これで元気100倍!気力がでない時の過ごし方とは?




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

なんだかやる気がなくて、何をしていても脱力してしまう。

頑張りたいのに、頑張れないような時がありますね。

気力がでないような時は、自分は怠け者なのかと不安にもなります。

心が疲れているのか体が疲れているのか、よく分からない時にはどうしたら良いのでしょうか?

気力がなくて動き出せない時の過ごし方についてご紹介していきます。

 

 




スマホの電源を落として暮らす

心を静めたいと思っても、周囲の雑音が気になってしまっては集中することができません。

現代は刺激が多い世の中ですので、「休みたい」と思っても脳を覚醒する刺激が多すぎて難しいものです。

疲れて気力がでない時、回復するためには脳を刺激するものから距離を取るのが一番です。

テレビやスマホの画面からはブルーライトと言われる脳を覚醒させるエネルギーが出てきます。

何となくだらだらとテレビを観て過ごしてしまう人や、夜遅くまで仕事でパソコンやスマホから離れられないという人もいるでしょう。

本気で休みたいと思っているのなら、ブルーライト断ちをすることです。

スマホやテレビ、パソコン類の電子機器は電源を落としてしまいます。

近くにあると手を伸ばしたくなるので、眠る時はスマホを枕元に置かないようにするのがオススメです。

夜寝る時以外にも、仕事が終って帰宅したらスマホは切ってしまうのが一番です。

誰かとつながっていないと不安という人もいるでしょうが、人との付き合いもストレスや疲れを溜める原因になっているものです。

疲れてやる気が出ないような時は、刺激から遠ざかってみて下さい。

何も音のない部屋で心を落ち着けて過ごすことで、本当はやりたかったことに目を向けることもできるようになるでしょう。

 

カバンを持たずに散歩をしてみる

疲れている時には体を休めようと思っても、なかなか寝付けない、心がざわざわして落ち着かないと返ってのんびりしようとすることで、気疲れしてしまうこともあるのです。

睡眠を摂るのは心や体の気力の回復に一番なのですが、いつでもすぐに眠れるわけではありません。

そういう時には散歩がオススメです。

散歩といっても多少は目的があったほうが歩きやすいですので、往復1時間程度で帰宅できる範囲で目的地を決めてみて下さい。

そして財布やスマホなど不要なものは持たず、必要なら腕時計くらいは身に付けて出かけます。

季節によっては、マイボトルだけ持っていると安心できますね。

持ち物があると、歩くことに飽きた時に雑念が生じます。

スマホでメールチェックをしてみたり、財布があればコンビニに立寄ろうなどと考えてしまいます。

もし歩いている時に心に浮かんだことがあれば、頭の中のメモ帳に書きとめておけばいいのです。

考え事をするにも、何も持っていないほうが考えはまとまりやすくなります。

何も持たないからこそ、歩くという行為に集中することができるのです。

散歩というのは体への負担が少なく心の疲労回復には効果的な手段です。

歩く時には、しっかりと歩いているということを意識しながら足を動かし手を振って歩くようにしましょう。

往復1時間も歩けば適度に体が疲れて、休息しやすい状態になっているのがよく分かりますよ。

帰宅して心が軽くなったら、昼寝程度の休息を取ってみるのもオススメです。

 

