クセ

やめさせたい癖!爪かみの原因と対処法とは?

育児サロンのよしです。

子どものクセの中でも、「爪かみ」は最も気になるクセの1つですよね?

衛生面から考えても、親としてはやめてもらいたいもの。

「子どもは、どうして爪かみをするの?」

「このまま何もしないで大丈夫?」

「親は、子どもの爪かみにどうかかわるべき?」

今回は、子どもの「爪かみ」の原因と親のとるべき対処法についてお話します。

合わせて、我が家の体験談をお伝えしていきます。




爪かみとは?

言葉通り、手や足の爪をかむ行為を指します。

特に害がなければ、無理に直す必要はないのですが、爪かみには様々な悪影響も考えられます。

  • 手や爪の殺菌が口に入ってしまう

手には目に見えないばい菌やウイルスがひそんでいます。

お腹をこわしたり、不調の原因となる可能性があります。

  • 爪が変形してしまう

爪をかみ続けていると、筋が入ったり、表面が凸凹になってしまいます。

見た目の問題がでてきます。

  • 大人になってもクセとして残ってしまう

大人になっても、爪をかむクセのある人はいます。

無意識でしていることなので、直すことが難しくなります。

以上の点から、早期に直した方がいいと言われています。

爪かみの原因

次に爪かみの原因を探っていきます。

精神的なストレス

休日にゆっくりしている時は平気なのに、叱られたり、宿題をし始めたりすると爪をかむことがありますね。

精神的なストレスや負荷がかかっているからです。

大人でもイライラすれば、髪の毛をかいたり、貧乏ゆすりをしたりと、気持ちの安定を図っています。

同じように、子どもも精神的ストレスを分散させるために爪かみをするのです。

環境の変化

入園、卒園、引っ越しなど、新しい環境の変化に子どもは敏感に反応します。

心のバランスが崩れていることも原因の1つに考えられます。

さみしい

ママが出産入院をしている時や、下の子が生まれた時など、さみしさをまぎらわせるために、ということも考えられます。

感情の行き場が分からなくなっている時ですね。

なんとなく

特に理由がある訳ではないけれど、何となくやっている場合もあります。

爪をかんだ時に、何かのきっかけで「すっきり」を感じたのかもしれません。

かむことが心地よくて、体や心が欲し続けているのでしょう。

爪かみは、子ども自身が心のバランスを保ち、落ち着くためにしている行為だと言えます。




爪かみを直すための親の対処法

ポイントは、「爪かみは、注意したり、叱ったりして直るものではない」ことを親が知っておくことです。

加えて、どんなシチュエーションで爪かみをするのかを把握します。

  • いっしょに過ごす時間を積極的に作る

朝ごはんは家族みんなで、寝る前はママと2人っきりなど、子どもと触れ合う時間を意識してとってみてください。

機会があるごとに、「ありがとう」「だいすき」など気持ちを言葉で伝えてあげましょう。

愛情表現やスキンシップが、子どもを安心させます。

  • 爪かみが良くない理由を説明する

なぜ爪かみをやめた方がいいのかを、具体的に話してあげます。

爪かみがよくないことだと自覚するようになります。

  • 爪かみしていることを認識させる

無意識に爪かみしている時は、やさしく声をかけます。

「爪、やめておこうね。」と手を握ってあげます。

「また、爪かんでるよ。」と直接的に注意しても、子どもは叱られているように感じてしまえば、改善は難しくなります。

  • アメをなめる

口に何かが入っている時は、爪かみはしにくいものです。

ただ、虫歯のリスクは高くなってしまうので、歯磨きはこまめに行う必要がありますね。

キシリトールガムなんかもおすすめです。

※こんなものもあります。

<ビターネイル 10ml 日本製爪噛み防止トップコート >

爪かみ防止用の専用マニキュアです。

体に害の少ない成分で作られています。

爪をかんだ瞬間に苦みが広がります。

我が家の体験談

長女が神経質な方なので、時期によっていろいろなクセがあらわれていましたね。

爪かみも一時期ありました。

きっかけは、爪がギザギザしてて、気持ち悪かったのをかんで直したとか、ささいなことなんですよね。

引っ越しをしたり、二女が生まれたりと、長女なりに心のバランスを保とうとしていたのでしょうね。

親の心配だったり、不安な気持ちだったりが伝わっていたのかもしれないですね。

何となくですが、子どもの気持ちに気づいていたと思います。

でも、人前で爪をかんでいる我が子を見れば、つい口調がきつくなってしまうことだってあります。

今思い返してみて、1つ言えること。

クセは親が気にしなければ、直る確率が高くなるんじゃないかということです。

おおらかな気持ちで子どもに接していれば、

「そういえば、爪かみなくなったな。」

そう思える日が必ず来ます。

最後に

いかがでしたか?

子どもの「爪かみ」の原因と対処法についてお話してきました。

爪かみは、子ども自身が心のバランスを保ち、落ち着くためにしている行為であること。

爪かみの原因には、

  • 精神的なストレス
  • 環境の変化
  • さみしい
  • なんとなく

などが考えられること。

親ができる対処法は以下の3つ。

  • いっしょに過ごす時間を積極的に作る
  • 爪かみが良くない理由を説明する
  • アメをなめる

爪かみは、注意したり叱ったりしても、直るものではないことをお伝えしました。

あせらず気長に向き合っていただきたいと思います。

 

 

-クセ

© 2020 よしパパの育児サロン