保険関係

友達のトラブルに対応!トラブルの際に必要な保障とは?

育児サロンのよしです。

CM等でもよく耳にする子どもの保険ですが、そもそも本当に加入させる必要があるのでしょうか?

例えば、大人ならまだしも子どもは医療に関する公的保険が非常に充実しているので、「わざわざお金を払ってまで保険に加入する必要はあるのか?」という考え方があるため「子どもの医療保障は不要論」が増えてきています。

しかし果たして本当にそうなのでしょうか?

というのも、実際に子どもが事故や怪我をしたとき、または相手に怪我をさせたりモノを壊した時に「保険に入っておいて本当に良かった!」という声もよく聞くからです。

そこで、この記事では、そもそも子ども向けの保障はどのような時に必要になるのか?本当に不要なのか?そして子ども向けの保険はどのような種類があるのかを解説していきます。

この記事をお読みいただくと、子どもを保険に入れるべきなのか判断出来るようになり、適した保険の選び方も分かるようになるはずです。




子どもの医療保険は本当に不要?

結論から言います。「子どもが医療保険に入っていて良かった!」となる可能性は十分あります。

冒頭でも説明したように日本において子どもの公的保険は非常に充実しています。

実際、子どもが怪我や病気で入院したとしても医療費や入院費は公的保険でまかなえますので、支払いは不要です。

しかし、ここで見落とされがちなのは小さなお子さんは一人で入院なんて出来ないということです。

ママかパパが付き添うとなると病室は当然個室になりますし、付き添い用のベッドも必要になります。

そして、退院してもしばらくの間は自宅療養をする必要があります。

そうするとパパやママは長期間お仕事を休むことになり、収入が減ってしまうかも知れません。

家族は食事を外食で済ませることが増えて、病院と自宅を往復するときのタクシー代もかかります。

メモ

収入減+出費増加で家計には大打撃です。

また、子どもはお友達を怪我させてしまったり、モノを壊してしまう可能性が十分ありえます。

 

これらの大きすぎるリスクを考えると、子どもの医療保障もアリだなと思いませんか?

気をつけなくてはならない保険のトリック

医療保険自体は良いものなのですが、どうしても保険にはトリックが存在します。

そもそも保険会社がたくさんあって、それぞれ保険商品をたくさん持っているので、どれが良くてどれが悪いのか訳が分からなくなると思います。

結論から言います。「どの保険でも同じ」です。

何故なら、ざっくりですがどの保険商品においても

「みんなが支払った保険料の合計=困ってる人への給付金」という方程式があるからです。

では何故こんなに各社で違って見えるんでしょうか?解説していきます。

①保険のトリックにハマってるから

マクドナルドに行ってセットメニューを見るとなんとなく「安いかも」と錯覚することがあると思います。

保険も同じで、学資保険に医療保障をセットにして「この期間保険料を払い込んだらこのくらいお金返ってきます。学費に充てられるし医療保障もついててお得です。」

という説明があるかも知れません。(「お得」という言葉は禁止なのでそんなこと言わないと思いますが、便宜上「お得」と説明しています)

これは何のことはない、学資保険+医療保険のセット販売なのです。

ちなみにマクドナルドはセットにしたら値段を下げてくれることもありますが、保険は値下げしません。(出来ません)

「ウチの学資保険の方が返ってくるお金多いですよ」と言われても、もしかしたらその保険会社以外は医療保障や配当金がついているかも知れません。

トリックに翻弄されないようにしましょう。

②ホントに違う場合もある

「みんなが支払った保険料の合計=困ってる人への給付金」

と言いましたが、保険屋さんの成績が良くて給料が高くなったり、予想より死亡する人が少なくて保険金(給付金)の支払いが少なかったり、集めた保険料の運用が上手くいったなどのイレギュラーなことも起こります。

それでも結果的には大体どの保険会社も同じにはなるのですが、、

でもやはり「ライフネット生命」は保険屋さんがいなくて営業所などのハードもない分保険料が安いです。

そして全く異なるのは「営利目的とする保険会社かそうでないか」ということです。

例えばJA共済、コープ共済、県民共済等は営利を目的としない共済なので非常にコスパが良くておすすめの保障です。




どのようなシーンで子どもの保険が必要になる?

子どもの保険が大切であることはご理解いただけたと思いますので、保険が必要になるシーンを解説します。

・事故や怪我で入院

・病気による入院

・お友達に怪我をさせてしまった

・お友達の家のモノを壊してしまった

事故や怪我、病気になる可能性も高そうですがモノを壊してしまうというリスクが大きいように思います。「お友達と遊んでいて、テレビやゲームを壊してしまった」「ボール遊びをしていて人の車を壊してしまった」等の可能性は非常に高いからです。

この場合、「個人賠償責任保険」で対応することが出来ます。

 

おすすめの子どもの保障は?

コープ共済

たすけあい

http://coopkyosai.coop/sp/thinking/lineup/tasukeai/jr/

月掛金1000円で入院日額6000円、通院(ケガ)日額2000円の保障がつきます。

月140円プラスすることで個人賠償責任保険にも加入出来るのでおすすめです。

県民共済

大阪府民共済

https://www.osaka-kyosai.or.jp/sp/product/life/child_sp/security1.html

例えば大阪府民共済では月掛金1000円で入院日額5000円、通院(ケガ)日額2000円の保障がつきます。

特約を付加しなくても「第三者への損害賠償」が既についています。

最後に

いかがでしたか?

見落とされがちな子どもの保障ですが、事故やケガ等のリスクに備えて持っておいた方が安心だと思います。

お住まいの都道府県民共済やコープ共済などの保障を比較検討してみることをおすすめします。

 

よし

この記事はサロン生のYさんの体験をお話しして頂きました。

保険は大人だけでなく、子供のリスク管理になります。

-保険関係

© 2020 よしパパの育児サロン