出産祝いのお返し

なにを選べばいいの?出産祝いのお返しマナーとは?

育児サロンのよしです。

わが子の出産に、たくさんの「おめでとう」の気持ちを受け取ったことと思います。

出産祝いをいただいたなら、感謝を込めて、喜んでもらえる「お返し」を届けたいものですね。

今回は、「出産祝いのお返し」についてのお話です。

「お返しする時期はいつがいい?」

「金額はいくらがいい?」

「おすすめのギフトがあれば知りたい。」

出産内祝いの気になるマナーについても解説します。




出産内祝いとは?

「出産内祝い」とは、内々の、身内のお祝いという意味があます。

お祝い事のあった方が、喜びを分かち合うために、親しい人へ贈り物をしていました。

現在は「お返し」する意味合いが強くなり、「出産祝いをいただいた方へのお返し」という意味で使われています。

出産内祝いを贈る時期は?

赤ちゃんの生後1か月のころに贈るのが一般的と言われています。

ちょうどお宮参りのころが目安になります。

「お祝いを贈ったのも忘れたころに受け取る」のでは、感謝の気持ちが伝わりませんよね。

遅くても、生後2か月までにはお返ししたいものです。

産後はなにかと忙しくなります。

体調が安定しないと、すぐに内祝いを用意することができない場合もありますよね。

贈り物選びや贈り先の確認などは、産前に済ませておくことをおすすめします。

また、出産を後から聞いて、お祝いをいただくこともあります。

そうした場合は、その都度お返しを贈るようになります。

お返しの相場は?

一般的に、いただいた額の半分程度が目安だと言われています。

「半返し」ですね。

親しい親せきの方から、高額のお祝いをいただくことがあります。

その場合は、3分の1程度が望ましいですね。

返しすぎると、かえって失礼になる場合も考えられます。

地域の慣習などにより異なる場合もあります。

ご両親や身近な方に相談して、対応するようにしましょう。

のしの作法

のしは「蝶結び」の水引の上に、「内祝い」か「出産内祝」と書きます。

水引の下に、赤ちゃんの名前のみを記入します。

名前には、読み方が分かるようにふりがなをつけます。

メモ

「蝶むすび」は、何度も結びなおせることから、

「何度あってもうれしい」という想いがこめられています。

出産・進学などのお祝いごとに使われます。

何度もくりかえしてはいけない婚礼関係には向かないので、ご注意を!

おすすめギフト

ここからは、内祝いにおすすめのギフトを紹介します。

  • 家族で楽しめるギフト

子どもがいらっしゃる方なら、家族で楽しんでもらえるギフトがおすすめです。

ご家族の人数に合わせて、商品を選ぶとなおいいですね。

ヨックモック YOKUMOKU シガール オゥ マッチャ アソート 22本入り ¥3,024

MAME-YA(マミーヤ) 豆 お菓子 お豆7種×2袋の14個  ¥2,980

栗原はるみ ゆとりキッチン 調味料 ギフトセット 4種入り  ¥2,860

  • 日用品のちょっといいものギフト

ブランドの日用品は、自分ではなかなか選ばないもの。

ギフトとしてもらえば、きっと喜んでいただけます。

好き嫌いのあまりない、シンプルなものを選ぶのがおすすめです。

今治タオル メイユール フェイスタオル2枚セット (ホワイト&ブラウン) ¥2,750

ブルーム 今治タオル ナチュラルボーダー タオル ギフトセット   ¥3,490

  • おいしい食べ物

老舗店舗のギフトには、安心感ありますね。

贈った方も満足できます。

ロイヤル コペンハーゲン ティーバッグ セット  ¥2,650

松阪牛 カタログギフト券 GAタイプ   ¥5,000

銀だら入り西京漬&粕漬お買得 8切入セット  ¥4,990

その他、赤ちゃんの体重米なども、おもしろくて実用的です。

迷った時は、やはりカタログギフトですね。

予算にあわせて、幅広く対応できます。

遠くの親せきや友人で、直接手渡しすることが難しい相手には、ギフト専門店などから配送しても問題ありません。




お礼の言葉を添えて

お祝いしてくださった方への感謝の気持ちは、やはり一言添えたいもの。

相手の方の年齢や立場に合わせて、どんなメッセージがいいのか例にあげてみます。

  • 親せきの方へ

あまり型苦しくせず、やわらかい文体がベストです。

この度は、とてもすてきなお祝いをありがとうございました。

おかげさまで、○○は日々元気に育っています。

少しずつ、母親業にも慣れてきたところです。

ささやかですが、心ばかりの品を贈らせていただきましたのでお納めください。

  • 会社の上司へ

時候のあいさつから入り、さらに仕事に励みたいことを盛り込みます。

すっかり春らしくなってまいりました。

先日は、長女の誕生にあたり、心のこもったお祝いをありがとうございました。

子どもには、○○という願いをこめて、○○と命名いたしました。

おかげ様で母子ともに健康な毎日を過ごしています。

今後は新しい家族のためにも、仕事に励む所存でおりますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

ささやかな品ではありますが、内祝いの品をお贈りさせていただきました。

まずは、書中をもちまして御礼申し上げます。

  • 友人へ

親しき中にも礼儀ありです。

きちんとお礼の気持ちを伝えましょう。

この度は、○○にかわいいベビー服をありがとうございます。

もう少しで着られそうなので、今から楽しみです。

○○も毎日スクスクと育っています。

ささやかですが、内祝いの品を贈らせてもらったので、ご笑納ください。

これからもどうぞよろしくお願いします。

我が家の体験談

筆者の住む地域では、近所の親しい親せきには、お赤飯・紅白まんじゅう・かつお節などを命名札をいっしょに配る風習があります。

上司や友人には、品物を贈りました。

タオルやお菓子を贈ったと思います。

やはりいただくのも、日用品や食べ物がうれしかったですね。

いただいた命名札は必ずとっておくようにしています。

たまに見返して、「この子大きくなったかな。」なんて妄想することがあります。

赤ちゃんの誕生は、喜ばしくうれしいものです。

まとめ

いかがでしたか?

出産内祝いのマナーについてお話してきました。

内祝いを贈る時期は、生後2か月までに、いただいた金額の半分を目安に。

のしは蝶結びを使って、子どもの名前を入れること。

贈り先の家族構成や状況に応じて、喜んでもらえる品を選ぶこと。

感謝の言葉を一言添えれば、気持ちが伝わります。

身近な人に相談して、地域の慣習を知ることも大切ですね。

出産の喜びを、気持ちよく分かち合ってほしいです。

 

-出産祝いのお返し

© 2020 よしパパの育児サロン