重たくない方が良い?付き合う前のデートの誘い方




モテクリエイターのよし(@yoshiafr)です。

好きな女性ができたら、その女性とデートしてみたい、と考えるのは全ての男性に共通することです。
しかし、その勇気が出ないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、付き合う前のデートの誘い方のコツと考え方を紹介します。




初デートはなるべく軽く提案しよう

初デートはなるべく軽く提案することが大切です。
これは特にまだあまり仲良くない場合は、気をつけるべきポイントです。
なぜなら、好きな女性の前だと多くの男性は緊張してしまいます。

緊張したままストレートにデートしてくださいと女性に伝えれば、よほど関係性ができていない限り女性は重たいと感じます。
しかし軽く「○○に新しいカフェできたの知ってる?」「俺一回行ってみたいんだけど付き合ってくれない?」と言えたらいかがでしょうか?
誘いとしては軽いですよね?

前述したような誘い方なら、断られてもまた誘えますよね?
女性も誘い方が軽いので、素直に行きたいと思ったら行く、嫌なら嫌だと答えることができます。
ひょっとしたら、その女性はカフェがあまり好きではないかもしれません。

会話が弾んだら、カフェは嫌だけど「イタリアンで行きたいところがある」となるかもしれないです。
デートの誘いは軽くすることで、一度断られても再度挑戦できるようになるのです。

軽い誘いなら、複数回女性を誘うことができます。
2週間に一回くらいの頻度で軽く声をかけて、仮に「イタリアンもカフェも興味がない」と言われたとしましょう。
そうすれば、「じゃあ行きたいところとかあるの?」と話せば、食事ではなく、遊園地なんどのデートの方向に話が発展するかもしれません。

ところが最初のデートの誘いが重たければ、このような軽い会話の展開にはなりませんよね?
だから、初めて付き合う前の女性をデートに誘う際は、適度な軽さを意識することが大切なのです。




まとめ

付き合う前のデートは重たく誘ってはいけない。
ここまで付き合う前のデートの誘い方について紹介しましたが、いかがでしたか?
繰り返し紹介したように、付き合う前のデートは重たく誘ってはいけません。

軽すぎるとナンパなイメージを持たれるリスクがあるので、それも難ありですが、女性を誘う時は、相手への配慮として、断る余地を残してあげることも大切です。
「断られたら、それはそれでしょうがない」と言えるくらいの気持ちの余裕を見せることが大切です。

心に余裕がない男性はふられてしまったらどうしよう、とびくびくしているので、それが言葉や態度に表れます。
そうなると女性からはあまり男性には魅力的には見えないですよね。

断られたとしても笑顔で「そっか」と言える。そんな軽く受け入れる態度が逆に女性を惹きつける魅力となるのです。

おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

こちらのLINE@では、無料の恋愛サロンをやっています。

ご気軽にご参加ください。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です