育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

おすすめおもちゃ

我が家で人気のおもちゃ!「アンパンマンのかぞえてABCキューブ」とは?

更新日:

育児サロンのよしです。

乳幼児のおもちやっていろいろあって何を買ったらいいか悩みますよね?

お子さんが大きくなってくれば「〇〇がほしい!!」って言ってくれるのですが(それはそれで困りますが)、何も言ってくれないのも困ります。

遊ぶだろうと思って買って遊ばせてみると全然遊んでくれなかったなんてこともよくあります。

ただ、その時産んでくれなくても成長していく中で突然遊ぶようになったり、 もし兄弟がいれば下の子が遊んでくれたりということもあるので、気にせず「遊ばせたい!」と思うものを買ってあげてください。

今回は私が買った中でよかったと思うものを一つ紹介したいと思います。

おもちゃを買う際の参考にしてみてください。




子どもにとってのおもちゃとは?

買った時は遊んでくれなくても、時間が経つと突然遊ぶなんてことがよくあります。

それに、子どもの集中力を養ったり、空間把握能力を高めたりするのに、このおもちゃでなければならないということはありません。

どのおもちゃでもお子さんが真剣に遊べば、それだけで十分です。

ちなみに、我が家は男3人。

おもちゃも当然同じもので遊ぶかと思いきや、やはり子どもによって興味のあるものは違い、結局それぞれにおもちゃを買うことになりました。

長男は意外にもおままごとやぬいぐるみが好きでした。

次男はトミカ、三男は動物や恐竜など。

一回買って終わりにしようというこちらの思いとは関係なしに、結局それぞれにおもちゃが必要でした。

そんな中でどの子も比較的遊んでくれたのが「アンパンマンのかぞえてABCキューブ」でした。

乳幼児にピッタリのおもちゃはこれ!!

私がお勧めするのは、「アンパンマンのかぞえてABCキューブ」です。

どのお子さんも比較的よく遊んでくれてなおかつ知育にも良いとのことだったので私も出産祝いや1歳のお誕生日にプレゼントさせてもらったことがあります。

出産祝いに渡したのはアンバンマンではなくプーさんでした。

プーさんはプラスチックなので小さい頃から舐めて遊んだりもできるかなあと思ってそちらにしました。

我が家で使っているアンバンマンは紙製です。特にアンバンマンが好きというわけではありませんでしたが、なぜアンバンマンを選んだかというと、箱の側面にいろいろな絵や数字やアルファベットが書いてあって知育にも役立つかなと思ったからです。

メリット

・知育に役立つ

このおもちゃは箱型なので、側面が4つあります。

そこにキャラクターの顔、数字、アルファベット、木のイラストが書いてあります。

面を合わせて積みあげると数字やアルファベットは順番に並びますし、木のイラストは1つの大きな木になります。

最初文字の意味がわからなくても、箱の大きさを見て順番に並べさえすれば、数字やアルファベットも順番に並びます。

箱の大きさを把握するのに空間把握能力が育ちますし、そうやって遊んでいるうちに数字やアルファベットも覚えていくかなあと思っています。

我が家の次男ですが、最初はアルファベットを気にして遊んだことはありませんでした。

そのうちお笑い番組で「T」だけ覚えたようでした。

すると、遊んでいた時に突然「これは 「T」だよね!」とうれしそうに話し始めました。

何がきっかけで物事を覚えていくかはわかりませんので、あちこちにイラストのように数字やアルファベットがあると関連づけて覚えられていいなぁと思って見ていました。

・電池などが不要で長持ちする

最近のおもちゃは電池を使用するものが多いです。

おもちゃに使う電池はすぐになくなってしまいます。

それに、ちょっと遊んでしばらく遊ばなくて、またちょっとだけ遊んでまた遊ばない期間が続く…という感じでなかなか電池が有効活用できないことが多くあります。

しかし、このおもちゃは電池を使いませんので、遊ばない期間が長くなってもほとんど気になりません。

いつ遊んでもいいように部屋の片隅にあります。

電池を使うとなると、入れるのか面倒だから、電池を使うのがもったいないからという理由で早々に押し入れに閉まってしまうこともあるのですが、電池を使わなければいつまで置いていても問題ありません。

・紙製なので、安全安心

紙の割にものすごく丈夫で、子どもが箱の上に乗ってもそうそう壊れません。

我が家では箱を点々と置いて、その上に足を置いて歩き「アスレチックごっこ~」と言って楽しんでいました。

作っていただいた企業の方には大変甲し訳ないのですが、そういう遊び方もあるのだなぁと思いました。

それに紙だと環境にもやさしいです。 捨てるときも燃えるゴミでいいですしね。

・いろいろな遊び方ができる

うちの子たちはそれぞれがそれぞれの遊び方で楽しんでいました。

長男は面をすべて合わせて一つの絵ができるように積み重ねていましたし、次男は横に並べて階段のようにしてそこでトミカを走らせたりしていました。

三男はまだ小さいので適当に積んでは壊しての繰り返しで遊んでいましたが、最近は兄弟で隠しっこ(箱の下にビー玉を隠してどの箱に入ったかを当てるゲーム)をして遊んでいます。

乳幼児の期間は6年ありますので、その期間ずっと使えてとてもお得です。

うちは兄弟お下がりで使っているので、今のところ約6年使ってますし、これからも使えると思っているので本当に助かっています。




デメリット

・汚れが取れにくい

私が思うデメリットは、紙なので汚れてしまったときにきれいに取りきることができないという点です。

箱の表面はきれいにフィルムでコーティングされていますので、汚れても大丈夫です。

ですが、箱の裏面は普通に紙のままなので、ここに何かこぼしたりすると拭き取りきれません。

我が家では箱を裏返してレゴや砂利などを入れて遊んだりしたので、箱の裏も十分活用されています。

ですので、頑張って拭きはしましたが、ちょっと汚れが残っています。

一般的な使い方をしない我が家が悪いので特に気にするところではないのですが、子どもの遊びはいつも予想外なので、私もまさか裏面が汚れるとは思っていませんでした。

ですので、もし購入された方がいらっしゃいましたら、裏面を使った選びには要注意です。

最後に

いかがでしたか?

ポイント

・買ってあげるのは、あくまでもお子さんがほしいと思っているおもちゃです。

・このおもちゃは長期間遊ぶことができて、電池不要です。

・知育にも役立つので、プレゼントにも適しています。

・紙製で汚れやすいのがちょっと気になるところです。

このタイプのおもちゃはたくさん売っていますので、他のキャラクターでよさそうなものがあればそれを買って使っていいと思います。

金額もお安いので、試しに買うにはちょうどいいかなと思います。

 

よし
この記事はサロン生のSさんの体験をお話しして頂きました。

おもちゃは種類がたくさんあって迷いますよね!

ぜひご参考にしてみてください

 

 

-おすすめおもちゃ

Copyright© よしパパの育児サロン , 2020 All Rights Reserved.