い通りになるとは限りません。
社会人になったことで、お互いの価値観や性格が変わって、別れが訪れてしまう、というケースは珍しいものではないのです。
そうなると、また新たな出会いが必要になりますよね?

では社会人は、一体どのようなシチュエーションで出会いのきっかけを作っているのでしょうか?

社会人になったら出会いのシチュエーションを工夫しましょう。

そのシチュエーションの一例を、以下に紹介します。




1、職場

職場でカップルが生まれることはよくある話です。
特に新卒で就職した場合は、同期が多くなるので、転職の際よりも出会いのチャンスがあるといえるでしょう。

 

2.取引先の人

営業など外回りの仕事の場合、取引先の会社の担当者や受付の人との関係も、立派な出会いの一つです。

もちろん仕事の話しかしなければ、プライベートな関係に発展することはありませんが、人間としての関係をつくっていけば、仕事で知り合う人とも恋に落ちる可能性があります。

 

3.飲み屋もしくは居酒屋

フラッと一人で立ち寄れるようなバー、または比較的隣の人に話かけやすいようなオープンな飲み屋に通えば、そこで出会いが生まれることもあります。

バーによっては常連客でサークルのようなコミュニティができているかもしれません。
そういったところに足しげく通い参加すれば、出会いのきっかけとなることがあります。

 

4.合コン

社会人になって間もない20代の間は、合コンが開催される頻度が多くなります。
なぜなら、学生時代のカップルなども、上京などで別れてしまうケースが多いからです


また30代になると既婚者はどっと増えますが、20代は同世代も独身者が多くなります。
そのため合コンは社会人になりたての時期は特に、おすすめの出会いのシチュエーションです。

 

5.友人の紹介

これも前述した合コンと同様ですが、20代は同世代に独身者が多いため、友人の紹介は比較的簡単に起こります。
大切なことは「素敵な女性がいれば紹介して欲しい」と周囲に伝えることです。

その気持ちをしっかりと伝えておけば、友人の紹介は起こりやすくなります。

 

まとめ

このように、社会人になっても、積極的に行動すれば出会いに困ることはありません。
出会いのシチュエーションはいくつもあるからです。

もし、あなたが普段の生活で出会いが少ないなと感じた時、まずは行動を起こしてみることから、はじめてみてはいかがでしょうか?

 

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です