公共交通デビュー

ドキドキ!!子どもの電車・バスデビューで社会性を身につけよう

育児サロンのよしです。

お子様だけで電車やバスなど、公の交通機関を利用した経験はありますか?

今回は、サロン生のTさんのお子さんの「電車・バスデビュー」についてお話していただきました。

公共交通で社会性を身につけようというテーマで取り組まれたそうです。

この体験談から、電車やバスなど、身近な交通機関を子どもが利用するメリットについてお話します。

合わせて、親の不安を解消するために、デビューするための事前準備のポイントもお伝えします。

「かわいい子には旅をさせよ」

一回り成長したお子様に出会えること、間違いなしですよ。




電車・バスデビューが有益な理由とは?

子どもが電車・バスデビューすることのメリットをお話します。

  • たくさん社会経験を積むことができる

親といっしょに行動するより何倍も、いろいろな経験を積むことができます。

人・建物など外の景色すべてが刺激となり、社会性を育むことでしょう。

社会性とは、「自分の気持ちや考えを周りの人に表現する力」のことです。

人と話したり、人の話を聞いたり、うまくかかわっていくための基礎的な力だと言えます。

お友達と遊べるようになる4~5歳ころから社会性が身に付きはじめると言われています。

  • 子どもに自信と達成感が生まれる

「一人でできた!」という事実が確実に残ります。

この自信と達成感はずっと鮮明に続きますね。

何事にも前向きに挑戦できるようになります。

筆者自身も思い当たることがあるんですが、子どもが大きくなってから、

「あの時、親は意図的に機会を与えてくれたんだな。」

なんて、思い返してくれるかもしれません。

バスデビューまでの道のり

二女のバスデビューの様子をお話します。

小学5年生ではじめて一人でバスに乗りました。

それまでは、送り迎えなんかもすべて親がしていて、「そろそろ自分で行かせないと。」と思いながらも、機会がなくて先延ばしになっていました。

車で20分くらいのところの塾に通うことになり、バスで通う計画を立てました。

まず行動したことは、以下の通りです。

  • バスの時間と料金を調べる(回数券購入)
  • バス停までいっしょに歩いて場所を確かめる(信号・横断歩道の確認)
  • いっしょに乗って、乗り方・降り方・料金の払い方を確認
  • 目的地までのルートを確認

まずは、一連の行動をすべていっしょにやってみました。

時刻表の見方にはじまり、車の往来が激しい場所を伝えたり、バスを降りてからの道順を覚えたりしましたね。

いっそ、送った方が早いなと思うくらいでした(笑)

初日は親の方が緊張してしまって、バスが見えなくなるまで見送ったことを今でも覚えています。

その後、次女はすっかり自信をつけ、バスの中で見たり聞いたりしたことを話すようになります。

「おじいちゃんに席を譲りたかったけど、話かける勇気が出なくて譲れなかった。」ことや、

うっかり寝てしまって、運転手さんに「ついたよ。」なんて起こしてもらったこと。

後から聞けばヒヤヒヤする話もありますが、本当にいい勉強をさせてもらっているなと感じています。




事前準備のポイント

「子ども一人で行かせるのは危険じゃない?」

「事件や事故に巻き込まれないか不安。」

その気持ちは分かります。

なので、事前のしっかりとした準備が必要です。事前準備のポイントをお伝えします。

  • 運転手さんや駅員さんなどに一人で行くことを伝えておく

可能であれば、お願いしておくと安全です。

決まった時間帯や曜日なら、担当している運転手さんも同じ方の場合があります。

二女も覚えてもらっていたようです。

  • こまった時の対応を教えておく

ここが一番重要になってきますね。

連絡先を書いたメモを渡しておく、駅の人に聞く、お金の予備を用意しておくなど、あらゆることを想定して準備します。

しっかり準備した方が、親も子も安心できます。

ここで1つ、心が洗われたエピソードを紹介します。

二女がバスを待っていると、突然雷が鳴ってものすごい土砂降りになったんです。

私は、出かけていたので迎えが間に合わず、「どうしたかな。びしょ濡れになっただろうな。」と心配していたんです。

ところが、二女はかさを差して帰ってきたんです。

知らない男の人が雨の中、車からわざわざ降りて、

「これ使いな。返さなくていいから。」とかさを渡してくれたそうです。

結局、どこの方かは分からず好意に甘える形になったのですが、

世の中悪い人ばかりじゃないんだなとつくづく実感しましたね。

二女自身、お礼ができないことを心残りに思っていたので、

この好意は、また違う誰かに届けようという話をしました。

最後に

いかがでしたか?

子どもを電車・バスデビューさせるメリットは

  • 社会経験を積むことができる
  • 自身と達成感を得ることができる

デビュー前の準備として、

  • 信頼できる大人に知らせておく
  • こまった時の対応をシュミレーションしておく

ということをお伝えしてきました。

子どもを一人で外に出すと、「こうやって、いろんな人に出会いながら成長していくんだな。」としみじみ思います。

もちろん、親の不安や心配はなくなることはないでしょう。

しかし、それ以上の大切な何かが得られることを信じてやみません。

 

 

-公共交通デビュー

Copyright© よしパパの育児サロン , 2020 All Rights Reserved.