掃除はやり始めると気持ちよくなる

気力がでないような時は、ぼーっと過ごすという人もいるでしょう。

ただ体を休めているだけでは、心の回復に時間が掛かってしまいます。

特に雑念が浮かんできてモヤモヤしてしまうような時に効果的なことが掃除です。

掃除は手を付けるまでは「面倒だな」と思いがちです。

寒かったり暑かったりすると、動きたくない、快適な室内で過ごしたいとも考えてしまいます。

何もせず、ただぼーっと過ごすことが出来れば楽でしょうが、気力が回復しない時には、思い切って一歩踏み出すことも大切です。

気力がでないという時は、小さい場所からでいいので掃除にチャレンジしてみて下さい。

顔を洗ったついでに洗面台を拭いてみる、部屋のカーペットをコロコロで掃除するなど些細なことで大丈夫です。

掃除をするまでは「面倒だな、やりたくないな」と思っていた人も、掃除をするほどにキレイになることで気持ちよくなってしまいます。

掃除をし始めたら、小一時間経っていたというような経験はないでしょうか。

部屋がキレイになるごとに、気分が軽やかになり、気力が知らないうちに回復しているというのもよくあることです。

部屋が散らかっている時というのは、心の中も乱れていて考えがまとまらなかったりします。

部屋を片づける、掃除をすることは、心の整理をしたり考えをまとめるためにも最適なのです。

掃除を終ったあとというのは、体の疲労感は多少ありますが、心のほうは意外に回復しているものなのです。

 




気持ちを吐き出してみる

心の中に溜め込んでいるものがあるせいで、気力がなくなってしまうこともあります。

誰か親しい人で愚痴を聞いてくれる人や、ブログなど不特定多数の人に向けてでも感情を打ち明けることができれば良いのですが、

そういった相手がいない人もいます。

そんな時には、自分の感情を言葉にして口にしてみることです。

ただ独り言でいいので、自分が思っていることを言葉にして吐き出すのです。

ネガティブなことを言ってしまっても問題はありません。

自分が気力を失ってしまった原因がどんなことなのか、分かっているのならその愚痴を言葉にしてみて下さい。

できれば自分自身のことはポジティブに褒めてあげるほうが良いですね。

気持ちは溜め込んでしまうとどんどん気力が落ち込んでしまう原因になります。

自分自身が日頃頑張りすぎているせいで気力がなくなってしまった、そもそも気力がなくなってしまうという人は、努力家で無理をしてしまうようなタイプの人が多いものなのです。

人に聞かれると困るような人は紙に書き出してみると良いですが、最後には書いた紙は破いて捨ててしまいましょう。

取っておく必要はありませんし、次に進むためにも自分のネガティブな感情は捨ててしまうのが一番なのです。

 

日向ぼっこは効果的な気力回復法

気力がなくて本当に動き出せないような辛い時もあります。

こういう時というのは、少し心がウツっぽくなっていることも考えられます。

ウツっぽい気持ちを改善するために効果的なのが、日向ぼっこです。

太陽の光を浴びることはうつの治療にも言われていることで、特に夜型な生活をしている人ほど昼間に太陽の光を浴びるほうが良いのです。

自分は強い人間だから、うつ症状が出るわけがないと思っている人ほど要注意です。

誰でも環境次第ではメンタルに影響が出てくる可能性があるものです。

日焼けが気になるのなら帽子程度かぶって、ただ外でぼーっと過ごしてみましょう。

何もせずに座っていることができない、公園などでぼーっとしていたら不審者みたいに見えないか不安だという人は、本を開いてみて下さい。

読むのにオススメなのが絵本です。内容が簡単で分かりやすいですし、あまり頭を使わずに読むことができて気力がない時にぴったりなのです。

忙しくて時間がないという人は10分程度でも日向ぼっこをすることで、気分が違ってくるのが分かりますよ。

どうしても座ってぼーっとすることが出来ない人は、仕事の移動手段を変えて光を浴びれるようにしてみる、お昼休憩には外でランチを摂るなど積極的に太陽の光を浴びるようにしてみて下さいね。

 

最後に

いかがでしたか?

気力がでない時というのは、誰でも起こりえることなのです。

自分の心と体が疲れているのに気付かずに頑張りすぎると、ある日ぱったりと倒れてしまうかも知れません。

そうならないためにも、「ちょっと疲れているな」と感じる時には自分に合った方法で気分転換してみて下さい。

適度に休んで気力を回復していくことで、無理せずに生きていくことが大切ですね。

 

婚活・結婚おうえんネット 結婚相談所の比較なら婚活・結婚おうえんネット

おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

こちらのLINE@では、無料の恋愛サロンをやっています。

ご気軽にご参加ください。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です