育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

離乳食

5・6ヶ月頃からの離乳食!楽に作る方法や便利技とは?

投稿日:

育児サロンのよしです。

5~6か月ごろになると徐々に始まる離乳食、親や兄弟が食べ物を食べ始めると必然的に母乳やミルク以外に興味を持ち始めます。

おもゆをスプーン1杯から徐々に裏ごしした野菜や果物を加えてみるなど段階を踏んで食べさせます。

ですが、初めて離乳食を作る場合どうやって作っていいのか分からない、兄弟のお世話をしながらの離乳食は大変などなど

そんな方に必見!!

離乳食づくりが楽になるような便利技を紹介します




離乳食づくりに便利なフリージング技

フリージングとは離乳食を冷凍する方法です。

手作りした離乳食を冷凍するので、保存料なども入っておらず、さっと作りたいという時にとても便利な方法です。

フリージングに使う道具は蓋の付いた氷を作るための容器と、ハンドミキサーがあるといいでしょう。

ミキサーがない場合は裏ごし器とゴムベラなどで十分です。

冷凍する前は氷を作る容器を綺麗に洗い干しましょう。

消毒をする道具に付け込んでもいいでしょう。

茹でたジャガイモやニンジンを裏ごしして器に移したり、ジャガイモやニンジンに玉ねぎなど数種類の野菜を混ぜて容器に移してもいいでしょう。

解凍するときはレンジでチンするだけ。

いろんな野菜を組み合わせればポテトサラダやマッシュポテト、ベビー用のうどんと混ぜて煮込んで野菜たっぷりの煮込みうどんやポタージュ作りなど簡単に作る事ができます。

この方法なら忙しくてもすぐに食事を用意することが出来たり、食品に含まれている栄養素も特に壊すこともないのでお勧めです。

冷凍する場合、容器に1回分の離乳食を詰めましょう。

また蓋をする際は離乳食の荒熱をしっかりとってから蓋をしないと内蓋に水蒸気が付着し、そこから雑菌が繁殖するので熱々のまま蓋をしないでください。

 

親の食事から取り分ける

冷凍ではなく毎回出来立ての離乳食を食べさせたい。

そんなママには親の食事を取り分けるという方法もあります。

ただ単純に親の食べるものを与えるのではなく、例えば煮物の場合味を付ける前の野菜を別に取り分けて、赤ちゃん用のだし醤油を使って薄味に仕上げたり、魚の場合も取り分けて細かく刻んで食べさせるという方法があります。

味を付ける前に取り分けるので、塩分の与えすぎという心配もないでしょう。

加工品の場合は塩分や脂質の与えすぎや、1歳未満の赤ちゃんには与えてはいけないハチミツ、更にアレルギーを持っている子はアレルギー物質を与えることになるので大人が食べる加工品はお勧めしません。

ベビーフードを売っている処には、赤ちゃん専用の加工品、塩分が含まれていない水煮のツナ缶や小麦粉を使用していないカレールーなど様々な便利アイテムもあります。

加工品を使用する場合は赤ちゃん専用のを利用しましょう。

ベビーフードも時間がない時におすすめ

お母さんの体調が優れない時、仕事を始めてどうしても時間がないという場合、ベビーフードもお勧めです。

無添加のものが多く、薄味で作られているので忙しい朝や体調が悪い時にはお勧めです。

炊いたご飯の上にかけるものや、おかずとして出すものまで様々です。

お湯を入れて混ぜるだけのフリーズドライタイプから瓶やレトルトパウチに入っているものまで形状はさまざまです。

お出かけの際は箱に入っている離乳食が便利で、箱の中にはご飯とおかずが入っているので外でもしっかり食べさせたいというお母さんから人気です。

ベビーフードは愛情がない、手抜きではと思う方もいるかもしれませんが、忙しいお母さんや体調が優れない時とても重宝されているので試してみるのもいいでしょう。

災害が発生した場合も赤ちゃんの非常食としても便利です。

離乳食を作る上での注意点

離乳食を作る上で気を付けなければ行けないポイントがあります。

 

①食材は同じ大きさに切りそろえましょう。

1つ目は食材は同じ大きさに切りそろえましょう。

特にフリージングする場合、食材の大きさがバラバラになると加熱時間もばらつきが出てしまい、しっかり加熱されていないと固くてつぶれない物も出てきてしまいます。

誤嚥の原因にもなりま寝ないので、食材の大きさは揃えましょう。

 

②月齢にあった食材を使う

2つ目は月齢にあった食材を使う事です。

例えば卵の場合、最初は黄身の部分を少量から始めます。

もちろん加熱して与えますが白身にはアレルギー物質が含まれています。

いきなり全卵、しかもしっかり加熱されていないものから始めるとアレルギーになる場合もあります。

他にも魚は種類によって6か月から使用できるものと離乳完了期の1歳から使用出来るものなど月齢によって使える食材も異なる為、必ず与える前には今与えて良い食材かどうか確認をしてからにしましょう。




最後に

大人も子供も健康な体つくりは毎日の食事からです。

特に幼少期は体が作られる大切な時期であり、バランスのいい食事が大切です。

なるべく、毎日手の込んだメニューを出してあげたい、でも忙しい時やおなかが空いて泣いていると直ぐに出来る離乳食が便利です。

フリージングならレンジでチンしてさっと出すことが出来るので、赤ちゃんを待たせる事がなくさっと出して食べさせる事が出来るので親のストレスも軽減されます。

親と一緒の物を食べさせたいという時は味を付ける前のものを別によそって赤ちゃん用に味付けしなおしたり、ちょっとした工夫で離乳食は簡単で楽しく作る事が出来るでしょう。

親と一緒に楽しく食べる事で食に関して興味がわき、食べることへの楽しさを覚えます。

形状も最初はおもゆ、裏ごししたペーストから舌で潰せる固さ、手づかみで食べれるメニューなど月齢によって形状をかえて行きましょう。

また、赤ちゃんはその時によって食べ具合も異なります。

昨日は食べたのに今日は食べない等ムラがあります。

そんな時も焦らず、赤ちゃんのペースに合わせて楽しく食事を取る様に心がけてみてください。

よし
この記事はサロン生のWさんの体験談を記事にして頂きました。

Wさんは栄養士の資格をもつママです。
ぜひご参考にしてみてください。

-離乳食

Copyright© よしパパの育児サロン , 2019 All Rights Reserved.