男性が結婚したいと思う女性とは?




恋愛アドバイザーのよし(@yoshiafr)です。

男性が結婚したいと思う時は何回かあります。

まずは男性が25歳、26歳になった頃に結婚を意識しだします。

また、30歳を超えたあたりにも結婚を意識するようになるのです。

しかし、その結婚したいと思う時に理想の女性が現われていなかったなら、結婚するまでには至りません。

男性が結婚を決意する女性とはある意味、家庭を任せても大丈夫だと思える女性です。

そして最近では共働きが普通になってきているため、女性が働いていることも結婚するための条件となっていることも事実です。

そういった女性と出会えれば男性は一度は結婚を意識し決意するぐらいまでになるのです。




男性が結婚したいと思う女性とは

ここで重要なのは男性は臆病な生き物であるということです。

男性は臆病な生き物であるが故に、結婚に対して慎重になります。

結婚を決意したにもかかわらず、再度結婚をしても大丈夫かどうかを真剣に考えるのです。

もちろん女性からすると一度決意したのならそのまま突っ走れば良いと思うかもしれませんが、男性は家庭を任せる以上相手の女性が最適な人物であるかどうか自分にとって本当に見合った人物であるかどうかの最終確認を行うのです。

そしてその最終確認が一番の難関でもあるのです。
男性は最終確認を行う際、相手の粗を捜し出します。

そして自分の結婚に対する迷いが正当な迷いであることを裏付けるために粗を探しその粗を言い訳に再度結婚すべきかどうか自問自答するのです。

この行為はある意味、臆病な生き物であると同時に結婚に対する責任を全うするための自分なりの決意の表れでもあるのです。

つまり自信のない結婚をすることは相手への失礼な行為に当たると考えており、そのため男性として誠意ある行動でもあると言えます。

男性は臆病になりつつも自分が女性を幸せにしないといけないという責任感を必ず持っているのです。

そのため、最終確認ではかなり厳しい目で女性を見ているのです。
ではどういった女性が男性の目に良くうつるのかですが、それは至って簡単なことです。

女性がどのぐらい自分のことを頼りにしてくれているのか、自分を頼りにしつつ自分のことを支えてくれる相手か否かを見ております。

そしてそういった女性であれば男性はいとも簡単に結婚を決意するのです。

男性は臆病な生き物であると同時に単純な生き物でもあります。

そのため女性のそういった部分が造られていようが本物であろうが見極めることなく簡単に結婚を決意するのです。

つまり、決意をする上で、そういった男性の心理を知っている女性は簡単に男性を落とすことができるのですが、男性の心理を掴んでいない女性はいつまでたってもその最終確認をクリアできないのです。

クリアできない場合、男性は決意した結婚への意識が揺らぎ始め、その女性との結婚はありえないと自分の中で思い始めてしまいます。

そうなると、女性がその男性と結婚するためにはまた一から時間をかける必要が出てくるのです。

 

まとめ

このように男性は単純でありつつ自分なりの結婚に対するハードルを設けており、そのハードルを越えてきた女性に対してのみ結婚を決意するのです。

そしてそのハードルは決して高くなく、ハードルがあることに気づきさえすれば容易にクリアできるのです。

女性陣は男性のそういった隠れた心の部分を掴むことが重要なのです。

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です