育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

トイレトレーニング

子供のペース進めよう!1・2才頃から始めるトイレトレーニングのコツとは?

更新日:

育児サロンのよしです。

子供が成長するにつれて、そろそろ始めなきゃと思うのが「トイレトレーニング」です。

トイレが一人で行けるようになれば、おむつも不要になるので経済的にも楽にな理ますよね。

親としても毎回おむつ交換の手間も省けるので育児がぐっと楽になってきます。

子供もトイレに対して興味を持ち始めたし、そろそろ始めようかなと思ってもいざ始めると思う様に進まないことがあります。

昨日は上手く出来たのに今日はできないという事もあったり、逆にトイレを嫌がったり思う様にトイレトレーニングが捗らず、悩む親もたくさんいます。

このようになかなか上手くいかないトイレトレーニングを上手く進めるコツについて紹介していきます。




いつからトイレトレーニングを始めるのがベストなの?

トイレトレーニングを始めるベストな時期は1歳半から2歳ごろです。

親の言葉がある程度理解をすることができたり、トイレへ行きたいというサインを出せるようになったり、トイレという場所に対して興味が出てきたらトイレトレーニングを始めるベストタイミングと言われています。

ただし、これはお子様によっても成長の速さが異なります。

1歳半から2歳になってもトイレに対して興味がない子や、上手くおしっこへ行きたいというサインを出せない子もいます。

保育園までに何とかおむつを外したいと焦る方もいますが、焦ると余計にお子様はトイレに対して怖い、失敗する事に対して怖いと思いトイレトレーニングをしたいという意欲が無くなります。

子供によってはおむつを外すことで不安に思う子もいる為、焦らずにお子様のペースに合わせて始める事が大切です。

他には、一人歩きがしっかりと出来る事、おしっこの間隔が2時間以上空く事を確認しましょう。

この2時間というのは、おしっこが膀胱にしっかりとためる事が出来るかという目安になる為です。

膀胱におしっこが溜まらないと、トイレへ行っても出すことができません。

成長するにつれてトイレの間隔も長くなるので、今はひんぱんでも心配することはありません。

トイレトレーニングを始めるベストな季節は?

トイレトレーニングを始めるベストな季節があります。

それは「夏」です。

なぜ夏がトイレトレーニングを始めるベストな季節なのかと言いますと!!

まず子供の服装が薄着と言うこと。

冬は厚着をしているので、直ぐに脱ぎたくても脱ぐことが出来ず失敗をしてしまう事もありますが、薄着ならすぐに脱いでおまるにまたがる事が可能ですよね。

また濡れてしまっても、夏は洗濯物も乾きやすいので洗濯物が楽です。

また冬は便座がひんやりしていたり、トイレが寒かったりでトイレへ行くことを嫌がるお子様もいます。

夏なら便座も冷たくなく、気温も低くないので子供もトイレへ入って集中していても体が冷えることはありません。

お子さまによっては冬にトイレトレーニングを始めたがる子もいるので、無理に夏に始めることをせず、便座を温かくしたり等どの季節でも始められるような空間を整えておきましょう。

トイレトレーニングのコツ

まずは、おまるを用意します。

最近ではキャラクターのおまるなど可愛いものが売られており、好きなキャラクターと一緒にトイレトレーニングをすることでトイレへ行こうという意欲がわきます。

お子様と一緒におまるを選ぶのもいいでしょう。

そしてトレーニングを始める前にママの心構えも必要です。

トイレトレーニングを進めても、始めから上手くできるお子様はいません。

おしっこのサインが出たので、いざおまるに跨がせても出ないという事はよくあります。

「いつになったらできるの?」「なんでまた失敗してるの?」とイライラが募るとついこのような言葉をお子様にかけてしまう親もいますが、焦れば焦るほどうまく行かなくなります。

お子様のトイレトレーニングを上手く進めるコツは親がお子様に対しておおらかな気持ちで接することです。

他の子どもと比較をせず、お子様が成功したら思いっ切りほめて嬉しいという気持ちを共感しましょう。

 

 

トイレトレーニングを始める前にパンツの上げ下げを練習しましょう。最初は一人で行うのは無理なので、親が「こうするんだよ」とパンツの上げ下げを教えると自然とお子様も自分でやろうとします。おまるの使い方を教えておくと、いざトイレでおまるを設置しても使い方が分からず焦ることもありません。

最近は育児用品コーナーにトイレトレーニングが成功した際に貼るシールと台紙がセットになったものが売られています。

出来たことが目に見えると、お子様も「また頑張ろう」という意欲がわいてくると思います。

好きなシールをお子様と一緒に貼って、「また頑張ろうね」と前向きになる言葉をかけると、お子様の意欲を高めるきっかけにもなります。

 

他にもトイレトレーニングの第一歩として、トレーニングパンツの使用をお勧めします。

通常のおむつは吸水ポリマーが入っており、おしっこをしても瞬間的に吸い込んで表面がさらっとし濡れた感じが分からない様になっています。

しかしトイレトレーニングパンツとは、あえて濡れた感覚をお子様に与えるので「パンツの中でおしっこをするのは気持ち悪い」という感覚を与えます。

その気持ち悪さからトイレへ行こうと促すことが出来るので、おまるに跨がせる前にトレーニングパンツを履かせるのもお勧めです。

6層タイプ・4層タイプ・3層タイプに分かれており、層が厚くなればなるほどおしっこを吸水することが出来ます。

お子様に合わせてトレーニングパンツのタイプを選びましょう。

最後に

いかがでしたか?

トイレトレーニングの基本はお子様と楽しく始めるという事です。

親も楽しみながら始めることで、お子様もトイレに対して恐怖感も薄れ、親と一緒に頑張ろうという気持ちも自然と沸いてきます。

トイレにいつまでも興味がわかない、何度やってもお漏らしをする等失敗してしまうなど、トレーニングを進めていくにつれてうまく行かずイライラしてしまう事があるかと思います。

特にお仕事に復帰する方で保育園迄に何とかしたいと考えている方は、仕事復帰までの時間や保育園へ通うまでの時間が無くなればなくなるほど焦りでイライラし、ついお子様に厳しい言葉をかけてしまうこともあると思います。

しかし、お子様も一生懸命トイレトレーニングを頑張っているので、トレーニング中に「なんでいつまでも出来ないの?」「〇〇ちゃんはもう出来るのに、なんでできないの?」など、マイナスになるような言葉をかけると、どんどんトイレトレーニングは上手くいかなくなってしまいます。

そこで大切なのは、おおらかな気持ちで接する事、成功したら思いっ切り褒めたり、失敗しても「次頑張ろう!」とポジティブな言葉を投げかける事です。

また、お子さまによって始めるタイミングは異なります。

中には保育園や幼稚園へ行き始め、周りの子がトイレでおしっこをしていると、その様子を見て突然トイレが出来るようになる事もあります。

無理に保育園までにと期間を設けず、お子様のペースに合わせてください。




-トイレトレーニング

Copyright© よしパパの育児サロン , 2019 All Rights Reserved.