体調不良・病気

赤ちゃんに多い!?脱水症状の観察ポイントとは?

育児サロンのよしです。

赤ちゃんを出産した後、時々聞かれる「脱水」という言葉。

赤ちゃんと脱水には関係がないように見えて、密接な関係があります。

実は赤ちゃんはとても脱水症状を起こしやすいんです。

今回はなぜ赤ちゃんは脱水になりやすいのか、脱水症状の見分け方と対処法についてお話したいと思います。




脱水症状とは

脱水症状とは、体にとって必要な水分が不足した状態をいいます。

水分とは正しい言葉では「体液」と言いますが、体液とは、ミネラルである水分とナトリウムのことです。

体液は体の外に出ていく量と入ってくる量が同じであれば、バランスが取れるのですが、このバランスが崩れると、 脱水症状がおこります。

もしこの体液が不足してくると、血液やリンバ液などで運ばれる酸素や栄養が全身にいきわたらなくなります。

一般的には大人は体重の60%が水分であるのに対し、新生児は体重の80%、乳児は70%が水分なので、赤ちゃんの体にとって水分がいかに大切なものであるかが分かります。

ちなみに高齢者になると体の 50%が水分です。

毎日、汗や尿などで出ていく水分は、1日に成人で 2.000~2,500mlですが、1日で体に入る水分は、飲み物や食べ物で1日約1,800ml~2.200ml、体内でできる水分が約300mlです。

そのくらい水分摂取ができていれば水分量のバランスが取れていますが、暑さや発熱、下痢などで汗や便から多量の水分がなくなった場合に脱水症になります。

脱水症になっても、幼児や高齢者は感覚が低下しているのでわからない場合があり、重度化する恐れがあります。

脱水には段階があり体の水分の失われる量は

2%まで:初期

3~9%::中等度

10%以上:重症

となります。

なぜ赤ちゃんは脱水になりやすいの?

①体に対する水分量の割合が高いため

先ほども書きましたが、乳幼児は水分量の割合がとても多いです。

人の水分量が体重の60%であるのに対し、新生児は約80%、乳児は70%です。

また、ちょっと難しい話になりますが、体液は細胞の外の水分(細胞外液)と中の水分(細胞内液)とに分かれているのですが、その割合も大人の水分量60%のうち40%が細胞内液で20%が細胞外液であるのに対して、新生児の水分量80%のうち細胞内液35%で、45%が細胞外液です。

細胞外液が多いということは、汗などでどんどん水分が失われやすいということになりますので、脱水になりやすいと言えます。

 

②必要水分量が多いため

乳幼児は体表面積が大きく、水分の代謝が早いため1日の必要水分量が多いです。

不感蒸泄という皮膚から蒸発している水分の量も多いです。

だってお子さんの肌っていつもしっとりしていませんか?

肌の表面まで潤っている証拠なわけですが、その分失われている水分量も多いのです。

それに赤ちゃんは毎日成長しています。

大人はこれ以上は変わりませんが、赤ちゃんはどんどん体が大きくなっている途中です。

ですので、新陳代謝が激しく、汗もかきやすいので、1日に体内で必要とされる水分の量は、体重あたりで計算すると大人の3~4倍になるといわれています。

もっと細かく言うと、乳児は体重1kg当たり150ccぐらい、1歳で100~120cc必要です。3歳で大体1kg当たり100ccが必要です。

大人は何と30~40ccで済むわけです。

この数字だけでもわかる通り乳幼児は生活するために水が必要だということです。

 

③ちょっとの下病や幅吐も大きく影響してしまうため

乳幼児は大人に比べて、下痢や唱社などの病的状態下で水分摂取量が低下すると、すぐに脱水になってしまいます。

例えば、4か月の赤ちゃんがいたとします。体重は6000g.1日200mlのミルクを5回(1日1000rml) 飲んでいるとします。

この赤ちゃんが脱水(中等度)になるのは体の水分量が3%失われた時です。

下痢の場合、うんちはほとんどが水分ですから180g分うんちが出てしまうともうすでに脱水の可能性が出てきます。

180gって少ないです。

うんちの一回量は人それぞれですが、50gずつうんちしているとすると3回出たらそろそろ危険域に入ります。

こうならないように水分補給が出来ていればいいのですが、全く水分が摂れない状況で下痢をしている場合は一瞬で脱水になってしまうので要注意なのです。

 

