お片付け

おもちゃが散らかり放題!子どもが自発的に片づけをしてくれるようになるには?

育児サロンのよしです。

うちの子がおうちで遊びはじめると、子供部屋やリビングが子どものおもちゃで散乱してしまいます。

すると掃除機もかけられなくなるし、さすがにわが子が将来片づけられない人になってしまったら困るので、いろいろと声掛けをしていますがなかなか上手くいきませんでした。

周りのパパやママに聞いてみたところ、「子どもが片づけをしてくれないから親がしかたなくやってしまう」という方は多いようです。

また、収納の方法をいろいろ工夫してみても子どもが自発的に片づけてくれなくて困っているという話も聞きます。

そこでこの記事では、子どもが自ら片づけをしてくれるまではいかないにしても、親が少し声掛けをしたり、工夫をすることで片づけを始めてくれる方法をご紹介します。

これらの方法によってわが子もすこしずつではありますが、片づけを前向きに出来るようになってきました。

この記事を読んでいただくと、子どもが自発的に片づけ始めるためのきっかけとなる方法が見つかるはずです。




「散らかす」という行為は悪いことではない

まず最初に断っておきたいのですが、子どもが部屋を散らかす行為については僕は肯定派です。

というのも子どもは遊びが仕事とはよく言ったもので、おもちゃで遊びながら脳をフル回転させ、様々なことに気づいたり発見したり記憶したり、メンタルを上げたり下げたりしています。

そのため、様々なおもちゃに興味を持ち、その対象が移り変わっていくことは自然というかとても健全なことなのです。

そのため、「こんなに散らかしたらいけません!」「なんでこんなに散らかすの!」と叱るのは控えたほうが良いです。

親の声掛けのせいで子どもが委縮してしまい、成長のスピードを低下させてしまったり、成長自体を止めてしまってはいけません。

くどいようですが「散らかす」という行為自体は問題ありません。その後にどのようにして子どもの整理整頓をするモチベーションを高めてあげるかがキーポイントです。




子どもが自発的に片づけをやるようになるために

ほっといたら子どもが片づけを自発的にやり始めてくれるということはありません。

子どもが片づけを出来るようになるために親が心がけるべきことを以下にご紹介します。

片づけの難易度を下げる

まずは部屋の環境を整えてあげることが親の役割です。

子どもに「さあ片づけなさい」と言っても、何をどこにしまうのかが明確でないとなりませんし、子どもが片づけやすい設計になっているかどうかを気にしたほうが良いです。

例えば

・収納ラックを設置した場合、しまうおもちゃの写真をケースごとに貼り付け、どこに何をしまえばいいのか一目瞭然にしておく

・全ての収納ラックを子どもの手の届く場所に設置する

・出来るようになるまではいきなり一人でやらせると心折れるので親も一緒に手伝う。ただし勝手にしまうのではなく、例えば「このトミカはどこにしまうの?」というように一個ずつ声掛けしていく

というようなことに注意しましょう。

習慣を作る

片づけをする日としなくていい日があると、子どもは混乱してしまいます。

また、習慣が作られていない状況で親がしびれを切らして「早く片付けなさい!」とせかすと子どもとしても「なんで今日はやらなきゃならないの」と疑問に思ってしまいます。

また、大人でも歯磨きやお風呂のように習慣化された作業は簡単に取り組み始めることが出来ますよね。

それと同じように子どもも習慣化された行動は比較的簡単に取り組み始めて、継続してくれます。

しかし、子どもが習慣を作るということは、最初は大人も一緒に「子どもに片づけをさせる」という作業を習慣化しなくてはならないということです。

結構覚悟がいりますが、子どもが片づけの出来る人になれると考えて親が協力してあげることが大切です。

片付けシールの導入

片づけは習慣化しておくことが大切です。「昨日はやらなくて良かったけど今日はやらないといけない」というのは子どもにとって不条理です。

そのため、片付けを子どもに自発的にさせたいのであれば、大人も毎日片づけを子どもにやらせることを失念しないようにしましょう。

そこで習慣を作るのにオススメな方法が、「片づけにも遊びを取り入れる」ということです。

・毎日片づけが終わったらシールを貼らせてあげる

・お気に入りのスタンプをスタンプ帳に押してあげる

・一週間毎日お片づけが出来たらごほうびシール・スタンプ(レアっぽいやつか、子どもがとても気に入ってるキャラクターなど)を貼らせたり押してあげたりする

以上の方法が子どもが楽しく前向きに片付けに取り組める方法です。

一緒にトイストーリーを見る

トイストーリーでは、子どもが寝静まった後おもちゃが動き回ったり勝手に冒険に行ってしまったりしますよね。

「実は、夜になると動き回るんだよ。〇〇ちゃんのおもちゃがなくなったら困るから、元の場所にもどしておこうね」という声掛けで片付け始める子ども、結構多いようです。

おもちゃを擬人化してみる

「おもちゃ達もおうちに帰りたいと思うよ。」「おうちに早く帰ってママに会いたいのかも」と言うとうちの子は片付け始めていました。

おもちゃを大事にするきっかけにもなるのでオススメです。

 

最後に

いかがでしたか?

「もっと遊びたい」と考える子どもに頭ごなしに「片付けなさい」ではなかなか上手くいきません。

片付け自体にも遊びを取り入れると、面白いので子どもも少しは前向きにやり始めるようになると思います。

参考にしていただけると幸いです。

-お片付け

© 2020 よしパパの育児サロン