結婚できない人の特徴とは?




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

現在では、「結婚をしない」ということを選ぶことも普通になってきています。

現代で、私の身近な例で結婚したくてもできない人を具体例をいくつか考えてみたいと思います。

皆様の周りには、こういった方はいらっしゃいませんか?




結婚できない人の特徴とは?

・その①

お局と呼ばれる職場のアラフォー独身女性、仕事はできます。
そんな一方でヒステリーや周囲を配慮できない言動(過度なおしゃべりなど)で、周りを不快にさせている事が分からない。

言い換えれば、自分だけの事でいっぱい、いっぱい。自分中心にしか考えられない人ともいえるかもしれません。

・その②

人の善意や行動に感謝できない同僚。

結婚したい!彼氏ほしいから紹介して!という一方で、自分はインドア派だから、と自ら行動する事はしない人。
あるとき、その言葉を聞いて他の同僚が善意で合コンなる飲み会を開催、後日どうだったか感想を聞くと一言。

「私イケメンじゃないと無理なの!」と…
いや、その前にせめて幹事役に一言くらいお礼があってもいいのでは、と思ってしまいました。

その後、幹事役の同僚は結婚しましたが、もう二度とその同僚には紹介話や飲み会には誘わないと言っていたのが印象的です…

その③

人の幸せを喜べない知り合い。

自身を磨く、高めるという上昇志向がない代わりに、周りの不幸や失敗話は大好き。
嫉妬深いとも言えるのでしょうか?

だんだん周りにもその部分が伝わってくるので知り合い自身が結婚をはじめ、幸せを望んでいても、ハッピーやポジティブな人や物事からはどんどん疎遠になっていっているように感じられます。

 

まとめ

どうでしたでしょうか?

そもそも結婚とは、その相手を含む親族や仕事関連の方々とも長く付き合う訳なので、当たり前ですが人としてのマナーや礼儀、相手の立場も踏まえた基本的なコミュニケーションが欠けていては成り立たないですよね?

なので上記のようなタイプの人をはじめ、世の中にはあえて結婚しないほうが誰もストレスなくいいのでは、という人もいると私は思ってしまいます。

上記に該当・思い当たる節がある方は、まずは相手を思いやる事・現状に感謝する事、自己中心的にならずに、相手に対して譲ることのバランスがとれる事が重要ではないかと思います。

これって結構、簡単なようで難しいのですよね。

自分も仕事をしていて、こういった相手に対する愚痴を結構聞いたりします。

思い当たる方は、まずは選ばれる人になる事を考えてみては、どうでしょうか?

 

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です