育児中のパパママのリアルな情報サイト

よしパパの育児サロン

爪切り

初めては怖い!赤ちゃんの爪切りの方法とは?

更新日:

育児サロンのよしです。

小さい赤ちゃんを見ると、何もするにもドキドキしますよね?

初めてのお子さんであればなおさら、 触るだけでも緊張するものです。

そんな赤ちゃんにハサミを向けるのは怖いですが、だからといって爪を切らないわけにもいきません。

爪はこまめに手入れしていかないと、顔を引っかいたり爪が剥がれたりして危ないです。

赤ちゃんは自分の意志で自由に手が動きませんので、指が目に入ったりしやすいです。

そういう時に爪が伸びていると危ないですよね。

ですので、今回は爪切りの方法や注意点についてお話します。

生まれてすぐに爪切りをすることになるかもしれませんので、 ぜひ覚えておいてください。

 



生まれたときは赤ちゃんの爪はどうなってるの?

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時から爪が伸びています。

順調に経過して生まれた赤ちゃんであれば、生まれた時、爪は指先を超えていることが多いです。

ですので、赤ちゃんによっては生まれてすぐに爪を切る必要がある子もいます。

出産で入院物品を揃える時に赤ちゃん用の爪切りを持つお母さんもいますが、産院で貸し出ししてくれますし、入院中は使っても1回切りなので、持って行く必要はないかもしれません。

ですが、自宅に戻ってすぐに爪切りをする可能性は大いにありますので、出産前に爪切りは買っておいていいと思います。

 

どんな爪切りがいいの?

子ども用の爪切りは2タイプあります。

大人と同じ形のタイプ(クリップ型)とハサミの形をしたタイプです。

 

大抵はハサミタイプが出回っているように見受けられますが、どちらを使用しても大丈夫です。

クリップ型は爪切りの形が爪の奥に入らないようになっているので、深爪しにくいのが特徴です。

しかし、爪切りの歯の部分が邪魔をしてちょっと爪が見えにくくなり、切るのが怖いと感じる人がいるようです。

また、爪切り自体のカが強いので、赤ちゃんの爪が2枚爪に割れてしまうこともあり、うまく使わないといけません。

ハサミタイプは逆で、爪をしっかりと目で確認しながら少しずつ切ることができますので、とても切りやすいです。

先端も丸く加工されていますので、先端が刺さる危険もありません。

しかし、赤ちゃんの爪は柔らかく、どこまで切ったらいいかわからないくらい全体的に薄くて白いので、油断していると深爪する可能性があります。

どちらも慣れれば簡単ですので、お好きな方を購入していいと思いますが、初めてのお子さんであればハサミタイプのほうが使いやすいと感じるかもしれません。

 

