写真

子どもの写真がいっぱい!写真の保存方法とは?

育児サロンのよしです。

子どもが生まれてからというもの、撮る写真の枚数が激しく増えました。

昔撮った写真を眺めていると、「おや、この写真はなんで撮ったんだったかな?」と分からなくなってしまうような写真も混じっており、とんでもない枚数の写真を撮影していることが分かります。

昔は一家に一台カメラがあって、それで家族の記念写真やらスナップ写真を撮ってたと思うのですが、最近はみなさんスマホですよね。

画質もいいし、素早い動きをしているわが子をとっさに撮影したいときにはピッタリですから。

しかしスマホで便利に撮影できる分、パパが撮った写真、ママが撮った写真、おじいちゃんおばあちゃんが撮った写真と個人ごとにとんでもない枚数を撮る時代になったので、写真の整理が大変です。

どこに保存するべきなのか、そして撮影した写真はみんなどのように楽しんでるんでしょうか?

そこでこの記事では、子どもの大量写真をどこに保存するべきなのか、そして撮影した写真データをどのように活用したら良いのかをご紹介していきます。




クラウドに保存

今や写真はデータ化してクラウドに保存する時代です。

一昔前はクラウドに保存するのは手間がかかって大変だしお金もかかるしであまり良いことはなかったように思います。

しかし現在はクラウドに便利に大容量を保存できる方法があるので子育て世代にはオススメです。

それではさっそく、クラウド保存する場合の種類をいくつかご紹介していきます。

Googleフォト

Google フォト

無料
(2020.06.08時点)
posted with ポチレバ

・完全無料

・顔認識機能あり

・位置情報が付く

クラウドサービスの中でも最も使いやすい部類にあるのがこのGoogleフォトです。

無料でGoogleアカウントさえ作成してしまえば、写真や動画を無料で無制限に保存する事ができるからです。

撮影枚数が多くなりがちな子どもの写真もしっかり保存できるので、子育て世代にはピッタリ!

パパとママとそれぞれ撮影する枚数が多くても、各々のアカウントのGoogleフォトに保存が出来るので安心です。

ちなみに最近はGoogleフォトの使いやすさも格段にアップしています。

顔認識機能がついているので、「子どもはこの顔」というように一度登録しておけば、子どもの名前で検索すると該当する写真を全て見る事ができるようになっています。

この顔認識機能が非常に精度が高く、若いときの写真と歳を取ってからの写真も合致させてくれます。

他にも時期で検索したり、場所で検索する事が出来るので思い出を見るときにはとっても便利です。

ひとまず撮影した写真をすべてGoogleフォトに保存しておき、例えば実家の両親に「実家で過ごした際の写真を送りたい」と思い立った際は、Googleフォト内において実家の周辺の住所で検索すれば該当する写真をすべてひっぱりだして来てくれます

自動バックアップ機能がついているので、万が一スマホが壊れても安心です。

icloud

iCloud Drive

無料
(2020.06.08時点)
posted with ポチレバ

・ios端末を使う人向け

・画像は綺麗に保存できる

・無料枠が決まっている

iphoneやipadで撮影した写真を保存するならicloudはオススメです。

撮影した時のままの解像度やファイル形式でバックアップが出来るので、他のどのios端末からも綺麗な写真や動画を見る事が出来るのが良いところです。

注意

cloudは無料の枠が決まっており、5GBを超えた分は有料になります

50GBのプランで月額130円(税込)となるので、年間で考えると1560円のコストがかかってしまう計算になります。

5GBなんてすぐに超えてしまうと思うので、無料で使いたいという方にはあまりオススメできません。

みてね

家族アルバム みてね

無料
(2020.06.08時点)
posted with ポチレバ

・容量無制限で無料

・家族みんなそれぞれアカウントを作成して利用する

・フォトブックも作れる

子どもの写真を家族間で共有したいときは「みてね」がオススメです。

容量は無制限で無料でアップロード出来て、写真にみんなでコメントを残すことが出来ます。

一か月ごとに写真を整理してくれるので、子供の成長も分かりやすいです。

毎月自動でフォトブックを作成することも可能。

デジタル機器を持たない家族(ひいおばあちゃんなど)には、フォトブックを送ってあげる事ができます。

A5サイズで23枚のフォトブックが1冊490円で作れます。

外部記憶媒体を使う

クラウドサービスは無料で大容量を保存できる半面、そのサービスが終了してしまったら全てのデータが吹っ飛んでしまうというデメリットもあります

またGoogleフォトなどは非常に便利で高機能ですが、セキュリティの面から「自分の子どもの情報をGoogleに入力するのは気持ち悪い」と考える方もいるので、その場合は外部記憶媒体で自宅で保存するという方法がオススメです。

使いやすい代表的なものをいくつかご紹介していきます。

HDD(ハードディスクドライブ)

・大容量で安い

・読み書きが少し遅め

・長期間使うと壊れるかも

HDDはとにかく大容量保存が出来て安いというのがポイントです。

大きめのデータを保存する人、例えば一眼レフカメラで子どもの写真を撮る人などにオススメです。

オススメはこちら。特殊な端子で接続するタイプのモノも多いのですが、USB端子で接続できる大容量HDDがオススメです。

 

SSD

 

・それなりに大容量

・HDDよりコンパクト

・壊れにくい

・読み書きが速い

SSDはHDDに比べ少し割高感はありますが、コンパクトで読み書きも早いのでオススメです。

壊れにくいというのが大切なデータを長期間保存できるメリットです。

写真保存用として考えれば、大きめのファイルで撮影していてもうちは10年以上は利用できそうなので十分だと思います。

他にはUSBやDVDへの保存という方法があります。

割安な価格で大容量を保存でき、ディスクなどを傷つけない限りは長期保存も可能になりますが、専用の読み込み機が必要になるので現代ではあまりオススメ出来ません。

最後に

いかがでしたか?

子どもの写真の保存方法をクラウドと外部記録媒体の2種類にわけてご紹介しました。

それぞれメリットデメリットがありますが、万が一の時のためにクラウドとSSDなどの両方にデータ保存しておくことをオススメします

ご参考にしていただければ幸いです。

-写真

© 2020 よしパパの育児サロン