料理・お菓子作り

これなら安心で簡単に作れる!親子で嬉しい自然派おやつを紹介

育児サロンのよしです。

おやつを食べているうちの子はすごくゴキゲンです。

大人の僕でも確かに「おやつにしよう」と言われるとなんだかワクワクします。

「おやつ」という響きはとてもいいですよね。

さて、そんな素敵なおやつですが、子どもの身体にもイイモノを出してあげられたら親としても安心できると思います。

とはいえ、手作りって正直大変だし..ご飯を作っているだけでいっぱいいっぱいなのでそれ以上タスクを増やすのはしんどい..という方は多いと思います。

まさに僕がそうなのです。

そこで、この記事では最も簡単で美味しくて大人も一緒に「美味しい!」と喜べる手作りおやつをご紹介します。

この記事をお読みいただくと、「タスクをほんのちょっと増やしただけで得られるものがたくさんある!」という素敵なおやつ達に出会えるはずです。




子どもにおやつが必要な理由

おやつを食べてるときは幸せな気分になるけど..そもそもおやつの果たす役割とは何なのでしょうか?少し考えてみたいと思います。

栄養補給のため

よく言われるのは「栄養補給のため」という理由ですね。

確かに子どもの胃袋は大人に比べて小さいので一度に食べられる量が少ないです。

しかしいっぱい動き回り頭をフル回転させている子どもたちの使うエネルギー量は尋常じゃありません。

そのためおやつの時間をとって栄養の補填をしているということです。

リフレッシュのため

栄養補給ももちろんそうなのですが、個人的には「リフレッシュのため」というのがおやつの果たす最大の役割のように思います。

なぜなら、子どもって遊んでいるだけのように見えて、ものすごい様々なことを考えながら動き回っています。

そうすると脳が疲れてくるので、美味しいおやつを食べてリフレッシュをする。そしてまた全力で遊べるようになるからです。

次に向かう原動力になるおやつってやっぱりすごいです。

また、パパやママ、お友達とおやつを食べると、一緒に楽しい時間を過ごすことができます。

そこから、楽しいコミュニケーションの取り方も知ることが出来そうです。

 

おやつを手作りするメリット

このご時世、添加物の入っていない安全な市販のおやつなんていくらでもあるのになぜ手作り?という皆様の疑問に答えられるよう、手作りおやつの魅力を考えてみます。

コスパがいい

市販のおやつって結構高くないですか?

スーパーで買ったクッキー、確かにお手頃価格のものは多いのですが、食べ始めると一瞬でなくなってしまう気がします。

市販のおやつはとんでもなく美味しいから?という説もあるのですが、家でクッキーを焼くと、おやつをお店で購入するのと同じくらいの材料費で2~3倍くらいの量を作ることができます。

やっぱり手作りおやつの方が圧倒的にコスパがいいと感じます。

身体にいい

手作りおやつは添加物の入れようがないので有害物質を子どもに食べさせてしまうリスクはとても少ないと思います。

それに手作りだと油や糖分、塩分の量を調整できるので、余計なカロリーを摂らなくて済むようになります。

食育にいいかも

手作りおやつは、「おやつ」の姿になるまでの間、材料の加工などの調理過程を子どもが見ることができるので、「〇〇で作ったこのおやつ美味しい!」というように食材について理解を深めることが出来ます。

また、子どももおやつ作りに参加することが出来ます。

個人的にはめんどくさいおやつ作りでも子どもが超楽しそうにしているので、「やってみて良かったかな」と思えます。




めんどくさがり屋さんも大丈夫!簡単に作れるおやつ

おやつを手作りする気力をあまり持ち合わせていなかった僕でも、「これならおやつ作るわ!」と感じたおやつをご紹介します。

さつまいも茶巾

茶巾をご存じですか?ウィキペディアによると茶巾とは、茶道の点前の途中などで茶碗を拭くために使う布である。とのことです。

そして、栗餡やいも餡をこの布に一口分乗せて軽く絞ると、上品な和菓子が完成します。

実はこれ、家にあるもので簡単に作れてしまうのです。

用意するもの

・さつまいも、バター、砂糖

・ラップ

・ボウル

・マッシャー

まずはサツマイモを洗ってレンジでチンします。本当は蒸かしたほうが良いのかも知れませんが、チンで大丈夫です。

大きさにもよるのですが小さいのだと1000Wで5分程度です。

芯まで加熱されたらサツマイモの皮をむいてボウルに入れてマッシャーでつぶします。

このサツマイモをつぶす作業は子どもも手伝ってくれますよ。

潰れてなめらかになってきたらバターと砂糖をお好みで入れます。

するとサツマイモ餡が完成するので、ラップに一口分を乗せて絞ります。

これで、サツマイモ茶巾の完成です。

実はこれ、一回作ったら結構な量ができるので、数日間おやつはサツマイモ茶巾になります。

しかしうちの子は自分もおやつ作りに参加したからか喜んで食べていますし、コーヒーにも合うので大人も楽しめます。

簡単でたくさん作れるので、とってもおすすめです。

しらたま

最近まで知らなかったのですがネットで「白玉粉」というものの存在を知り、スーパーに行って見たところ隅のほうにありました。

白玉粉とは読んで字のごとく、白玉が出来る粉です。

水を加えて軽くこね、一口大に丸めて茹でたら完成です。

子どもも一緒に白玉を丸められるので、是非やってみてください。

粒あんやこしあんと一緒に食べると美味です。

他にはクリームやきな粉も合いそうです。

いろいろカスタム出来るのも手作りおやつの魅力ですね。

きなこおにぎり

きな粉に砂糖を入れます。握ったおにぎりにそのきな粉をまぶします。

たったこれだけ..

素朴でどこか懐かしくて安心する、美味しいおやつですよ。

 

最後に

いかがでしたか?

市販のおやつはめちゃめちゃ美味しくて手軽だし最強なのですが、そこに負けない手作りおやつの魅力をご理解いただけましたでしょうか?

コスパがめっちゃ良くて美味しいので、ちょっとだけタスクが増えるのさえ嫌でなければ是非試してみてください。

-料理・お菓子作り

© 2020 よしパパの育児サロン