コロナウイルス関連 予防接種

今病院に行くのは危険?今必要な予防接種などの対応について

育児サロンのよしです。

緊急事態宣言後も新型コロナウイルスの感染者数がどんどん増加していることから、子どもを連れての外出、特に病院に行くのは心配ですよね?

この時期になるべく余計な怪我や病気にかかるのは避けたいものです。

ところで、この時期の子どもの予防接種についてはどのようにしたらいいのでしょうか?

予防接種も大切なのは分かりますが、病院に行くことで新型コロナウイルスに感染してしまうのも考えものです。

そこで今回は、この時期の予防接種について各方面の専門家の意見を参考にどのようにするべきかをまとめていきたいと思います。

お子さんの予防接種の予定がある方は、是非ご参考にしていただけると幸いです。




この時期に病院に通院しても大丈夫なの?

医療従事者などの専門家によると、新型コロナウイルス感染症の検査キットが十分確保されているとは言えない現在!

病院の待合室には症状が出ていない感染者がいる可能性を考えるべきだそうです。

そのため、迂闊に病院に近づかない方が良いと言われています。

それに併せて、ご家族が高齢者施設に入っている場合は、施設を訪れるのを避けるべきだそうです。

高齢者は持病のある方が多いので、感染すると重症化しやすく、集団感染になる可能性があります。

という訳で基本的には、何もない限り極力医療機関には近づかないようにということのようです。

新型コロナウイルスも怖いけど、子どもの予防接種はどうするべき?

ステイホームと乳幼児健診や予防接種の優先順位が分からないという方は多いのではないでしょうか。

まず、乳幼児健診の目的は、年齢ごとに起こりやすい病気や問題を早めに見つけて治療などに結び付けることです。

予防接種についても、ワクチン対象となっている病気は、子どもの生命や健康に大きな影響をもたらす重大なものばかりで、根本的な治療がなかったり、後遺症を残すものも少なくありません。

そのため、子どもが感染症にかかってしまう前にワクチンを接種する事が極めて重要です。

新型コロナウイルス感染症を予防するための対策ももちろん重要ですが、予防接種を受けないという判断をして、予防できるはずの他の重要な病気の危険性にさらされることは避けるべきだと思います。

今後、新型コロナウイルス感染症はいつ終息するのか全く分からない状況であるため、その間に乳幼児健診や予防接種を回避するのはデメリットは大きいと考えられます。

予防接種の実施にあたっては、いつも以上の配慮が必要になりますが、保護者と実施者が協力し可能な限り予定通りに実施すべきであると日本小児科学会は提言しています。

https://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326

(参照:日本小児学会 新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aについて)

予防接種を受ける際に気を付けるべき新型コロナウイルス感染症対策について

集団・個別に関係なく、一般的に感染症対策として大切なのは、子どもはもちろん付き添いの保護者の体調にも注意しなくてはなりません。発熱や咳などの症状がないことを確認すること、成人では手洗いと消毒、マスクの着用は必須です。また、可能な限り、他の大人の同伴を避けることや、健診や予防接種の会場や医療機関でオムツの交換をしないこと(新型コロナウイルスは糞便中に排泄される可能性が指摘されているため)も心がける必要があります。

とにかく「三つの密」

①密閉空間(換気の悪い密閉空間である)

②密集場所(多くの人が密集している)

③密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

が重なる状況を避けるようにしようというのはもう全国の共通言語になっていますが、

改めて自己への感染を回避するとともに、他人にも感染させないよう徹底することが大切です。




受けるべき予防接種について

例えばヒブワクチンを摂取しておくと、子どもが感染すると重い障害が残る可能性のある『細菌性髄膜炎』を予防出来ます。

通常のスケジュールでは4~8週間隔で3回、3回目から7か月以上あけて1歳になったらすぐに4回目を接種します。

生後2カ月からの接種が重要なのは、妊娠中にお母さんからもらったヒブに対する免疫がこの時期から低下し、ヒブによる感染症を起こす危険があるからだそうです。

予防接種のスケジュールがあると思いますがそれには理由があり、それぞれのワクチンに接種に適した時期や、タイミングがあるということです。

ところで、SNSなどでは「BCGワクチンが新型コロナウイルスの重症化予防に効果がある」という情報が拡散されています。

そのような現時点では医学的な確証がない情報も出回っていますが、この不確かな情報に基づいて、大人がBCGワクチンを接種しようとするケースも出ています。

日本小児科学会によると、成人や高齢者のBCGワクチンの接種について「強い接種局所反応などの副反応が出現する可能性があります」と注意を呼びかけています。

また、日本ではBCGワクチンはいくらでもあるわけではなく、毎年乳児に接種する分しか生産されていません

成人の接種希望が増え、乳児が接種できない状況になれば、乳児が亡くなったり、障害が残ってしまったり、一生ハンディキャップを負うような重症結核にかかるリスクが増えます。

大切なのは、子どもの受けるべき予防接種の時期には理由があるということを念頭に置いてスケジュールを組んでいく必要があります。

最後に

いかがでしたか?

この時期の子どもの予防接種についてどうしていくべきかご紹介しました。

新型コロナウイルス感染症が不安な今ではありますが、「外出自粛」を決め込むのではなく子どもの予防接種スケジュールもこなしていくことが大切です。

ご参考にしていただけると幸いです。

-コロナウイルス関連, 予防接種

© 2020 よしパパの育児サロン