④汗が多い

乳幼児はよく汗をかきます。

体温も高いですし、自分で上手に体温調節できないので、体が本能的に汗で体温調節してくれています。

また、不感高池も多いです。

さらに、乳幼児は腎機能が未熟です。腎機能が未熟とはどういうことかというと、水がないときにはいかに濃いおしっこをつくるか、水を飲み過ぎたらいかに薄い尿をつくるかということができません。

ですから、もともと尿に含まれる水分量も多いうえに、極端に水を飲ませたり、極端に濃いものを飲ませると、体が水中毒になったり、ナトリウムが足りなくなったりしやすいのです。




脱水症状の観察ポイント

<初期症状>

①元気がなく、機嫌が悪い

②唇が乾燥している

③おしっこの量が少ない

④声をかけても反応が鈍い

⑤手足がひんやりする

く症状が進むと…>

①手足が冷たい

②母乳やミルクを飲まない

③お腹の皮膚に弾力がない

④目の焦点が合わない

⑤おしっこが半日~半日以上出ない

注意

※このような時は夜間でも急いで医療機関を受診しましょう。

脱水の重症度には3段階あるのですが、まずはこれらが見分けられれば十分だと思います。

一番分かりやすいのは唇の乾燥かと思いますので、常に気にかけてあげてください。

というのも、乳幼児は下痢や嘔吐、風邪症状がなく普通にしていてもなんとなく飲む量が減った時に水分が出る量がタイミング悪く多くなってしまうとそれだけで脱水になることもあります。

体調さえ悪くなければミルクや母乳を飲ませればいいだけですので自宅でも様子を見れますが、何も飲んでくれなくなったりした時には病院受診を検討する必要があります。

①離乳食が始まる前(生後5~6か月)

おっぱいとミルクだけの水分補給が適切です。

あえてイオン飲料などを飲ませる必要はありません。

普段飲んでいないものを飲ませると体の水分バランスを余計に崩してしまう恐れがありますので、あくまでもいつも飲んでいるもので大丈夫です。

また、無理やり飲ませる必要もありませんので、飲む分だけあげていればとりあえず大丈夫です。

それで対処していて全然飲んでくれなくなるときには病院受診を検討しましょう。

②生後6か月以降

月齢が進んでも基本的にはおっぱいやミルクで十分です。

普段通りの量が飲めていればいいので、1回量が減ってしまった時には回数を増やして飲ませるなどの工夫をしてみるといいかもしれません。

離乳食を開始しているお子さんもいると思いますが、離乳食はお粥に戻したり一旦中止したりして様子をみましょう。

もし母乳もミルクも飲んでくれない時は、湯冷ましや薄めた麦茶などを飲ませましょう。

イオン飲料も薄めて飲ませた方がいいでしょう。

何をしても飲んでも食べてもくれない時は、今脱水ではなくてもすぐに症状が出てきますので病院を受診しましょう。

 

最後に

いかがでしたか?

乳幼児の脱水症状といわれても、どんな状況で起こるのかなかなか想像できない人もいるかと思いますが、脱水症状になる原因としては、以下のようなものが挙げられます。

メモ

・嘔吐や下痢で大量の水分を失う

・病気で水分をなかなか補給できない

・車のなかで日差しが強く当たる、夏場に外で遊んで大量の汗をかく

特に下痢や嘔吐では大量の水分が排出され、脱水症状を起こすことがあります。

赤ちゃんは自分でつらさを訴えることができないので、脱水症状を引き起こす原因がありそうなときには、周囲の大人が赤ちゃんの様子をこまめにチェックするようにしましょう。

-体調不良・病気

© 2020 よしパパの育児サロン