未分類 気分転換

上手に取り入れよう!子育てに息抜きは必要です

育児サロンのよしです。

「子育てはゆったりと楽しみたい」

子どもが生まれるまでは、そう思っていました。

ところが、生まれた途端に24時間体制。こんなに自分の時間が持てなくなるとは思ってもみませんでした。

毎日の子育て、本当にお疲れ様です。

今回は、「子育てには息抜きも必要です!」というお話です。

一人の時間を大切にすべき理由を解説しながら、具体的な一人時間の使い方を紹介します。

合わせて、一人時間を確保する方法とポイントについてお伝えします。

もっと子どもが愛おしくなりますよ。




子育てに息抜きは必要です

子育ては、適度な息抜きがあってこそ楽しめるものではないでしょうか?

子育てに息抜きが必要な理由は以下の2つです。

一人時間を確保できるから

やはり、自分を大切にしないと家族も大切にはできないですよね。

後ろめたく思わず、一人時間を満喫してほしいです。

単にリフレッシュできるという目的もありますが、それ以上のメリットがあります。

子どもと距離を置くことで、自分自身を振り返る事ができるんです。

「最近ちょっとイライラしてたな。」とか、「子どもに厳しすぎたかな。」とか、「旦那さんほったらかしだな。」とか(笑)

頭の中が整理できて、すっきりしますよ。

強いては子どものためになるから

一人になりたくておでかけしたものの、考えるのは子どものことばかり。

そんな経験のあるママさんも多いのではないかと思います。

離れたかったのに、離れるとすぐさみしくなっちゃいますよね。

一人時間の後は、いつものやさしいママにあっという間に戻れます。

一人時間の過ごし方

ここからは、具体的な一人時間の過ごし方を紹介します。

おでかけ編

  • カフェでぼーっとする

一番手っ取り早い方法ですね。

おいしい飲み物とスイーツをいただきながら、人の行き来をぼーっとながめるだけでも、いい気分転換になります。

時間の制約も少ないですし、自分のタイミングで過ごせるというメリットがあります。

  • ショッピング

女性はテンション上がります。

買わずに見るだけでも、気分が晴れますね。

ぜひ、自分のために買い物をしてほしいです。

  • マッサージ、整骨院

体のケアは大切です。

プロの施術で疲れやコリを取ってくださいね。

筆者もよく整骨院の方に、「今日の5本の指に入りますよ。」なんて、コリをほめてもらうことがあります。

抱っこは肩や腰に負担がかかります。皆さんとにかく疲れています。

  • 美容院、エステ、ネイル

ある程度時間が確保できるなら、おすすめです。

美容院なら、「ヘッドスパ」のコースがあるお店も増えていますね。

とっても気持ち良くて、癒されます。




インドア編

どうしても家を開けられない場合は、おうちでできることがあります。

  • アクセサリー作り、編み物

趣味に没頭する時間もリフレッュできますね。

作品が仕上がる達成感もありますし、材料やパーツはネットでも購入できるので気軽に始められます。

  • アロマ、入浴剤

お気に入りのアロマや入浴剤を入れて、ゆっくり湯舟につかるのもいいですね。

私は泡風呂がお気に入りでした。

  • DVD、ビデオ鑑賞

子どもが寝た後など、夫婦でゆっくり見られたらいいですね。

録画しておいたドラマを見るのも楽しいです。

  • 料理、スイーツ作り

料理好きな方なら、時間をかけて手の込んだメニューに挑戦するのも1つの方法です。

家族にも喜んでもらえて、一石二鳥です。

子どもといっしょに編

どうしても子どもを預けられない場合は、子どもを同伴する手もあります。

  • 託児つきのイベント

託児サービスつきのイベントは、たくさんあります。

子どもを見てくれるのは、保育の専門の方なので、安心して預けることができます。

美術館、コンサート、各種イベントなど種類も豊富です。

  • 新聞びりびり

これは、通っていた体操教室で実際にやってもらったものです。

大量の新聞紙をびりびりに破きます。そして、上から降らせます。

体育館が新聞だらけになり、子どもたちは大喜びでした。

家でも試してみたんですが、紙をびりびり破くのって、めちゃくちゃストレス発散になるんですよね。

後片づけは必要になりますが、よく子どもにせがまれていました。




一人時間を作る方法

一人時間を作る方法についてお伝えします。

パートナーの協力

これなくして、一人時間は存在しないですね。

お互い忙しくて大変なのは十分に分かっているので、「ありがとう」という気持ちで頼ればいいですね。

感謝を言葉で伝えることも大切です。

シッターサービス

筆者の住む地域には、自治体が子育て世代をサポートしてくれる制度があります。

子育てを経験したベテランの方が、子どもを見てくれます。

事前に打ち合わせもあるので安心して預けることができます。

一度調べてみるといいと思います。

一時保育

リフレッシュしたいという理由でも、保育園で預かってもらえます。

週に2~3回程度の利用が可能です。

筆者の二女も2歳から利用していました。

集団生活にゆっくりと慣れていくことができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

子育てを楽しむためにも、息抜きの一人時間は必要だということ。

具体的な一人時間の使い方と、一人時間作りの方法についてお話しました。

当時の私は、「子どもの面倒は全部自分で見たい。」「人に子どもをまかせたくない。」

そんな風に思っていました。

いいママになりたかったのか、自分と戦っていたのか、頑張りすぎて疲れていたように思います。

もっと肩の力を抜いて、周りの人を頼ればよかったのかもしれません。

上手に息抜きをして、子育てを楽しんでもらいたいです。

 

よし
今回はサロン生のTさんにお話を聞かせていただきました。

上手に息抜きを取り入れていきましょう

-未分類, 気分転換

© 2020 よしパパの育児サロン