育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

発達の不安

うちの子大丈夫かなと不安に!ことばの発達が遅い子の対応とは?

更新日:

よし
この記事はサロン生のTさんの体験談を話して頂きました。

周りの子より発達が遅いと不安にありますよね!

育児サロンのよしです。

「うちの子は、言葉が遅いかも。」

子どもの言葉の発達で悩まれるパパママは、少なくないと思います。

同年代の子が上手におしゃべりしているのを聞くと、ますます心配になっちゃいますよね。

今回は、言葉の発達が遅くなる原因を探り、子どもから言葉を引き出すために親ができることについてお話します。

長女が通った「ことばの教室」の体験談や、どのように成長していったかをお伝えします。

皆さんの不安な気持ちが少しでも解消されるとうれしいです。




言葉の発達には順番がある

子どもが言葉を習得していくには順序があります。

月齢別に紹介します。

年齢 発達・おしゃべりの例
0~1歳 喃語をしゃべる。「あー」「うー」
1歳~1歳6か月 一語文をしゃべる。「まんま」「わんわん」「ぶーぶー」
1歳6か月~2歳 二語文をしゃべる。「これ とって」「わんわん きた」
2歳~3歳 三語文をしゃべる。「まま おやつ ちょうだい」「どうして?」が増える
3歳~4歳 複文を話すことができる。「○○は ままと公園に行って ブランコにのる」
4歳~5歳 コミュニケーションがとれる。言葉で自己主張ができる。
5歳~6歳 自分の体験を言葉で相手に伝えることができる。

年齢が進むごとに、話せる単語が増え、複雑な会話ができるようになってくるんですね。

これはあくまでも目安であって、すべての子どもに当てはまるわけではありません。

子どもの興味・関心などによっても個人差は出てくるところです。

言葉の発達が遅くなる原因

いくつかの考えられる原因を紹介します。

参考程度にお読み下さい。

聴覚に問題はないか

子どもはまず、言葉を耳で聞いて覚えていきます。

聴覚に問題があると、覚えるのが遅くなる可能性があります。

音のでるおもちゃに反応するか?後ろから名前を呼んでも反応するか?

注意深く、子どもを観察してみましょう。

心配なことがあれば、耳鼻科の先生に相談することをおすすめします。

付け加えて、耳そうじも大切です。

長女が「耳がふさがっている」と言ってきたことがありました。

こまめに耳そうじはしていたので、おかしいと思いすぐに受診しました。

結果、取り切れなかった耳垢が奥へ行ってしまい、耳の中をふさいでしまっていました。

長女の耳垢はやわらかいため、そうじは家庭では難しいとのことでした。

以後、耳そうじは耳鼻科の先生におまかせしています。

おしゃべりが好きでない性格

言葉の理解はできていても、口数が少ないと発達が遅いのかなと思うかもしれません。

長女の場合がそうでした。

もともと、物静かで「大勢の中でわいわい」というのが」苦手なタイプです。

加えてのんびり屋さんなので、発言の回数がどうしても少なくなります。

発語の機会が少ないと、言葉の習得も遅れがちになるのでしょうね。

 

発達障害の可能性

もしかして?と思いはじめるとよけい不安になりますね。

見極めは難しいので、専門家に相談することをおすすめします。

市町村の保健センターや、保育園・幼稚園の先生、かかりつけの小児科の先生など相談できる環境はあります。

子育てのアドバイスやヒントをもらうきっかけにもなります。

言葉の発達をうながす方法

ここからは、子どもから言葉を引き出すために、親ができることについてお伝えします。

言葉に触れる機会を増やす

できるだけ多くの言葉に触れるチャンスを与えてあげてください。

絵本の読み聞かせでもいいですし、外に出かけて人と触れ合う時間を多くとるのも効果的ですね。

同世代の子どもと遊ぶのも楽しいものです。

話しかけの工夫

親は何も言わなくても、子どもがどうしたいのか分かってしまいますね。

子どもの先回りをついついやりがちです。

「ママ、これ。」でも十分意味が通じるんですよね。

そこで、ひと工夫が大事になってきます。

「何が欲しいの?」「○○はどうしたいの?」と問いかけてみてください。

子どもから発語するように持って行くんです。

「ママ、のどが渇いたからお茶ちょうだい。」と言えるまでは、「のどが渇いたんだね。お茶が欲しいんだね。」と確認してあげるといいですね。

まだ言葉の分からない赤ちゃんも、耳で言葉を吸収していると言われています。

「おむつ代えるね。」「ミルク飲もうか。」など、どんどん話しかけてみてください。




長女のこと、今思うこと!

長女に関して、二語文くらいまでは順調に発達していたように思います。

そこから、会話として成立するのに時間がかかりましたね。

意思疎通ができないストレスと、お友達はあんなに上手におしゃべりできるのにという焦りが常にありました。

「自分の育て方に問題があるんじゃないか?」と自分を責めていましたね。

そんな折の幼稚園年長時に、先生が「ことばの教室」をすすめてくださいました。

小学校進学にあたって、困らないように準備をしておくという意味合いで、隣町の幼稚園まで週に1回通うことになりました。

1回あたり30分程度で、マンツーマンで先生がついてくれます。

子どもに合わせてじっくりと向き合っていただけるので、長女には合っていましたね。

いろいろな話を親身になって聞いてもらえるし、子どもをいろんな角度から見てもらえるのはありがたかったです。

約半年ほど通いましたが、歯の矯正治療も手伝ってか、活舌もよくなっていきました。

現在も口数は少ない方ですが、私自身それも個性だと認められるようになりました。

最後に

いかがでしたか?

言葉の発達には年齢ごとに順序があること。

発達が遅くなる原因として、聴覚・性格・発達障害等々考えられるが、気になることがあれば専門家に相談した方がよいこと。

言葉を促すために親ができることは、

メモ

  • 言葉に触れる機会を増やす
  • 話しかけや発語の工夫をする

ということをお話してきました。

「子どもの発達」に関することは、親にとって一番の悩みでもあります。

一人で悩んだり、思い込んだりせず、周りに助けを求めてほしいと思います。

そして、新しい風が吹くことを願っています。

 

 

-発達の不安

Copyright© よしパパの育児サロン , 2020 All Rights Reserved.