抱っこ

最初は怖くて不安!!新生児の抱っこのコツとは?

育児サロンのよしです。

初めて新生児を抱っこする時、「この抱き方で大丈夫なのかな?」と不安になりませんか?

特に新生児は首が座っていないこともあり、赤ちゃんの身体に負担のないような抱き方を知らないとダメージを与えてしまいかねません。

そこでこの記事では、新生児の抱っこのコツについて、縦抱きと横抱きに分けてご紹介していきます。

この記事を読んでいただくと、初めて新生児を抱っこする方でも安心して抱っこすることが出来るようになると思います。

積極的に抱っこしてあげましょう。




新生児を抱っこする時に気を付けることとは?

首を支える そして体を密着させる

まず初めに、新生児を抱っこする際に気をつけることというか心構えとして、首を支える」のと「体を密着させる」ことが大切です。

特に新生児は首が座っていなくてグラグラしているので、まずしっかり首を支えてあげることが大切です。

もう一つの注意点である「自分の体と赤ちゃんの体をしっかり密着させる」ということなのですが、密着していないと赤ちゃんが不安になって泣いてしまいます。

そしてママのおなかの中にいたときのように背中が丸くなるような姿勢で、すっぽり腕の中に収まるように抱っこすると、より安心して落ち着きます。

これらのポイントさえ押さえれば、赤ちゃんやマやパパにとっても安定して落ち着く姿勢なら大丈夫です。

おうちの方は腱鞘炎に注意しよう!

初めての赤ちゃんで育児に慣れないうちは、抱っこをするにも手や腕に妙に力が入ってしまい、腱鞘炎になるママやパパが少なくありません。

新生児期の首の座っていない赤ちゃんを抱っこするときは、怖いので首の後ろを押さえる手についつい力が入ってしまったり、肩に力が入ることによって抱き方が不自然になるなど、腱鞘炎になりやすいのです。

そのため、手首だけで赤ちゃんの体を支えるように抱いたり、赤ちゃんを自分の体から放して抱っこしないようにしましょう。

手首に余計な力が入れないように、「首を支える」「体を密着させる」ことを意識しましょう。

縦抱っこと横抱っこのやり方

ベネッセが公表している縦抱っこ、横抱っこの正しいやり方は以下のような手順を踏むようです。

とても分かりやすいので参照させていただきます。

縦抱っこ

(1)片手で赤ちゃんの頭の後ろから首あたりを支え、反対の手は股関節から差し入れ、お尻から背中を抱えます。

(2)そっと抱き上げて引き寄せ、保護者の肩から胸に赤ちゃんのアゴから胸をもたれかけさせます。このとき、口元が塞がれていないか注意します。

(3)股関節に差し入れていた手を移動させて、腕全体で赤ちゃんのお尻を支えるようにします。頭に置いていた手でそのまま赤ちゃんの頭から首を支えると安定します。

横抱っこ

(1)寝ている赤ちゃんの頭の後ろから首の下に手を入れ、もう片方の手を股関節から差し入れてお尻を支えるように添えます。このとき、首を支える手は利き腕と反対の腕を使うと、利き腕が使いやすくなります。

(2)そのまま赤ちゃんを持ち上げて引き寄せ、胸の近くで支えます。股関節から入れた手を背中までスライドさせると赤ちゃんが安定します。このとき保護者側の腕が窮屈になっていないか注意しましょう。

(3)背中に移動した手で赤ちゃんをしっかり支えつつ、頭の後ろに添えていた手を移動させます。ひじの内側から二の腕のあたりで赤ちゃんの頭を支えるようにすれば、包み込むように赤ちゃんを抱きかかえる形になります。

(参考動画:「赤ちゃんの抱き方動画|赤ちゃんの成長|ベネッセ教育情報サイト」 http://benesse.jp/contents/akachan/movie/care_hold.shtml

縦抱っこについて解説します

ベネッセの手順はとても分かりやすいですね。

個人的にうちの子を縦抱っこをする時に気をつけていたのは、自分の体を全体的に反らせることを意識しました。

その方が赤ちゃんも安定するので安心です。

個人的には猫背気味なので「これでもか」というくらいのけ反って抱っこしていましたが、それでちょうどいいくらいでした。

首が据わる前までは横抱きしかできないと思いがちですが、首と頭さえしっかり支えてあげれば縦抱きもできます。

授乳後のげっぷをさせる時には必要な抱き方ですし、横抱きで腕が疲れたときにも使えるので、抱き方のコツを知っておくと何かと便利と言えます。

横抱っこについて解説します

比較的楽な抱き方ではありますが、それでも長時間続けていると疲れたり肩が凝ったりしてくるものです。

そこで、できるだけ疲れにくい方法とコツについてもご紹介しましょう。

疲れを減らしてなるべく長く抱っこするには、赤ちゃんのお尻が抱っこする人のおへそぐらいの高さに来るようにするのがオススメです。

そして、ママのお腹の中にいたときのようにお尻から腰にかけてなめらかに丸まるよう、赤ちゃんの上体が少し高くなるようにして、赤ちゃんを自分の方へ抱き寄せるようにします。

腕だけでなく全身で支えるような感じになるので、肩や腕への負担も減って疲れを感じにくくなります。




自身の体験

うちの子は新生児の時からずっと抱っこが好きで、特に縦抱っこが好きなタイプでした。

下ろすと泣くので親としては長時間の抱っこがとても大変でした。

特に最初のころは上手に抱けるわけではないので、手や腕に負担がかかってすごい筋肉痛というか腱鞘炎のような疲労感が慢性的にありました。

徐々に慣れてきて、子どもの好きな抱き方のポイントもなんとなく分かって来た頃に思ったのは、子どもの抱っこをするには大人は体全体を使って抱っこしないと体のどこかに負担がかかりすぎて痛めてしまうということです。

だんだん自然に抱っこできるようになってきたので、回数を経験して慣れることって大事だなと感じました。

最後に

いかがでしたか?

赤ちゃんが生まれてばかりのころは、どのように抱っこをすればいいのかわからず慌ててしまうこともあると思います。

上手く抱っこをして赤ちゃんに安心してもらいたいという気持ちから、つい焦ってしまうこともあるかもしれませんね。

特に赤ちゃんの首がすわるまでは、小さな赤ちゃんに触れて抱き上げるという動作にも気を使いすぎてしまうこともあるでしょう。

しかし、この記事で説明したことを参考に、焦らず少しずつ赤ちゃんにとって居心地のいい抱っこをしていければ問題ありません。

ゆっくりと抱っこに慣れていけば大丈夫です。

-抱っこ

© 2020 よしパパの育児サロン