体調不良・病気

子供が感染しやすい感染症!ヘルパンギーナとはどんな病気?

育児サロンのよしです。

子供は大人と違い、まだ体内に侵入したウイルスに対しての抵抗力が弱いため、様々な感染症にかかりやすいと言われています。

そのため手洗いうがいを徹底し、規則正しい生活を心がける様、園や学校で指導されているかと思います。

今回はそんな感染症の中でもかかりやすい「ヘルパンギーナ」という感染症について解説します。

特に珍しい病気ではなく、これは大人でも感染しやすい症状の1つです。




ヘルパンギーナの症状と特徴

ヘルパンギーナとは夏ごろに流行するウイルスで、主に乳幼児に発症しやすいのですが、子育て中のお母さんでお子様と濃厚接触をしている場合は大人でも感染してしまう病気です。

「コクサッキーウイルスA群」というウイルスが体内に侵入したことによって発症し、治っても繰り返し何度でも掛かりやすいです。

私も子供が3歳まではこの症状に何度も子供と一緒に感染し、毎年夏は体調不良を繰り返した経験があります。

 このウイルスに感染した場合、39℃以上の熱が1~3日続きます。

大人の場合は熱はそれほどでない場合が多いのですが、子供の場合は高熱が出ることがあります。

喉が赤く腫れて小さな水泡がたくさんできるので、声がガラガラになり水を飲むのもつらくなります。

子どもの場合はこの喉の痛みでなかなか飲食が出来なくなり、脱水症状に陥るケースが多いです。

特に夏なので、気温も高く体の水分が奪われやすい状態です。

我が子の場合はこの喉の痛みに伴い風邪をひくとお腹も緩くなる為、脱水症状になってしまい点滴になりました。

食事も食べず水分も摂取できない、お腹も緩いという場合は先生に相談すると点滴を打ってもらえるので、気になる方は点滴を打ってくださいと申告しましょう。

注意

このウイルスの特徴は、なんといってもアルコール消毒や熱に対する抵抗力が強いことです。

最近では消毒液もだいぶ改良されてはいますが、全てのウイルスを除去できるわけではありません。

そのため、手洗いうがいなどをして少しでも体内に侵入するウイルスを少なくする必要があります。

ですが、園や学校へ行っているお子様は完全に防御することは難しく、子供同士の接触や咳やくしゃみ、物の共有に感染しやすい環境が必然的に出来てしまうので、完ぺきに防ぐのは難しいでしょう。

基本的には1週間ほどで症状は回復していきますが、高熱から熱性けいれんを引き起こす子供もいます。

足がつっぱり目線が合わない場合や意識が朦朧としている場合はすぐに救急車をよんで病院へ行きましょう。

ヘルパンギーナに感染した時の対処方法

特にヘルパンギーナに対しての特効薬はなく、口腔内が腫れたことによる痛みや熱を和らげるという意味で解熱鎮痛剤を処方されたり、口内炎が痛い場合は軟膏を処方して貰って自然にウイルスが消えていくのを待つだけです。

大人もこのウイルスに感染すると暫く喉が痛いので、酸味のあるものを口に含むと沁みて痛いので刺激のあるものは完治するまで避けるようにしましょう。

極端に熱いものや冷たいものは避けて常温の飲み物をゆっくりと飲むようにしましょう。

食事がなかなか食べれない場合は、スープにしたりゼリーやおかゆなど柔らかくのど越しのいいものを食べるようにしましょう。

ポイント

無理に食事を食べなくても水分がしっかりと摂取出来れば脱水症状を避けることが出来ます。

園や学校へ行く場合は、発熱や口腔内に出来た水疱や潰瘍がなく食事がしっかり食べられるようになれば問題なく行くことが出来ます。

ただ、このウイルスは何度でも感染する可能性がある為、出かける際はマスクを着用する事をお勧めします。

家庭内ではお子様が触りそうな所はしっかり洗浄や除菌をし、ぬいぐるみなどは時々外に干したりぬいぐるみに使用出来る除菌アイテムを使用してウイルスを少しでも減らすように努めましょう。

オムツを交換する際も注意は必要です。

このウイルスは感染者の腸内で増殖し、例え口内炎が治り熱も下がったとしても体内には2~4週間ほどウイルスが潜伏している状態になります。

腸内に残っているウイルスを出す方法は便からなのですが、この2~4週間の間はオムツの処理を気を付けないと処理をしている人も感染してしまいます。

おむつを処理したら、しっかりと手を洗い、二次感染を防ぐようにしましょう。




最後に

いかがでしたか?

ヘルパンギーナは子供なら誰でも経験したことがあるという位ポピュラーな病気です。

喉の痛みや腫れ、高熱が特徴で1週間ほどすれば回復します。

しかし、熱が原因で痙攣をおこすケースが稀にあり、乳幼児のいるご家庭は発熱をした場合、この熱性けいれんには特に注意が必要になります。

我が子は熱性けいれんにはなりませんでしたが、40℃の熱が出て、食事もとれず水分も取れないことから症状が重く、回復まで少し時間がかかりました。

また熱が出た場合無理に上から厚着をさせるのではなく、涼しい格好にさせ風通しを良くすることで体内に籠った熱を放出さえ、眠りやすくなります。

高熱や痛みでなかなか眠れないという場合で38.5℃以上熱がある場合は無理に我慢させず解熱鎮痛剤を飲ませて様子を見ましょう。

何日たっても症状が改善されないという場合も、早めにかかりつけの医師の元へ受診することで重症化を防ぐことが出来ます。

飛沫感染や接触感染が原因なので、オムツを交換したり外で遊んだら手洗いうがいをし、手指専用の除菌剤を使用するなど、流行している時期はしっかりとウイルス対策をしましょう。

-体調不良・病気

© 2020 よしパパの育児サロン