炭酸飲料

炭酸飲料はいつから飲めるの?時期や注意点とは?

育児サロンのよしです。

みなさんは子どものころ、何歳くらいから炭酸ジュースを飲み始めましたか?

おそらく人それぞれだとは思いますが、子どもには何歳から炭酸ジュースをあげていいのか悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回は、炭酸ジュースは子どもにいつから飲ませても大丈夫か?をご紹介していきます。




炭酸飲料について

炭酸飲料、美味しいですよね。

ちなみに自分がは子どものころは母親が「炭酸飲むと骨が溶けるよ!」とよく言われていました。

自分が好きだったのがこれです。

炭酸飲料で骨が溶ける?

炭酸飲料は、水に二酸化炭素をいれてしゅわしゅわにし、糖分やフレーバーをミックスした飲み物です。

「炭酸を飲むと骨が溶ける」という噂をお聞きになったことはありますか?

参考

これは炭酸が酸性であり、骨を酸性の液に浸しておくとカルシウムやマグネシウムを溶かしてしまうから言われるようになった説のようです。

骨をコーラに浸しておいたところ、もろくなったという実験がこの説の元ネタになっているようです。

ちなみに、炭酸飲料を飲んで歯や骨が溶けるというのは迷信みたいです。

口から炭酸飲料を摂取する分には、骨と炭酸が触れ合うことはありませんし全く問題ないと考えて大丈夫だと思います。

歯は大丈夫なの?

骨を炭酸水に浸しておくと溶けるのであれば、心配になるのが子どもの歯のことですよね。

炭酸飲料を飲むときにはどうしても歯に触れてしまうので気になります。

調べたところ、歯は酸性の環境下において溶け始めると言われています。

ポイント

具体的には歯が溶け始めるPHは5.5であり、メーカーにもよりますがほとんどの炭酸飲料がPH5.5以下となります。

そう考えると、炭酸飲料をあまり頻繁に飲み続けると歯に悪影響がある可能性があります。

特に子どもの歯は大人に比べてまだまだ組織が柔らかいので、炭酸飲料の飲みすぎで歯が溶ける可能性があります。

唾液が口腔内を中性に保つ働きを持っていますが、唾液の分泌量が減る夜の寝る前などに飲む習慣を持つと歯へのダメージが大きくなることを注意したいです。

いつから飲ませていいのか?

炭酸飲料については特に「いつから飲めるようになりますよ」という指標はありません。

しかし注意しなければならないポイントが2点あります。

糖分の摂りすぎに注意

炭酸飲料には大量の糖分が含まれています。

のど越しがいいので、大人でもついついたくさん飲んでしまいがちな炭酸飲料ですが、透明な炭酸水(ソーダ、サイダー類)は、その糖類はコップ1杯で約20gの糖分が入っています。

つまり、コップ1杯に対して大さじ2杯分もの砂糖を溶かして飲むということなのです。

溶かすのも一苦労しそうな分量です。

ちなみに炭酸飲料500mlに対しては、なんと角砂糖10~16個分もの糖類が入っているという計算になりますので、子どもは特に糖分の摂りすぎに十分注意する必要があります

満腹感に注意

炭酸飲料は糖分が多く含まれているので、また、炭酸ガスがお腹を膨らますので、ちょっと飲んだだけでも満腹感を感じやすいです。

そのため食事しっかりバランスの取れた栄養をとらなくてはならない子どもは特に、飲むタイミングを気を付けなくてはなりません。




結局、炭酸飲料はいつから飲ませるべき?

炭酸飲料は健康面で考えるとあまりメリットはなく、デメリットの方が大きいので子どもには積極的に飲ませる必要はなさそうです。

しかし、「周りの友達が飲んでいるのにぼくだけ飲めないのはなんで..」と感じてしまったら可愛そうなので、理想は小学生くらいになったらすこしずつ飲ませてあげるのが良いかもしれません。

例えば誕生日パーティやクリスマスなど、特別なイベントがあるときだけ、飲む機会を作ってみてもいいかも知れません。

最初に炭酸飲料を飲ませたときの体験談

周りのパパやママに聞いてみると、炭酸デビューは予想だにしていないタイミングで、特に自分の家以外でしてしまうという体験談をよく聞きます。

うちの子は幼稚園に入ってから飲みだしたので、周りに比べて少し早かったかもしれません。

ちなみにわが家では年に一回お盆に田舎に帰るのですが、その際に親戚の家で「カルピスソーダ」が出されているのを子どもが見て、「飲みたい!」と興味を持ったことがきっかけで炭酸デビューしました。

息子は4歳になったばかりだったので、僕らの予想では「しゅわしゅわが変!」と言って飲まなくなるかなと予想していたのですが見事に予想が外れ、とても美味しく頂いていました。

その出来事をきっかけに、息子はことあるごとに「しゅわしゅわが飲みたい」と言うようになったので、量に気をつけながら、そしてあまり頻繁に飲ませすぎないように注意しながらあげてます。

少しデビューが早いかなとは思うのですが、遅すぎて僕のように大人になってからもコーラ大好きになってしまうよりは良いかなと思うようにしています。

また、飲む前に「今日はこれだけね」と事前に約束をしてから飲ませるようにしているので今のところ炭酸飲料のせいでごはんが食べられなくなったということもありません。

保護者がしっかり飲む量・タイミングを管理できていれば、炭酸飲料ともうまく付き合っていけると思います。

最後に

いかがでしたか?

炭酸飲料デビューについてご紹介しました。

いつから飲ませていいのかは諸説ありますが、子どもが栄養バランスの取れたごはんをしっかり毎食食べられるのであればデビューしても問題はなさそうです。

よし

この記事はサロン生のIさんの体験をお話ししていただきました。

炭酸っておいしいですよね!!

でも、飲みすぎには注意しましょう。

 

-炭酸飲料

© 2020 よしパパの育児サロン