爪の切り方のコツ

爪切りをするときは、基本は爪を3回に分けて切ると覚えておくといいと思います。

赤ちゃんの爪は先端がとがっているように伸びているので、まずは一番伸びている先端をバチッと切ります。

そのあと、左右のカーブしている部分を形を整えるように切ります。

これで終わりです。生まれて数日の時に切るのであれば先端を1回切っただけで終わりだと思います。

2歳くらいまでは爪は柔らかいのでハサミでも切りやすいです。

大きくなってからもハサミタイブの爪切りを使っていいですが、5歳を過ぎてくると爪も硬くなってきます。

そうすると、なかなかハサミではきれいにきれなくなってくるので、そうなったら大人と同じタイプの爪切りに替えましょう。

特に小さい子供用サイズを買う必要はありませんので、あえて買わず、家にある大人と同じものを使用してもいいかもしれません。

爪を切る前には、赤ちゃんの手をしっかりと固定することから始まります。

寝返り前の赤ちゃんであれば、寝ている時、起きている時は気にせず、手をしっかり持って切れば危なくはないでしょう。

指に力が入ることはあるかと思いますが、嫌がっているとかではなく、無意識に動いているだけですので、気にせず固定しましょう。

とはいえ、ぎっちり握る必要はありません。

ぎっちり握ると赤ちゃんは握られたことを嫌がってしまって余計に動きます。

そっと握るだけでも十分固定できますのでやさしく握ってあげましょう。

寝返りをするようになると、爪を切ろうとしている時にコロコロ動かれると危険ですので、起きている時に切るのであれば体も抑える必要があります。

と言ってもこれもぎっちり抑えるわけではありません。

お互い前を向いて二人場織のような態勢で膝の上に座らせます。

その態勢のままで自分の爪切りのように切ればお子さんが動く心配もないですし安心して切らせてくれます。

ただ、ハサミを見ただけで嫌がってしまう子もいますので、そういう子はテレビや絵本を見せている間に切ったり、寝ているときにそっと切ったりするとうまくいきます。

寝ている時は、気を付けないと爪切りのせいで起きてしまうこともありますので、手を握ってもお子さんが動いたりしないかきちんと確認してから切るようにしましょう。

また、切るたびにピクピク動くようであれば切っている進中でも諦めて、また次回チャレンジしましょう。

切りかけの爪だけはしっかり整えてあげることを忘れないようにしてくださいね。

 



爪を切る際の注意点

爪には、白い部分(切る部分)とピンクの部分(切らない部分)がありますよね。

大人であればピンクの部分にまで爪切りが入ってしまうことはあまりありませんが、赤ちゃんはピンクの部分にまでハサミが入ることがありますので、目でしっかり見て確認しながら切るようにしましょう。

ちょっと油断するとすぐに深爪になったり、血がにじんだりすることがありますので、必ず白い部分を少し残すようにして切りましょう。

爪切りをするのが大変な子だと、爪切りの回数を減らしたいがためについギリギリまで切りがちですが、ちょっと危ないです。別に毎回 10本の指全ての爪を切らなくてもいいのです。

足まで合わせると 20本!これを一気にするのは大変な場合もありますので、こまめに1~2本ずつチャレンジすればいいと思います。

基本的には週1回爪切りをすればいいのですが、こまめに切る場合には3~4日の間隔で切れそうなタイミングの時にちょこっとやるスタイルにするとうまくいきやすいです。もし、よく深爪をしてしまう場合には、お風呂上りやおしゃぶり後など、爪が柔らかくなっている時間は避け、普通に遊んでいるときや寝ている時に切るほうがいいかもしれません。爪が柔らかいと深爪しやすくなりますので、乾燥してしっかりと硬さがあるところで切ったほうがうまくいくこともあります。

 

もし深爪してしまったら

基本的にはそのまま放っておいて大丈夫です。

血が出ていないか、化膿したりしていないかを数日見てあげましょう。

出血は最初あってもすぐに止まることが多いですので、心配いりません。

心配して絆創膏を貼りたくなるかもしれませんが、絆創膏は赤ちゃんのロに入ると危険ですので貼る必要はありません。

深爪だけであれば 1~2日ですぐに生えてきます。次のような時は病院に行きましょう。

注意

・深爪した周囲が赤くなり炎症を起こしているように見える

・出血が止まらない

爪を切ろうとした瞬間に赤ちゃんも動いてしまったという理由で深爪してしまうことはよくあります。

そうならないように、慣れるまでは他のご家族と一緒に2人で切るようにしてもいいかもしれませんね。

 

最後に

いかがでしたか?

・爪切りは生まれてすぐから始まることもあります。物品は事前に準備しておきましょう。

・爪切りのタイプにはいろいろありますが、初心者であればハサミタイプをお勧めします。

・1回に全部やろうとせず、こまめにやれるところだけ切りましょう。焦ると深爪しやすくなります。

・深爪は出血したり化膿」したりする危険性がありますので、気を付けましょう。

・出血が止まらなかったり傷が化膿してしまったときには病院を受診しましょう。

爪切りって親子のコミュニケーションにもなりとってもいい時間…のはずなのですが、やはり子どもが嫌がって苦戦するご家庭も多くあるようです。

寝込みを襲ったり、テレビや絵本の力を借りて、なるべくストレスなくできるといいですね。

-爪切り

Copyright© よしパパの育児サロン , 2020 All Rights Reserved.