海外でモテる日本女子と残念な日本女子とは?




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

昔とは違い、今は国際結婚も珍しくはありません。

スポーツ選手や芸能人なんかもハーフの方がたくさんいらっしゃいますよね!

国内だけでなく、海外にも目を向けてもいいもかも知れません。

私から見た、海外でモテる女子・残念な日本女子を紹介します。

海外に興味を持つ日本人女性が増えて、どこの国にいても大都市では日本人を見かけることが多くなりました。

中には国際恋愛をしたい日本女子も多いようです。

そんな私が思う、海外でモテる日本女子・残念な日本女子を紹介したいと思います。




1.外国人の彼氏がほしければ語学をなんとかして!

まず、海外でモテる日本女性は語学が堪能です。
当たり前に聞こえるかもしれませんが、「私も外国人の彼氏がほしい!」と言ってくる日本人女子のほとんどが、日本語以外の語学が下手です。

『愛があれば言語なんて』と思っているあなた!甘いです。
せっかく好きになっても意思疎通ができないと、体だけの関係で終わってしまう確率がかなり高いです。

英語の上達のためにアメリカ人の彼氏ほしい』とか思ってる人も甘いです。

そのようなあなたの甘い考えにつけ込んであなたを利用しようとしている男性がうじゃうじゃいますよ。
でも文句言えませんよんね、あなたも彼を利用して語学をタダで身につけようとしているのですから。

 

2.ファッション、メイクは現地に馴染んだもので。

海外に長く住んで日本に帰ってくると、周りの女子のばっちりメイクやファッションに、自分がみすぼらしく感じます。

逆に、台湾など日本と似たファションの文化以外の国で、日本でしていたばっちりメイクややりすぎファッションをすると、浮いてしまう場合があります。

街でそのような女子を見かけると、馴染んでないので「日本からの観光かな?もしくはワーホリ来たばかりかな?」とバレバレです。
勿論個性ですから個人の自由ですが、モテからは遠ざかります。

特にカラコンやアイプチなどアイメイクの盛りすぎは完全にアウト。
モテたいなら断然ナチュラル系でいきましょう。

欧米では、ゆるふわ系も子供っぽすぎてあまり好まれない傾向にあります。
また、ニーハイは国によって「娼婦の印」と見なされていて、あらぬ誤解を招く可能性も。
『その国の地域に馴染む自然なメイク・ファッションがポイントです。』

海外に住むなら、服は現地調達しましょう。

 

3.欧米では自分の意見をはっきり言う芯のある女性が好まれる

認めたくありませんが、日本人は自分の意見をはっきり言わない人が多いのが事実です。
特に女性は、「笑顔と愛想を振りまいて自分のことは二の次」という女性像が素敵な女性という意識があるのか、その傾向が強いです。

でもその態度、海外では「この子何考えてるのかわからない」と、無視されて終わりです。

運良くカップル成立したとしても、自分の気持ちや考えている事をはっきり言わないと、コミュニケーション不足で絶対長続きしません。

口論になっても良いんです。

とにかく自己主張はしましょう

その分相手の言い分もじっくり聞いて、しっかりと話し合う事が大事です。

 

まとめ

いかがでしたか?
グローバル化が進む中で、国際恋愛・国際結婚も多くなってきていると思います。

日本のメディアで紹介されている女子力やモテといったものは海外ではほぼ通用しない事を覚えておいてくださいね。
海外に出るならそんな小技は使わずに、素の自分で勝負しに行ってください。

どうせ結ばれるなら、作られた姿より素顔のあなたを愛する人の方がいいでしょう?

その国々で文化や好かれるポイントも違うと思います。

違和感を感じるかもしれませんが、「育った環境が違うのですからしょうがない」と割り切り無理せずに付き合っていきましょう。

 

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です