自分に合う人ってどんな人?自分に合う人の見つけ方5選




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

皆さんは、自分にどんな人が合うか?把握してますか?

毎日の生活で、「この人とは合わないな」とか「一緒にいて楽しい」「この人と居るとなんだか疲れる」という事があると思います。

自分はどんな人と一緒に居ればストレスがたまらず楽しく入れるのか?

しっかり見極めて婚活してみましょう。

では、自分に合う人の見つけ方を紹介致します。

 




共通の趣味や好みが合う人

まずは会話をですが、今ハマっていることや楽しいことを相手が理解してくれないと楽しくありませんよね。

会話だって弾まないし、まず長年の友達ならまだしも新しくできた友達だと趣味が合わないと「この人とはなんだか合わないな」なんて感じたりするのがほとんどだと思います。

趣味が同じか似ていると相手に楽しさを理解してもらえるます。

「ゴルフ」や「キャンプ」などのアウトドアを好む思考であるならば、どこのスポットがいいとか一緒に出かけるきっかけにもなります。

 

逆にインドアでもアニメや漫画、絵画などといった趣味であうのであれば時間さえ忘れて話を弾ませるでしょう。

コミュニケーションをとるには趣味が手っ取り早いのです。

そして趣味があうと共通の友達も出来やすく、新しい出会いだって広がっていきます。

人見知りでなかなか初対面の人でも話が弾まないという場合も、なにか一つ趣味が同じだとわかると気まずい雰囲気から脱却できます。

趣味というのはその人の性格や価値観にも比例してくることも多いです。

まずは、趣味が合えば気が合うと思っていいかもしれません。

 

価値観が合う人

趣味などで会話が弾むようになると、気になるのは価値観です。

スーパーでなるべく安い物を求めて何件もハシゴしてもなんの苦痛も感じずに、むしろ安く買えたという充実感を感じるとします。

しかし、一緒に出かけていた相手が自分の近くのスーパーで値段も気にせずに買い物をしている人だとなんだか負い目を感じますよね。

なので、一緒に理解してそのハシゴを楽しんでくれるような人と一緒にいたほうが楽しいと思います。

そして、逆にあなたが行きたいランチのお店へ誘うと、一人2000円だとわかると相手が「そのランチのないようで2000円はちょっと」と言われると仲がいい相手だとしてもモヤモヤした気持ちになりますよね。

極端にいうと「これ便利だよね!」というと相手は「どこが?」と感じるということです。

自分と相手が何に対して重要性を感じるかということではないでしょうか。

そして、その些細な小さなきっかけが積み重なるに連れて、どんどんと相手との“距離感”を感じるようになるのです。

楽しく過ごすには、「楽しいと感じる事」や「つまらないと思うもの」が同じではないと、これから長く付き合っていくには難しいといえるでしょう。

 

嫉妬しすぎない人

これは男女のどちらにも言えることだと思います。

もちろん男女関係だと異性の人とご飯に行ったりすると浮気じゃないかなどとうたがって、「連絡するな」「その子は自分よりも大事なのか」といった会話になり、やがて付き合いも減っていくでしょう。

それが、同性の友達同士だってありえるのです。

特に若い人に多いのですが、自分が仲がいいと思っていた友達がしばらく連絡がなくてSNSなどで覗くと特定の違う友達とご飯にいったりライブにいったり出かけてる回数が増えてきているとします。

それに対して嫉妬して「自分のことはほったらかし!」とへそを曲げてしまう。

そんな経験はありませんか?

少なくともそう思ってしまうのは仕方がないことです。

しかし、そういうふうに感じてしまったり相手も感じたりして、それを言葉に出すかが問題と思います。

その嫉妬を言葉にだすと相手は感じ、自分はどう思うでしょうか。

なんだか裏切られた、裏切った気分になりますよね。

そういうふうに相手に答えるように行動をしてしまうと交友関係だって幅が狭くなり新しく友達もできず、その相手としかあまり会えなくなります。

生活の行動の幅を狭めてしまうお互いにマイナスな関係だといい関係だとは思えません。

 




相手のことを自分のことかのように思ってくれる人

悩み事や心配事があったりするときに自分のことかのように考えてくれる人とも言えます。

どんな人かと言いますと、何か悩み事があり、相談したとします。

そのことに対して相手はその時どんな行動をしてくれるか?によります。

車が凹んでしまったとしましょう。

そのことを言うと「大変だね」といった同情をしてくれるだけの人はたくさんいると思います。

そうではなく、実際にその車の凹んでるところを確認したり自分に怪我はなかったのかや、修理先を一緒に探してくれる。

もしくはペットの病気に悩んでると、ネットで情報をさがしてくれたり一緒に納得のいく病院を探してくれる。

などといった相手の悩みをきちんと受け止めて、自分のことかのように心配し解決方法へ導いてくれる。

そういった思いやりができる人です。

もちろん自分に対してだけではなく他の人に対してもです。

相手のことを自分のことかのように思ってくれる人というのは、話をきちんと聞けて相手のことを大切に思える人だからです。

何かあっても、他人事ですましてしまう人とは気が合うとは思えませんね。

自分の気が合う人がそういう人であると、自分だって相手や他の人にもやさしくなれる気がしませんか?

 

無言の時間が辛くない人

仲良くなり付き合いも長くなるとリラックスしている時間も共有するようにだってなります。

例えば、食事に出かけた時に若いカップルたちがワイワイ話を途切れないで話しているのと!

お互いに本をよんだりPCをいじっていたりして、会話があまりなくてもつれそっている人だと何だか後者のほうが本当の仲の良さを感じませんか?

イメージは長年寄り添っている老夫婦といったところでしょうか。

一緒に居る時間が増えてくると「相手に気を使わなくてもいい」という関係が大事だと言えるでしょう。

無言で話をしなくたって一緒にいるとなんだか心地がいい、落ち着くと感じることができる相手はなかなか出会えるものではありません。

お互いに関与もしすぎることもなく、だからといって興味がないわけでもありません。

なんだか家族のような関係でもいられるということにもなるでしょうか。

そういう相手はしばらくお互いが会っていなくたって、気を使わずに連絡して会えます。

きっとそれほど自分と合わない相手だと連絡がしばらくなかったらまた少し距離感を感じると思います。

いつだって自分も相手もきをつかうこともなく、距離感を感じることもなく付き合いをできる相手は、きっとその後も長く付き合うことができます。

 

最後に

いかがでしたか?

本当の気が合う相手というのは短い期間では見分けをつけるのは難しいです。

まずは、少し話してフィーリングが合うかどうかを体で感じるといったところから初めて見たらいいと思います。

そして条件に合った人があらわれると「一生もの」の相手になることは間違いないでしょう。

沢山の人と出会い、自分の気の合う相手を見つけてみましょう!

 



”本気で結婚したい”あなただけの【IBJメンバーズ】

おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

こちらのLINE@では、無料の恋愛サロンをやっています。

ご気軽にご参加ください。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です