育児書

【育児書】人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まるを読んでみて

育児サロンのよしです。

赤ちゃんが急成長する3歳までの時期において、親はどのように子どもに接していけばいいのか?

3歳までに、子どもの心と体を動かす脳の80%が完成されることが分かっており、育児はお母さんのお腹の中にいるときから始まっています。

そういうデータがあるからこそ、幼児期の教育が重要であると考えられています。

福岡新水巻病院周産期センター長の白川嘉継氏は新生児医療に25年もの間携わり、小児科医として多くの子育てに悩む親の支えになってきました。

この長年の経験を活かし、「人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まる」を出版し、多くの親、保育関係者の支持を受けて9刷3万部を超えるロングセラーとなっています。

そこでこの記事では、「人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まる」より、「子どもの3歳までの育て方」をご紹介していきます。




人生の基盤は3歳まで決まる?

「人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まる」を読み、やはり新生児医療に長期間携わられた先生だからこそデータとしても説得力があるなと感じました。

人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まる: 人生でいちばん大切な3歳までの育て方

なぜ人生の基盤は3歳まで決まると言えるのか

赤ちゃんは生まれたときから五感が発達している

白川氏は「意外に知られていないことですが、赤ちゃんは生物学的に必要な機能をほぼ備えて生まれてきます」と言います。

まずは聴覚ですが、生まれたときには既に80%完成しているとのこと。

言語野の発達は在胎30週ころから始まっていて、ある研究では生後わずか数時間の赤ちゃんが母国語と外国語を聞き分けられるとの研究結果もあるそうです。

次に嗅覚ですが、新生児の嗅覚は一般的なにおいに対しては成人とほぼ同等と言われています。

母子同室にしておくと6~10日で自分の母親の母乳と、他の人の母乳のにおいを嗅ぎ分けられるようになるそうです。

視覚は、生まれてすぐの視力は0.03ですがコントラストは分かっており、20~30㎝程度のところには焦点が合うようです。

触覚は五感の中で最も早く発達することが知られています。

というのも赤ちゃんは在胎9週頃からお母さんのお腹の中で指を口に入れたり、顔や身体、へその緒に触れて遊んでいるからです。

胎児エコーで赤ちゃんが指しゃぶりをしている画像を見ることも出来ることもあるようです。

3歳までに脳の80%が完成する

白川氏は「私たちの身体および情動をつかさどる「脳」は胎児期から3歳までに約80%が完成する」と言います。

出生後の脳重量の増加曲線で見ると5歳頃まで急速な増加が見られ、その重要な基盤は3歳までに完成するとのこと。

そして子どもは触れるものや見るもののすべてをスポンジのように吸収していき、3歳までに作られた脳がその後の人生を生きていくための基盤になるそうです。

「心」も3歳までに基盤が出来上がると言います。

たくさん抱っこされ、心地よさを与えられて育つと、自身も他者と触れ合い、心地よさを与えることが出来るようになります。

極端な例ですが、戦地で育った子どもは他者を攻撃したりされたりしても動じないように脳は心を変化させます。

なぜ幼少期の環境で大きく脳が変化するのか

人間は社会を作る生き物であり、生まれ落ちた場所の環境条件や、その時代の常識や価値観に適応できなければ生きていくことが困難になるからです。

僕も驚いたのですが、この変化は胎児期から始まっているとのこと。

赤ちゃんは、母親の日常生活や感情の変化を胎盤を通じて敏感に察知して外界を知るのだそうです。

そして出生後急速に発達していく脳はその環境に順応していきます。

古い脳と言われる「大脳辺縁系」は出生後に急発達し、3歳頃の時期にかなり完成に近づきます。

この「大脳辺縁系」は喜怒哀楽の感情に関わる「扁桃体」や学習能力やストレス耐性に関わる「海馬」が存在します。

これは普段僕たちが「心」と呼んでいるような情動をつかさどる中枢で、すなわち僕たちの「心」が育まれるのも脳が作られる胎児期のごく初期から始まり、3歳頃までにはほぼその基盤が出来上がると言えるのだそうです。




最後に 「人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まる」を読んでみて

「人生の基盤は妊娠中から3歳までに決まる」では先ほどご紹介したように、3歳までに人間の脳の大部分は完成するという前提の上で、3歳までの各時期における子どもへの上手な関わり方をご紹介してくれています。

非常に分かりやすく、僕自身子どもへの接し方を見直すきっかけになったのですが、一方で「4歳以降も親のかかわり方で子どもは大きく成長できるのでは?」と感じています。

しかし全体的に科学的根拠のある話であるだけに、子育て世代にとって参考になる部分は大きいと思います。

-育児書

© 2020 よしパパの育児サロン