育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

出産体験記

出産の方法は決まっていますか?無痛分娩の仕組みについて

更新日:

育児サロンのよしです。

妊娠や出産は女性が一生のうちで限られた期間しか体験することが出来ない貴重な時期です。

お腹の中で命を育て、時がきたら出産をする!

この生命の誕生は女性だけではなく男性も感動して涙を流す人が多いそうです。

この出産の方法ですが、以前は普通分娩といい、陣痛に耐えて出産をするというスタイルが非常に多かったです。

陣痛自体が病気でもなく赤ちゃんを押し出すために子宮が収縮している痛みなので麻酔を使うなんてことはありませんでした。

ところがが近年では麻酔を使って分娩時に痛みをなくすという「無痛分娩」という選択をしている女性も増え始めています。

「痛みを経験してこそ母親になる」とおばあちゃん世代ではそういう声もあるのは確かですが、この無痛分娩には少なくともメリットがあります。

では、無痛分娩の仕組みは一体どういうものなのか解説していきます。




 

無痛分娩とは?

 無痛分娩とは持続硬膜外麻酔による方法で行われます。

なぜお産の時に強烈な痛みを感じるのか、それは脊髄神経から枝分かれした腹部や骨盤、外陰部を支する神経によって強い痛みを感じます。

この神経を麻痺させることであの強い痛みを取り除くことが出来るようになります。

通常の麻酔のやり方ですとお産に必要な「いきみ」や「子宮収縮」まで麻痺させてしまうので、それではお産の時に必要な力が働かなくなります。

この持続硬膜外麻酔なら、硬膜外腔に麻酔液を入れるチューブを留置しておけば、いつでも麻酔を追加で入れることが出来ます。

無痛分娩での経腟分娩を希望していても、中にはお産を進めていくうちに赤ちゃんが上手く出てこれない「回旋異常」になってしまったり「胎児仮死徴候」など経腟分娩そのものが困難になってしまった場合は帝王切開になることもあります。

日本ではまだこの無痛分娩を選択する人も少なく、できる病院も限られていますが、既に欧米では無痛分娩が一般的な出産方法になります。

 

無痛分娩の流れ

 まずは決まった日に入院をします。

入院をしたら分娩監視装置を装着し、無痛分娩のための処置を行います。

入院をすると普通の産婦さんのように内診と問診を行い、この時に飛鳥に応じて分娩監視装置を付けてお産の進行が今どの位進んでいるかをチェックします。

陣痛が進むと痛みも強くなるので入院をするとすぐに麻酔を注入するためのカテーテルというチューブを背中に入れます。

また、麻酔はいつでもすぐにできるものではなく、子宮口が4~5センチまで開かないと注入することが出来ません。

その間子宮収縮の痛みは感じるかと思いますが、それでもある程度開くまでは麻酔処置を行う事はできません。

赤ちゃんの状態、お産の進み具合を確認し、麻酔液を様子を診ながら注入していきます。硬膜外に1mmほどの太さの持続カテーテルを入れますが、皮膚に麻酔を行うので痛みは感じません。

陣痛室ではある程度痛みが付くように加減しながら麻酔液を注入します。

また子宮口が全開大になるまでは陣痛を完全にシャットアウトせず収縮する感覚は残します。

通常の自然分娩よりは痛みが少ないので、その間にリラックスして過ごし事ができます。

痛みの感覚としては「痛い!!」っていうものより下半身がじんじんするくらいです。

動くこともできるので電話しに出たりすることもできます。寝たり食事をとることも出来るので体力の温存が可能です。

 

無痛分娩を体験した方の内容

 私自身は病院で無痛分娩を選択することが出来ず、子供2人を自然分娩で出産しました。

私の周りも意外と無痛分娩を選択した人はおらず、帝王切開か自然分娩の方になります。

ですが、やはり無痛分娩は魅力的ですし、やってみたいという気持ちや興味はあります。

 

実際無痛分娩を経験した方のレポートを纏めてみました。

 無痛分娩で2人出産した方がおり初産の場合、経産婦さんより子宮口の開きが遅いため麻酔が入れられる4~5センチまで痛みを我慢していました。

この痛みを我慢するのは本当につらく、「早く入れてください」と泣き避けぶほどでした。

しかし、痛みはあってもやはりある程度開くまでは注入することは出来ません。

ようやく子宮口が開き、麻酔を注入するとあの辛い痛みはどこへ?という位はここからだったのです。

1日目は余裕もあってスマホを弄ったり比較的ダラダラして過ごしていました。

しかし、2日目になると麻酔の効きも弱くなり、吐き気に痛みを感じるように。

そして、3日目になると麻酔が効かず痛みと陣痛が来てから既に3日も経過しており、お母さんの体力と赤ちゃんの心拍が弱くなってしまったことから吸引分娩に変更。

出産するとほとんどのお母さんは会陰が切れているのでそこを縫うのですが、なんと会陰から子宮まで裂けているおいう状態で、通常の処置よりも長くなってしまいました。

通常よりも大きく避けてしまったため退院の日もズキズキとした痛みが治まりませんでした。

そして通常の分娩よりも高く、母乳をあげると子宮が収縮して余計に痛みを強く感じる為、ミルクへ変更。この痛みは半年悩んだそうです。

この他の無痛分娩経験者の意見で多かったのは、「分娩までに時間がかかってしまった事」

長時間いきんでいたので通常よりも「会陰の傷がひどかった」また「産後の方がつらい」と答える人も居ますが、あくまでも個人差はあります。

ただしお産に時間がかかればかかるほどリスクは伴うので、無痛分娩を選択する際は主治医の話をよく聞きましょう。

 

無痛分娩のメリットとデメリット

 一見すると無痛分娩はメリットばかりのように思えるかもしれませんが実はデメリットも存在します。

では、無痛分娩のメリットとデメリットを紹介します。

 

メリットについて

通常の陣痛は痛みがあるので呼吸回数も増えてしまったり血圧が上昇しやすくなることがあります。

精神面においてもやはり痛みが強いのでいつもの自分を維持することができなくなるという傾向はありますが、無痛分娩にすることで呼吸も安定し、精神面でのストレスも軽減されます。

呼吸を合わせながら自分で上手にいきむことが出来るので、分娩時間や出血量も減少し、胎児に対するストレスも軽減されます。

分娩時の体力消耗も少ないため、産後の体力回復も早くゆとりのある育児をすることが出来るでしょう。

 

デメリットは?

まず麻酔を使用することで吐き気など体調が悪くなる可能性があります。

また、分娩時間が長引くこともあるため、胎児の心拍が下がって吸引分娩や帝王切開になる可能性もあります。

 

最後に

 いかがでしたか?

無痛分娩は陣痛中の強い痛みを取り除くことが出来るので、分娩時の体力の温存や産後の体力回復にも繋がります。

一見するとメリットがたくさんあるように思えますが、やはり麻酔をすることでデメリットは必ず存在します。

また通常の分娩よりも金額がかかったり、分娩時間に時間がかかってしまう可能性もあります。

こういったメリットとデメリットもあるので、気になる人は主治医に相談しましょう。

また、普通分娩よりも金額が上乗せされてしまったり、病院も限られた場所になってしまいます。

まずは近くの病院で無痛分娩を扱っている病院を探しましょう。

 

-出産体験記

Copyright© よしパパの育児サロン , 2020 All Rights Reserved.