育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

体調不良・病気

子供が手足口病にかかってしまった時の対処方法とは?

更新日:

育児サロンのよしです。

子どもが突然夜な夜な熱が出てきた、手足や口腔内に湿疹のようなものが出来ていたという経験がありませんか?

その症状は「手足口病」かもしれません。

特にこの手足口病は6月から感染する人が増え、夏に流行のピークと言われています。

一般的にこの手足口病に感染する患者は5歳以下の乳幼児になり易いのですが、稀に大人も感染してしまい重症化してしまうケースもあります。

主に幼稚園や保育園へ行きはじめると集団感染でウイルスをもらってくることがあります。

この手足口病になったときの対処方法はどうすればいいか解説していきます。




手足口病の主な症状は?何度でもなるって本当?

手足口病とは乳幼児を中心に流行するウイルス性の感染症です。

潜伏期間はおよそ3~5日間で主に手のひら・足の甲や裏側・口腔内に2~3mmの水疱性発疹が出来ます。

口腔内に出来たものは食べ物や飲み物を含むと沁みて痛みを感じる事もあります。

発疹については自然と消えていくので掻きむしらない限り傷跡として残ることがありません。

38℃以下の熱が出ることがありますが、発熱を伴う患者さんは発症した人の三分の一程度です。

注意ポイント

高熱が出たり発熱が2日間続く、頭痛がしたり呼びかけても視線が合わずぐったりしている場合はすぐ医療機関を受診しましょう。

 

実はこの手足口病のウイルスは1つではありません。

風邪が何度も繰り返すのは、その原因のウイルスがたくさん存在するため、何度も掛かってしまうのです。

なぜこのウイルスは主に集団感染でもらってくるのか?

その理由は!

感染した子供同士の距離も近く、濃厚接触しやすい環境にある事、家庭の様にきちんと衛生管理がされていないこと、このウイルスに感染したことがない子供も登園する事が原因です。

 

手足口病になってしまった時の対処方法は?

 手足口病自体ワクチンがなく特別な治療はないため、自然と体内からウイルスが出ていくまで様子を見る必要があります。

口の中に発疹があると飲食がしにくくなってしまうので、柔らかく煮込んだうどん等が食べやすいでしょう。

食事が難しい場合は水分だけでもしっかり摂取する事で脱水症状を防ぐことが出来ます。

手足口病は完治しても体内に2~4週間ほどウイルスが潜伏しています。

他の人にウイルスを移さない為にも、手洗いうがいを十分行い、トイレへ行った際は良く手を洗いましょう。

オムツの子の場合は、オムツ交換に携わった親もしっかりと手を洗ったり、子供が使っているおもちゃなどはアルコールで綺麗に除菌してください。

 登園や登校の目安としては特に明確に設けられておりませんが、お子様の症状が改善し、しっかりと食事もとれて発熱や発疹が消えたら問題ありません。

プールなどの習い事をしている場合、全身の発疹が良くなってからです。

発疹の液体の中にウイルスが含まれており、この発疹がつぶれて他の人へ接触してしまうと感染してしまう可能性が大きくなります。

そのため、プールや温泉などの肌に触れる可能性がある場所では完治していないのに連れていくことは控えましょう。

 

大人が感染したらどうなるの?

手足口病そのものは5歳以下の子供が9割ですが、稀に大人も感染してしまう事もあります。

子どもの場合は症状が軽く高熱もあまり出ず自然と体からウイルスが出ていくのを待つという感じなのですが、大人は重症化しやすいです。

大人の場合は40℃近い高熱が出てしまったり、関節などの筋肉痛のような症状が現れたり、嘔吐や下痢に手足のしびれなど様々な症状が起こります。

しかし、大人の場合も同様で特効薬はありません。

そのため、大人の場合も子供と同じく辛いものや酸っぱいものなど口の中の口内炎の刺激にならないものを選び、柔らかいものや飲み込みやすいものを食べましょう。

もし痛みが強い場合は軟膏をもらったり、かゆみがひどく掻きむしってしまう場合場合はかゆみ止めを処方して貰いましょう。

大人と異なり大人は完治するまでに2~3週間かかります。

 

手足口病の感染を防ぐポイントは?

手足口病は手指の接触やくしゃみなどの飛沫感染が原因と言われています。

子どものオムツ交換でも感染してしまうため、小さな子供がいる場合は特に気を付けなければ行けません。

石鹸で手指をしっかりと洗ったり消毒やうがいをする事、子供の排泄物を処理したら交換したらその交換に携わった人もしっかり手を洗いましょう。

咳やくしゃみなど飛沫感染を防ぐために外出の際は必ずマスクを着用し、感染中は食器の共有も避けましょう。

水疱が消えても体内にはウイルスが残っている為、注意しましょう。




最後に

いかがでしたか?

手足口病はほとんどの子供が1回は感染してしまうほど、かかりやすい病気です。掛かってしまっても慌てることなく、医療機関を受診し、休むことで自然と治ります。

保育園や幼稚園へ登園している場合は、肌の発疹や口腔内の発疹が無くなってから登園をすることで他の子供へ移す可能性も低くなります。

おなかの調子が悪く、感染が不安な人は一度主治医や預け先の園に確認をしてから登園させましょう。

夏に感染するこのウイルス、夏休み中の子供がたくさん集まる場所や児童館などでも感染しやすいです。

お子様が感染した場合、その家族も感染には十分気を付けなければ行けません。

特に妊娠中の女性がいる場合には、万が一の事もある為、出かける際は必ずマスクをすること、うがい手洗いをし家に感染者がいる場合もマスクを着用するようにしましょう。

但し、稀に高熱や目線が合わないなど症状がひどくなることがあります。

その場合は速やかに#8000等へ連絡したり、かかりつけの病院へ連絡し、適切な治療を受けましょう。

-体調不良・病気

Copyright© よしパパの育児サロン , 2020 All Rights Reserved.