結婚へと繋がる同棲のポイント3つ




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

ワクワクの新年度!皆さんには様々な変化があると思います。
その中には恋人と新生活を迎える方もいるのではないでしょうか?

さて、現在同棲しているカップルの皆さん、そしてこれから同棲しようとしているカップルの皆さん。
同棲から先のことは考えていますか?

ここでは結婚へと結ばれるための同棲について書いていこうと思います。

結婚へと結ばれる3つのポイントの紹介です!!




お金の分担

生活を共にしていくにはやはりお金のことは避けて通ることはできません。

同棲ということは、どちらかが養っているわけではないので、お互いに補いつつ生活をする必要があります。
同棲では主に家賃と生活費がかかります。

また、生活費については引き落としのできる生活費とコンスタントにかかる雑費や食品に分けることができます。
守ってあげたい願望の強い男性に少し多めに支払って頂く。
これがベストです!

なので、家賃と引き落としのできる生活費を男性に、その他コンスタントにかかる雑費や食品を女性が支払うのが良いでしょう。
ここで忘れては行けないのが将来のための貯金です。

2人の未来が良い方向に向かわせるため、2人の通知?なんというのも作ればワクワクするのではないでしょうか?

また、このお金は支払いがすくない女性が無理のないように女貯めていくのが良いでしょう。

 

家事の分担

こちらでもやはり片方に任せっきりになるのは良くありません。
しかし、女性ならではのお料理やお洗濯では腕の見せ所です。

お酒を飲みすぎた翌日は、暖かいふどんをひてあげたり、記念日には少しご馳走をすることは男性の支配欲を満たしてあげることに繋がります。

日光をしっかり浴びたふわふわのお洗濯ものに身を包まれると幸せな気持ちが増してくるでしょう。
こういったことを重ねていくことによって男性をこのこと結婚したい!という気持ちに持っていくことも1つです。

同棲女にとって家事は武器の1つです!

期限を設ける

同棲はダラダラと長くなりがちです。

その理由としては男性の決心が固まらないということが多いでしょう。

男性は一度決めたことを曲げることを嫌います。

その事を利用し、先に同棲の期限を設けるのも良いです。
同棲期間は1年?2年がベストです。

その後、結婚へと向かうのか否かを期限近くなった時に話し合い、そのまま同棲を送ることは絶対にしないようにします。

この方法で私が知ってる限りでは、多くのカップルが恋人から夫婦へと進展をとげています。

まとめ

いかがでしたか?

以上が結婚へと結ばれるための同棲のポイントとなります。

彼との未来が明るいものとなるように、毎日の生活を楽しみながら過ごしてください!

素敵な同棲生活となりますように。

 

 

おすすめサービス

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です