映画 昼顔【ネタバレ注意】




恋愛アドバイザーのよし(@yoshiafr)です。

映画 昼顔を観てきました。

まだ観ていない方はネタバレになってしまいますので、ご注意ください。

ドラマの昼顔にも、どっぷりはまって観ていたので、映画もずっと楽しみにしていて観に行きました。
ドラマのドキドキ感をまた観たいと期待していました。

感想の話す前に、念のため映画 昼顔を少し紹介いたします。

 

映画の基本情報

 

【監督】西谷弘(「真夏の方程式」「アマルフィ-女神の報酬-」)
【配給】東宝
【時間】125分
【脚本】井上由美子

 

主な登場人物(公式HPより引用)

木下紗和/上戸彩

北野裕一郎/斎藤工

北野乃里子/伊藤歩

杉崎尚人/平山浩行

 

映画の舞台は、あれから3年後!

運命の歯車が動き出します。

決して、もう二度と会ってはいけない二人が!!

神様のいたずらによって・・・出会いってしまう。

 

では、私の感想です。

ドラマ版から、3年後!!

上戸彩が演じる紗和は、独身で一人住まいでとっても寂しそうな生活でした。

部屋は子供が居たわけでもないので、家族の思い出の品が飾ってあるわけでもなく、すっきりしていました。

そんな中、ホタルの講演会に北野先生が来ました!

広告を見たら、北野先生の講演会のものなんて、本当にそんな出来事が起こったら、運命だと感じてしまいます。

全然知らないところに来たつもりなのに、やっぱり会えちゃうんだから、二人の間には運命!?赤い糸がある!!なんて盛り上がりそうです。

隠れて講演会に参加したつもりが意外とあっさりバレてしまい、そこでさらりと待ち合わせ場所を言えちゃう、北野先生の機転の速さにびっくりしました。

ちょっと自分だったら、焦ってそこまで言えず、後から追いかけそうです。

紗和は、先にその待ち合わせ場所へ行ってみますが、なかなか来ない。

てっきり北野先生が待っているのかと思ってましたが、そう簡単には会えないんですね。

諦めて帰ろうとしてバスに乗り、道路脇にいる北野先生を発見します。

バス停が近くにない。やっぱりここでもスレ違ってばかりで、結局会えずその日が終わってしまいました。
お互いの会いたいが強いと、こんなにもすれ違うものなのですね。
もどかしくてたまりませんでした。

そして、北野先生が家に帰ると妻(乃里子)の勘が働きます。
「なんかあった?」とっても怖い一言ですね。

女の感って、するどいな!!

それにしどろもどろしてしまう北野先生。
バレバレが相変わらずです。

毎週会っているにも関わらず、それでも罪悪感からか、距離をとる北野先生と紗和。
もう、会っているんだから、今更何かしても状況は変わらないような気がするんですが二人は真面目なんですね。
純愛を観ているようでした。

会うのは最後にしようと、お互い決めた直後、乃里子様登場です。
乃里子さんの勘は本当に鋭いです!
そしてホテルに二人を連れ込み、話し合いに。

修羅場になると思いきや、乃里子は突拍子もない事を言い出します。

部屋から飛び出した紗和!部屋に残された妻!

結局北野先生は、紗和を選びました。

場を納めるためにも、とりあえず妻を選んで、一時的に落ち着いてもらったほうが良かったのでは?と思いました。

その後、北野先生と紗和は一緒に暮らし始めます。

ここまでは、意外とあっさり二人は一緒になれてしまったなと思いましたが、田舎は二人を噂するし、北野先生は黙って乃里子に会いに行くしとすれ違う二人。

やっぱり不倫はドキドキ感だから、一緒になると上手くいかないのかなと思いましたが仲直り。

しかも入籍の約束まで交わします!

まさかのハッピーエンドなのかと思いました。

ですが、ここでやはり乃里子がやらかしてくれました!

事故に見せかけ、北野先生を道連れに死のうと試みますが、生き残る乃里子。

北野先生も乃里子にきっぱり別れを告げ、距離を置いていればこんなことにはならなかったと思います。

北野先生の優柔不断というか詰めの甘さが最後、自分の死を招いてしまいました。

ドラマや映画とはいえ、不倫の怖さを改めて思いしりました。

 

 

ドキドキは少なかったけど、やっぱり最後は昼顔でした。

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です