心のすれ違いを防ぐ!日常生活で彼氏と確認しておきたい5つのこととは?




モテクリエイタ―のよし(@yoshiafr)です。

すれ違いというのはよくある話です。

これは別に相手と会えないではなく、精神的な問題であると思って下さい。

はっきり言いますが、心のすれ違いの原因というのは、自分が独りよがりになってしまっている可能性があると思って下さいね。

人間という生き物は基本的に傲慢な生き物です。

傲慢な人間ほど愚かな者はありません。

 




常に謙虚さを持ち続ける事

人間は傲慢であるとは言いましたが、これは誰の心にもあるものです。

これは普段から調子に乗らず、常に謙虚さを持ち合わせるようにするという事です。

誰でも調子に乗っている時や上手く行っている時は傲慢になるんですよ。

自分では意図していないかもしれませんが、調子に乗っている時ほど注意しなければいけません。

何故かと申しますと、知らない間に相手を見下している可能性があるからです。

男女の仲でもそうなのですが、初期の頃はお互いに遠慮があったと思います。

しかし、距離が縮まるにつれて、精神的にドンドン相手とは距離が出来てしまうものです。

親しき仲にも礼儀ありという言葉通り、人間は調子に乗るとズケズケと言ってしまう事があるので注意しておかないといけません。

当然ですが自分の非というのは自分では気づけ無いものなんですよ。

相手からすれば嫌味だと思われてしまう事があるので、自分の言動が正しいと思っているような人間は今からでも気をつけないと後から後悔する事になるでしょう。

謙虚さを持つというのは難しいものではありませんが、相手の嫌がる事は止めておいて下さい。

 

経験を積む

この経験を積むというのは、広い視野を持つという意味になります。

仕事でもそうだと思いますが、柔軟な発想や判断が出来る人間の方が強いのです。

この広い視野を持つという事は、固定概念を捨てるという事を意味すると考えて下さい。

固定概念というのは人間の常識とは異なります。

常識というのは世間一般のルールなので誰にでも大体は共通するものです。

 

 

 

 

しかし、固定概念というものは、自分の中でのみ凝り固まった勝手な考えに過ぎません。

この固定概念を相手に押し付けるような女性、実はとても多いんです。

 

 

 

自分の親兄弟もこうだった、他の友達もこうだったとかいう発想は残念ながら他の方に通じると思わないで下さい。

相手と合意の上であれば良いのですが、明らか相手が納得しておらず渋っているような状態で、自分の固定概念を押し付けてしまうと、当然すれ違いというものは起きます。

視野が狭く自分の殻の中に閉じこもっているような人間には結構ありがちの話ですね。

経験を積むというのはそれほど難しいわけでもなく、固定概念自体簡単に覆せる事も可能です。

自分の興味ある事は否定せず何でも挑戦していったら良いだけですよ。

経験を積むというのは何でもやることです。

 

嫉妬をしない

嫉妬というのは強欲同様厄介なしろものです。

特に女性は嫉妬をしやすい生き物です。

ちょっと連絡が取れなかった程度で浮気だと、自分の勝手な思い込みで相手を叩いたり、勝手に別れ話をするような女性はとても多かったりします。

嫉妬というのは、とても醜いですね。

自分の勝手な想像、そして自信のなさにより相手を縛り付けている可能性があります。

 

 

嫉妬をするというのは、自分に自信がない事を意味していると考えて下さい。

自分に自信の人間というのは多いものなのですが、相手に直接怒ったり行動を制限するような束縛をする人間はいけません。

束縛自体一番迷惑なものですからね。

基本的には女性よりも男性に多い束縛ですが、勝手に相手の行動を制限し怒り狂っているような人間は迷惑極まりないものがあると自覚しておいた方が良いでしょう。

浮気などに関してはもちろん相手が悪いのですが、自分に魅力がなく努力していないような人間には偉そうに言う資格がないというのは理解して下さい。

嫉妬をするなというのは、思い込みをするなという意味にも当たります。

女性は感情的で物事を進める傾向があるため、思い込みで先走りしてしまうんです。

 




悪い所を言ってもらう

あえて相手に自分の悪い所を言ってもらうというのもありです。

これは嫌がる女性も多いのですが、自分に悪い所がないと思っている人ほど落とし穴にハマりやすいんですよ。

お互い遠慮して相手に自分の悪い所を言わない方も多いです。

しかし男女ともにこれはちょっと嫌だと思っているような人物もいるので、時々悪い所を言ってもらい自分の悪い所を見直す事をしないといけません。

このやり方は物凄く嫌がる方が非常に多いと思って下さい。

何故なら誰でも自分の悪い所を言われてしまうと良い気がしないからです。

当然の事を言いますが、これは嫌味ではありませんよ。

ここでやってはいけないのが自分の悪い所を言われたからと言って、ふてくされてしまっては意味がありません。

それ以前に自分の悪い部分と向き合わなければ、相手とずっと続くけていくのは無理ですね。

大半女性は自分の悪い所を言われてしまったら、言い訳から入るため自分の非を認めようとはしないんです。

自分の非を認めないような人物ほど、自分は正しいと思いこんでいる傲慢な人物になります。

確かに自分の非を認めるのは嫌かもしれませんが、何がいけないのか解決していかなければ始まりません。

正解なんて、恋愛や男女関係にはないです。

 

ルールを作成する

すれ違い自体を防ぐには、ある程度ルールを設定しておきましょう。

 

このルールというのは何かという事ですが、メールや連絡、デートの頻度などある程度細かいラインになります。

絶対ではなく行ける時のみというゆるいルールで問題ありません。

簡単なものだと「メールや連絡の頻度は最低でも1日1回のみ行う事」「基本的に電話は緊急以外にはしない」「デートは週に1回程度で行う」などルールを作成しておくと、すれ違いはなくなります。

メールが1日1回というのはかなりありえない事かもしれませんが、男性というのは女性とは異なりそんなに連絡が好きではないのです。

女性のように何日も何日もメールを送っていると、男性はげんなりしてきます。

仕事の依頼のように内容のあるものであれば良いのですが、女性の場合は中身がない薄っぺらいメール内容が多いですね。

電話なども別に会えば良いだけの話なので、自分の時間を削ってまで行う必要はないでしょう。

たまに夜中相手が寝ている時に連絡をする方もいるようですが、これは迷惑極まりない行為になります。

彼女が電話しているんだから出るのが当然と思っている方もいますが、相手の立場を考えないでしているような行為になるので、絶対に止めて下さい。

 

友だち追加

らぶいんふぉのLINE@公式アカウント、友達に追加してやってください

 

最後に

心のすれ違いにならないためには、独りよがりで行動をするのを止めましょう。

彼氏というのは自分の恋人ではあるのですが、何でも言うことを聞いてくれる人間ではありません。

すれ違いになってしまうような人間は、独りよがりにならないようにしないとだめです。

そうしないと彼氏だけではなく、友達や大切な人を失ってしまう事になります。




おすすめサービス

■らぶいんふぉLINE@公式アカウント

こちらのLINE@では、無料の恋愛サロンをやっています。

ご気軽にご参加ください。

友達に追加してやってください。

 

 

公式LINEスタンプ

ブログキャラをかわいい感じに仕上がっておりますので、よかったらご利用下さい

購入はこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です