育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

気分転換

みんなはどうしてる?育児中のパパ・ママの気分転換の方法とは?

更新日:

育児サロンのよしです。

育児中のパパ・ママ、本当に毎日お疲れ様です。

どんなにわが子が可愛くても、仕事と育児の両立でストレスが溜まる時ってありますよね!

これが子供が産まれる前であれば、友達と飲みに行ったり、気軽に遊びに行ったり、自分が食べたいものを食べに行ったりと、あらゆる気分転換の方法があったと思います。

しかし、今はそうはいきません。

お金も前みたいに気軽に使えません。

子供と一緒で幸せな生活を過ごしているはずなのに、どんどんしんどくなってくる。

実は、このような悩みを抱えているパパとママはとても多いんです。

私も、育児をするにあたって自分自身のストレスを上手にコントロール出来なかったことが原因で、パートナーとの喧嘩が激増したり、子供に上手く向き合えなかった時期がありました。

しかし、いつからか自分なりに育児をして様々なことを経験して、「自分自身のストレスを解消すること、そしてポジティブに子供に向き合うこと」が出来るようになってきました。

もし、育児に息詰まっていて、ストレス解消方法も分からなくなってきているパパとママがいたら是非最後まで読んでみてください。

きっと精神的に楽になるヒントがあると思います。




辛いことを紙に書き出そう

育児でストレスを感じているなら、何が辛いのか具体的に紙に書き出しましょう。

もしかすると、子供のことだけでなく、仕事のことやパートナーに関するストレスも心に浮かぶかも知れません。

それで大丈夫です。全部書き出しましょう!

もちろん、タダですし時間も5分~10分程度で終わると思います。

「そんなことで気分転換なんか出来るわけない!」

そう思う方、是非だまされたと思って1回やってみてください。

なぜこんなことで気分転換されてストレスが解消されるのか、ものすごい簡潔にロジックを解説します。

みなさんのスマホ、様々なアプリを同時に起動しまくると動きは重たくなりますよね。電池もかなり減るようになる。

それが人間で言うと「ストレスを感じている」という状況なのです。

スマホは多くのアプリを同時に動かしているので、「もうたくさんいろんな事考えてるし他の事考える余裕ない!」という状態です。

そこで、アプリを全て終了させればスマホの動きはサクサクになります。

 

人間にも同じことが言えます。

「自分は今どのようなことにストレスを感じるのか、どういう感情なのか」ということを整理すると、あなたの脳は「あーそういうことね」と認知して納得します。

するとあなたの脳はその問題に関してだらだらと悩まなくなるので、脳のワーキングメモリが増えるんです。

結果として、頭はかなりスッキリし気持ち的にも余裕が出て来ます。

自分の感情は脳が作り出してるからなんですよ。

 

これを習慣にすれば毎日安定した感情で過ごせるようになりますし、問題を根本から解決出来たりするので本当にオススメです!!

「それなら友人に悩みを話してスッキリしたい」と考える方もいらっしゃると思います。

それも悪くないのですが、私は圧倒的に一人で紙に書き出す方法をオススメします。

人に話すと事実と少し違うことを話してしまったり、言いたくないことは言わなかったりします。

それだとあまり解決になりません。

紙に書き出して、自分との対話を通じて気分転換したほうが良いですよ。




一人の時間を作ろう

育児を始めると圧倒的に一人の時間は減ります。

特に子供が小さいければ小さほどそうなりますよね。

そんな時は生活のどこかで工夫をして、是非一人の時間を作ってみてください。

出来た時間で、好きなことやったらいいんです。

でもこれが結構大変なんですよね。

私の場合は朝活で時間を作りました。

最初は朝早く起きるのはちょっと大変だったのですが、習慣化したら大分楽になってきました。

子供って夜寝るの比較的早いですよね?

そこを逆手にとって、寝かしつけまでした後は一緒に寝てしまい、早起きするんです(4時とか5時など)

そうすると仕事の前までに自由時間が2時間は出来るんです。

早起きしたら、ゆっくりコーヒーを飲んでみたり、映画を観たり本を読んだりと、とにかく自分のためだけに時間を使いましょう。

自分だけの時間、結構大事ですよ。

時間の作り方は人それぞれだと思います。

地域のコミュニティーに参加して、パパ友・ママ友を作り、外に出るようにするのも1つだと思います。

 

最後に

いかがでしたか?

育児中のパパママの気分転換の方法として

ポイント

・育児の辛いことを一人で紙に書き出す

・忙しくても一人の時間を作る

を紹介しました。

今の社会には、まだまだ「子育てはとても尊い仕事で、子供は宝なのだからそこに対してストレスを感じることは親としてあまりよろしくない。」という風潮が残ってるような気がします。

私も育児でストレスを感じた時、「あぁなんて自分はダメなんだろう」と思ったりしました。

でも、それで自分を責める必要なんてないと思います。

もちろん育児には幸せな部分はたくさんありますが、それはそれ、これはこれです。

ストレス感じて当然だと思います。

ですので、みなさんも決して自分を責めたりせず、しっかり気分転換をしながら、育児しましょうね。

 

-気分転換

Copyright© よしパパの育児サロン , 2019 All Rights Reserved.