プール

【コロナ対策】マンションでもOK!家庭用ビニールプール遊びの方法とは?

育児サロンのよしです。

コロナの影響で夏の水遊びが制限されてしまった場所が多いのではないでしょうか?

うちの子の幼稚園のプールは中止になってしまいましたし、通っていたスイミングスクールも営業休止中なのです。

市営プールも営業再開しているところは多いですが、一部利用制限中になってしまったり・・・

しかし、まだ沢山の人が集まる場所に子どもを連れて遊びに行くのは何となくまだ抵抗があります。

プールは暑い夏でも全身運動が出来る貴重な場所なだけに、今年の夏の過ごし方はどうするべきなのか困りますよね?

そこで今回は、自宅でできる水遊びということで家庭用ビニールプールについてご紹介していきます。




コロナでプールに入れない

市営プールなどは緊急事態宣言解除にあたって営業再開しているところが多いです。

プール側もコロナウイルスの感染対策として様々な策を講じていますし、水中でのコロナウイルスの感染リスクの低さを発信したり、室内型プールにおいては湿度の管理を徹底するなど利用者が安心できる仕組みを作ってくれています

しかしながら、人があまり密集してしまったらどうするのか、また小さな子どもは大人が思った通りの行動が出来ないことも多いのでまだ不安を感じる方は多いと思われます。

水遊びが子どもへもたらすいい効果

プールに入りにくい状況となっていますが、水遊びは子どもの成長にとって非常にメリットがあります。

特に幼児期は五感を使った遊びが知育にピッタリであるため、目や耳、触った時の感覚を楽しむ遊びは子どもの心を大きく成長させてくれます。

ポイント

水遊びは「水が冷たい」という温度の感覚や「水の柔らかさ」という触った時の感覚を知る事ができます

暑い日に冷たい水を触ることの気持ちよさを知り、そして光が反射してキラキラ光る水の状態を見て「きれいだな」と感じる心を育てる事が出来ます。

さて、せっかく夏が来るのだから、「子どもにとってメリットの大きい水遊びをさせてあげたい!」と感じても、今年は大きなプールは難しいかもしれません。

そこで、プールでの水遊びの代わりになる方法をご紹介します。

お風呂で水遊び

自宅のお風呂に大体30~31℃程度の水をはり、水遊びをする事が出来ます。

外の水遊びに比べたら解放感は半減ですが、暑い日でも水浴びで体温を下げることができ、熱中症予防にも最適です。

ペットボトルやプリンなどの空き容器を入れてあげると楽しく遊んでくれますよ。

水鉄砲で水遊び

水鉄砲、結構大きくて水も沢山放水出来るタイプのものも多く市販されています。

お風呂で遊んでもいいし、公園にて親子や兄弟で水をかけあいながら遊ぶことも出来ます。

100均にも水鉄砲は揃っているので、気軽に遊べます。

川や海などの自然の中で水遊び

綺麗な海や川を探して、遊びに連れて行ってあげるのも自然を感じながら開放的に楽しめるのでオススメです。

6月19日以降、首相も緊急事態宣言の解除を受けて他府県への移動はOKということになりましたので、自然環境で水遊びをすることは可能です。

注意

ただし事故なども発生しやすいので、必ず親子で一緒に遊び、危険な場所には行かないように心がけることが大切です。

マンションでもOK!ビニールプール○○選

INTEX(インテックス) プール プレイボックスプール

こちらのビニールプールは非常にコンパクトです!

この大きさならマンション住まいの方でも大丈夫だと思います。

値段もリーズナブルで、プールの底にはエアークッションが入っているのでもし子どもが滑って転倒しても安心です。

INTEX(インテックス) マイファーストプール

更に小さい家庭用ビニールプールです!

直径が61㎝、高さ15㎝なので赤ちゃんでも安心して楽しめるサイズ感です。

INTEX(インテックス) イージーセットプール

こちらのINTEX(インテックス) イージーセットプールは、直径約4mもあるかなり巨大なプールです。

これなら子どもはもぐったり、少し泳いだりできる大きさなので、家庭でも水遊びを十分に満喫できるはずです。

庭の広い方は是非試してみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたか?

コロナによる自粛中でも家庭用ビニールプールなら安心して楽しめるはず!

「うちはマンションだからなあ..」という方でも楽しめる大きさのビニールプールもあるので、この夏はぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

ご参考にしていただけると幸いです。

-プール

© 2020 よしパパの育児サロン