気になる女性にLINEするときの4つのルール




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

気になっている女性と無事にLINE交換が出来た!!

しかし、いざLINEを始めたものの、なぜか返事が遅かったり会話が進まなくなることもありますよね?

ここでは、女性に好意をアピールするLINEの送り方や、女性からの脈アリLINEの特徴を紹介します。




1.LINEスタンプの連打を避ける

最近はメッセージ入りのスタンプが登場して、文字を入れなくても気持ちを伝えやすくなっています。
そのため、ついスタンプだけを送ってしまいがちです。

ですが、女性はスタンプの連打をされると、会話している気持ちになれないのです。
面倒だからスタンプを送っていると勘違いしてしまうこともあるので気をつけましょう。

スタンプを利用するときは、文字での会話が一通り終わった後だけに使うようにしてください。

 

2.小まめなLINE=脈アリ

男性はLINEを連絡ツールとして使う傾向がありますが、女性は気持ちを表現するための貴重なものです。
毎日10回以上LINEを送ってくるなら、脈アリサインとみて間違いないでしょう。

スタンプだけではなく、文字の会話が含まれているなら、なおさら関心をもっているといえます。
小まめなLINE=脈アリサインですから、できるだけ時間を置かずに、タイムリーな返事ができるようにしてください。

 

3.既読スルーされても大騒ぎしない

既読スルーをされて大騒ぎするのは、意外と女性よりも男性のほうが多いものです。
忙しい時はメッセージを読んでも、すぐに返事ができないこともあります。

そういう時に、スルーした理由を問い詰めたり、逆に自分もスルーしてみるなどの行動は逆効果になるのでやめましょう。

時間がある時に返事して欲しいと伝えて、ある程度、女性からの返事の頻度には寛容な態度を示したほうが上手くいきます。

 

4.LINE電話に誘ってみる

メッセージを送ってもあまり返事がこないと、どうしても不安になるものです。
返事が送れる理由が忙しいというのであれば、時間がある時にLINE電話をしたいと伝えてみると良いですね。

電話番号を交換していなくても、LINE通話なら無料ですぐに繋がりますから、短時間でも声を聞くことができます。
たとえ、それまでLINEメッセージですれ違っていたとしても、実際に通話で会話すると一気に親密度が上がるケースもあります。

どうしても気になる相手なら、一度LINE電話に誘ってみると、予想外に仲良くなれるかもしれません。

 

まとめ

せっかくLINE交換をしたのに、ちょっとした会話のすれ違いによって、自然消滅してしまうことは多いです。

気を遣い過ぎているだけだったり、アピール不足によって恋愛に発展しないのは勿体ないですよね。
ご紹介したLINEの利用方法を参考に、気になる女性にアプローチをかけてみてください。

 

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です