育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

気分転換

みんなはどうしてる?育児中のパパママの気分転換の方法とは?

更新日:

育児サロンのよしです。

家事に育児に忙しくしていると、なかなかゆっくりと休む時間ってないですよね?

自分が仕事をしていなくても、子どもが家にい時には何かと気を抜ける時がないものです。

子どもが小さいほど目を離している隙にいたずらしそうで怖いですし、「遊ぼう」といつも言われます。

仲良く遊んでいるかなぁと思って放っていても、すぐに「〇〇って言われた!」「おもちゃ貸してくれない!」などなど、ひっきりなしに呼ばれます。

これに加えて仕事もしているとなると、ますます時間はありません。

子どもが2人3人と増えてくると、夫婦二人が力を合わせても時間は足りないかもしれません。

今回はそんななかでどのように気分転換していったらいいのかをご紹介します。

人によってストレス解消法はさまざまですので、自分なりの気分転換の方法を探してみましょう。




外出する

子どもと離れて出かけるのは、とても良い気分転機になります。

一人でショッピングしても良いですし、お友達と飲み会に行ったりしてもいいでしょう。

お子さんが母乳を飲むような小さいお子さんだと難しいかもしれませんが、普通にご飯を食べられるくらい成長していれば、お母さんではなくても面側を見ることはできます。

お子さんが保育園等に行っていて、自分に平日の休みがあれば簡単に気分転換できますよね。

そうでない場合は旦那さんやおばあちゃんに子どもを任せて出かけてみましょう。

ポイント

最初は昼間に2~3時間程度、お昼ご飯を挟まないようにすると頼みやすいです。

我が家の場合は、飲み会は基本的に参加するようにしたいねという話になっているので、職場友人問わず、飲み会がある時には事前に伝えておけばOKということにしてあります。

うちの場合は、夫婦ともに飲み会に行く機会が少ないのでできていることかなと思います。

1か月に1回あるかないかのベースです。

もっと頻回なご夫婦の場合は、偏りがないようにきちんと相談しておいたほうがいいかもしれません。

我が家は、土日祝日は基本的に母親が面倒を見ています。

父親は日曜だけ休みです。

そのため、母親が一人で外出する時間がとても少ないので、隔週でー人外出しています。

子どもたちは家族で出かけたいと思っている…かはわかりませんが、一応家族で外出する日も必要かと思っているので 家族みんなでおでかけする日曜日の次の日曜日は夫に子どもを任せて午後に一人ショッピングに出かけたりしています。

子どもが大きくなってくると行事も多くなってきて必ずこのようにはいきませんが、それでもなるべく一人で出かける時間は確保するようにしたいと思っています。

ゲームをする

一番手軽ですぐにできるのがゲームです。

今はテレビやパソコンを使わなくてもスマホでゲームができるので、本当におすすめです。

私は子どもが1歳前で育児休暇中はほとんどゲームで気分転機していました。

よく子どもが寝ているときに家事をやってしまおうというお母さんもいると思うのですが、うちの2番目は私が傍を離れると比較的すぐに起きる子でした。

なので、トイレに行ったりちょっと物を取りに行くくらいなら大丈夫なのですが、掃除などで長くその場を離れているとすぐに泣いてしまうような子だったのです。

でも、起きているときは20~30分一人遊びをしてくれる時間もあって、どちらかと言えば子どもが起きているときのほうが家事やしやすいのではと思いました。

子どもが起きている時に、時々遊びながら料理や掃除を済ませてしまいます。

そして、子どもを寝かしつけたら私もずっと傍にいて横になっています。

その時にひたすらゲームをするのです。お昼寝は0歳児だったので1~2時間していました。

つまり私も2時間ゲームしていました(笑)。

もちろん、もっと長く寝る時もありましたので、あまり長い時は起こしたりもしましたが、2時間半くらいまでは寝せていたので私もガッツリゲームしていました。

おかげでアプリゲームのレベルが常に上がり、 今は全くと言っていいほどやる時間がなくなったのですが、もったいなくてアンインストールできずにいます。

子どもも安心してゆっくり寝ているようでしたし、あの時はこの方法が一番自分もストレスが溜まらなくてよかったと思っています。

ちなみに、アプリ以外にもPS4もよくやっていました。

テレビドラマも見ていました。映画だけはちょっと難しくて、私は通して最後まで見たいのですが、どうしても子どもが起きた時点で中断することになりますので、だんだん子どもを起こしたくなくなってきてしまって見るのを止めました。

ゲームは子どもが起きたらすぐに中断できるものが多いですし、ドラマであれば. CMをカットすれば 40分くらいで終わってしまうので中断されたと感じることは少なかったです。

朝、夜時間を活用する

子供が大きくなってきて、自分も仕事していて…となると、自分の時間は朝か夜くらいになります。

私は完全に夜型なので、子どもたちが寝た後に自分時間を満喫しています。

子どもが小さいうちはお昼寝もするので、夜寝る時間もちょっと遅めですが、小学生になると活動量が増えるせいか寝る時間が早くなることが多いです。

ですので、子どもが寝て、そのあとキッチンなどあちこち片づけして、22時には寝るだけの状態になります。

そのあと0時まで2時間くらいのんびりと過こしています。

眠くて早く寝ようかなと思う時もあるのですが、なんだかもったいなくてつい起きていてしまいます。

子どもが小さい頃はゲームが主でしたが、今はパソコンで YouTube を見ていることが多いです。

テレビドラマは見たい番組を探す時間もなくなって録画できていないので見なくなってしまいました。

YouTubeでゲーム実況を見たり、音楽を聴いたりしながら、旅行の計画を立てたりパソコンで買い物したりしています。




1日お休みをお互いに作る

子どもが大きくなってくると、お互いに1日休みを作りやすくなります。

母親だけで子どもを見るのは比較的簡単ですが、父親だけで子どもを見ることができれば、お母さんも十分休めます。

我が家は父親だけでも子どもは見れますが、相当ストレスが溜まるようですので、実際は時々しか任せていません。

でも、お互い実家に子連れで帰るだけであれば、片親でも十分可能です。

そうすれば、夜も一人の自由な時間を作ることができますので、気分転換できますね。

夫婦で計画してやってみるのもいいかもしれません。

最後に

いかがでしたか?

育児中の夫婦のストレスを解消するには!

ポイント

・短時間でも一人で外出する

・ゲームやテレビに浸る

・朝、夜時間を活用する

・1日休みを夫婦お互いにつくる

などがあります。

子どもが大きくなってくるにつれて、自分の時間は必ず確保できるようになります。

「あの忙しかった頃が懐かしいわ」と思える日が必ず来るのです。

それまで持てないので私もいろいろ策を練っているわけなのですが、頭の片隅にはそのことを覚えていると、ほんのちょっと気持ちが楽になるかもしれません。

休みを作るにも夫婦で協力することが必要です。

お互い相談して多少の偏りはあっても納得できるような気分転操の仕方が見つけられるといいですよね。

 

-気分転換

Copyright© よしパパの育児サロン , 2020 All Rights Reserved.