習い事

藤井七段もやっていた!モンテッソーリ教育とは?

育児サロンのよしです。

皆さんは、「モンテッソーリ教育」という言葉を耳にしたことがありますか?

世界中で支持され、教育界にも大きな影響を与えた子どもの教育法なんです。

「モンテッソーリ教育って何?」

「モンテッソーリ教育で育つとどんな大人になる?」

モンテッソーリ教育の特徴をくわしく解説します。

合わせて、おうちで実践する際のポイントをお伝えします。

「モンテッソーリ教育」をはじめて聞いた方にも、簡単に実践していただける内容となっています。

おうち時間を過ごすヒントにもなるので、どうぞ最後までお付き合いくださいね。




モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、1907年、女性医学博士マリア・モンテッソ-リによって開発されました。

当初は、障がい児のための教育法としてスタートしましたが、今では、保育園や幼稚園でモンテッソーリ教育を取り入れるところも増えてきました。

基本的な考え方は、

  • 子どもは生まれながらにして、「自己教育力=自分自身を育てる力」を持っている
  • 大人は、子どもの自由を保証し、自発的な活動を助けるべき

だというものです。

この考え方に基づいて、

  • 責任感と思いやりを持った自立的な人間
  • 一生を通じて学び続ける姿勢を持った人間

を育てることが、モンテッソーリ教育の目的です。

モンテッソーリ教育の特徴

モンテッソーリ教育では、大人には、子供を見守る姿勢が求められています。

子どもが、自発的に活動できるように、自由にやりたいことができる環境を整えてあげます。

でも、ただ自由に何でも、好きなようにさせているだけではないんですね。

成長過程に合わせた教具(おもちゃ)は、「やってみたいな」と思えるものばかりです。

子供にとって必要なものを、適切な時期に、自ら選び取れるように援助するのが、モンテッソーリ教育だと言えますね。

3つの特徴をあげてみます。

自発的な個別活動がメイン

子ども一人ひとりの興味や関心に重点が置かれるため、個人活動が基本となります。

これは、誰かといっしょに遊ぶことを禁止しているのではありません。

いっしょに遊びたい気持ちがあれば、それが子どもの活動になります。

「これがしたい」と考え、行動できるようになるために、子どもの自発性を重んじています。

異年齢の縦割りクラス制度

保育園や幼稚園でモンテッソーリ教育を取り入れる場合は、3歳程度の年齢幅でクラス編成が行われています。

大きい子をお手本にしたり、小さい子のお世話をしたりと、社会性や協調性が身についていきます。

教育法が5分野に分かれている

遊びのことを「おしごと」と呼び、おもちゃのことを「教具」と呼ぶのも特徴の1つです。

5つの分野に分かれていて、それぞれの分野に適した教具がレベル分けされています。

カリキュラム通りに進めず、子どもにあわせて活動します。

①運動

日常生活をする上で必要な動きを身につけていきます。

「自分の思った通りに体を動かすことができる」ことを目指しています。

② 感覚

2~4歳ごろになると、自分と他の人とを比べることができるようになってきます。(感覚の敏感期)

このころに、比較をテーマとした教具を用意し、「同じ・違う」といった仲間分けなどを理解できるように助けます。

③ 言語

ものの名前を認識し、性質を表す言葉を知り、ものをつなげて考えられるように、言語習得の流れを助けます。

絵や文字のカードを使って、話す・読む・書く力を身につけていきます。

④ 算数

具体的なものの量を理解し、徐々に抽象的・論理的な考え方が身につくように導いていきます。

難しい計算が解けることを目的とせず、じっくりと考え方を身につけることを大切にしています。

⑤ 文化

4分野の集大成です。

歴史・地理・音楽などから、文化を学び吸収する力を身につけていきます。

モンテッソーリ教育を受けた有名人

世界で偉業を成し遂げている有名人ばかりが名を連ねています。

アンネ・フランク、ピーター・ドラッカー(Amazon創業者)、マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)、ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)ほか

日本では、将棋の藤井聡太七段も、モンテッソーリ教育を受けていたそうです。

対局での集中力や、終盤での追い込みの強さは、幼少期の教育で培われたのでしょう。

おうちでできるモンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育のもう1つの特徴として、室内での活動が多いということがあげられます。

ある意味、デメリットのようにとらえられがちです。

が、ひょっとして、自粛生活が続く今の生活なら、むしろチャンスではないでしょうか?

おうちでも実践できるモンテッソーリ教育を、教具といっしょに紹介します。

料理・洗濯・掃除

家事のお手伝いは、そのままモンテッソーリ教育に使えます。

小さい子でも、お手伝いできることはたくさんあります。

しっかりそばについていれば、包丁だって使えると思います。

やりたいと思えるものから、お手伝いしてもらってください。

「危ないから。」「時間がかるから。」と成長のチャンスを逃すのはもったいないですね。

家の仕事から、子どもはたくさんのことが学べます。

できた時はほめてあげてくださいね。

整理整頓

まずは、子どものおもちゃスペースからはじめてみてください。

すぐに手に取って遊べるように整理整頓します。

その際に、色で分けて収納したり、大きい順や長さ順に並べたりすると楽しいですね。

メモ

<おすすめ教具>

ネットで購入できる教具です。

どれもカラフルで、長く使えそうなものばかりです。

  • モンテッソーリ 積み木 幼児 学習 パズル - Sendida
  • モンテッソーリ教育 円柱さし 4本セット カラフル 木製パズル 収納袋付き 感覚教育 指先訓練 Bajoy
  • 知育玩具 木製 テトリス パズル ブロック モンテソッリー教具 kimurea select




家庭で実践する際のポイント

実際におうちで、モンテッソーリ教育をする際のポイントについてお伝えします。

手を出さない

着替え、食事など、日ごろの生活の中では、極力手を出さないように心がけます。

自分からやろうとしている時は、とにかくやらせてみる。

うまくいかなくても、失敗しながら自分で学んでいきます。

それが、自立への第一歩となります。

選択する機会を与える

「今日はどの服を着る?」「朝ごはんは、パンとごはんどっちにする?」「どの絵本を読む?」

子どもに選択する機会を意識して与えてみてください。

自分で決めるという体験は、責任感や自立心の芽生えにつながります。

自分で考える習慣をつける工夫

普段の会話の中で、「○○ちゃんはどう思う?」と問いかけてみてください。

すぐには答えられないかもしれませんが、わからないなりにも自分で考えてみることが大事です。

これから求められるのは、自ら疑問を見つけ探求したり、新しいアイデアを出したりできる力です。

目先の結果を急がず、ゆっくりと考える習慣を身につけてほしいです。

最後に

いかがでしたか?

おうちで実践できるモンテッソーリ教育についてお話してきました。

モンテッソーリ教育は、子どもの「自己教育力」を信じ、

大人は、子どもが自発的に活動できるよう援助する教育法であること。

モンテッソーリ教育の目的

  • 責任感と思いやりを持った自律的な人間
  • 一生を通じて学び続ける姿勢を持った人間

モンテッソーリ教育の特徴は、以下の3つです。

  • 自発的な個別活動がメイン
  • 異年齢の縦割りクラス制度
  • 教育法が5分野に分かれている

おうち時間を有意義に過ごすために、モンテッソーリ教育は最適です。

教具で遊んだり、家事のお手伝いをしたりする中で、子どもの自立心は育ちます。

実践する際のポイントとして、

  • 手を出さない
  • 選択する機会を与える
  • 自分で考える習慣をつける工夫をする

ことがあげられます。

ぜひ、モンテッソーリ教育をおうちで実践してみませんか?

-習い事

© 2020 よしパパの育児サロン