コロナウイルス関連 家事分担

在宅勤務で家族と過ごす時間が増えたいま!気を付けること今出来る事とは?

育児サロンのよしです。

緊急事態宣言が発令されてお仕事がお休みになってしまったり、帰宅時間が早まったという方は多いのではないでしょうか?

会社からテレワークを依頼された方もいらっしゃるかも知れません。

そうすると普段の生活よりも断然、家族と顔を合わせる時間が増えるため、喜びを感じる方もいるとは思いますが!!

逆にトラブルが発生してしまうというデメリットも存在すると思います

そこでこの記事では、生活リズムが変化したとき、そして家族と過ごす時間が急増したときに起こりやすいトラブルと、それを防ぐ方法をご紹介していきます。

この記事を読んでいただくと、家族との人間関係についてどのようなことでトラブルが起こるのかが分かり、あらかじめ対策をすることが出来るはずです。




家族の負担にならないようにしよう

仕事が忙しく普段家にあまりいない方であれば特にそうだと思うのですが、リモートワークやお休みなどの自宅待機によって在宅時間が増えると、その人の分の食事や着替えや掃除などのタスクが増えることが予想されます。

自分一人しか家にいない場合は自分で何とかすればいいだけの話ですが、家族が面倒を見てくれる場合、全部を任せてしまうというのは避けた方がいいです。

特に、いまの状況下では、いつまでリモートワークまたは休みなどの自宅待機が続くのか分かりません。

休んでる本人は「家でも仕事をしているのだから家族から責められるいわれはない」と思っている方が多いのですが!

家族からしたら

先行きが不透明でいつまでこの人は家にいるんだろう?

せめて自分の家事だけでもやってくれることはないのかな?と不安や不満をもってしまう可能性があります。

家事が一人分増えること自体も大変ですが、それ以上に「いつまでこの状況なのか、ゴールが見えない状況」というのが家族にとって最も精神的に負担になります。

そこで、リモートワークや休みなど自宅待機をする場合は、極力家事や育児において出来ることをやっておくことをオススメします。

それに併せて、会社から来た情報はなるべく早く家族へ共有することをオススメします。

相手の気になることをあまり指摘しない

一度相手のイヤなところが目についたらそれが頭から離れなくなり、相手の行動の全てが悪い意味で気になってくるというのは良くある話です。

自宅待機によって家族と過ごす時間が急増すると、もしかしたら相手の気になるイヤな部分を見つけてしまうかもしれません。

でもそれは自分自身自宅にずっとこもっているせいでストレスが溜まり、普段目につかないことが気になってしまっているだけということもよくあります。

もし指摘してしまい、「あなたこそ〇〇でしょ」と指摘されようものならトラブルに発展しかねません。

その指摘はどうしても今しなくてはならないことなのか?

一度考えてから今はあえて少しだけ家族と距離を取ることをオススメします。

言い方次第では相手も納得してくれるかも知れませんが、自分も気付かぬうちに既にストレスが溜まっているということを忘れないようにしましょう。

家族に対して想像以上にとげのある言い方をしてしまう恐れがあるからです。

どのように過ごすか計画を立てよう

自宅待機は生活習慣がガラッと変わるため家族にストレスが増えるというのは分かりましたが、当然自宅待機によるメリットもあります。

必然的に自宅で出来ることが増えるため、子どもと遊ぶ時間が作れたり、将来子どもにはどのように成長してほしいのかを家族間で話し合ったり、いつもはやらない凝った料理にチャレンジしたり、普段の疲れを取るべくゆっくり休んだりと出来ることは沢山あります。

一度家族と話して、「自宅待機中は〇〇しよう」というように計画を立てておくと充実した時間を過ごせそうです。

今しかできないことをやってみよう

自宅待機や帰宅時間が早まることによって、いつもより自分の時間が増えたという方も多いと思います。

そんな時は自分にとってプラスになる今しかできないことをやっておくことをオススメします。

勉強をする

勉強は子どもが社会に出るまでにしておくものではなく、大人になっても何歳になっても必要なことです。

仕事に生かせそうな資格を取ってみたり、万が一将来転職することになったときに役立つスキルを習得しておくというのはとても素晴らしいことです。

そしてこのような行動を開始するには下調べなども含んだ準備期間としてある程度の時間が必要になるので、今の自宅待機を有効活用出来るはずです。

様々な資格が取れる、こちらのキャリアカレッジジャパンもご参考なさってください。

https://infomasion.net/ktarikare/

収入を増やす取り組みをする

日本全体でなかなか給料は上がりにくい状態になっているため、今使えるお金を増やしたり将来の貯金をするために収入を増やす取り組みをすることをオススメします。

本業でのスキルアップが給料に直結するならそちらを優先するのもよし、会社が副業を認めているなら副業を始めるのもよしです。

どちらにせよ、収入アップの取り組みを始めるには結果が得られるまでまとまった時間が必要になるため、今の時間を有効活用するという意味でもちょうどいいのではないでしょうか。

読書をする

普段なかなか読むことのできない本に時間を使うこともオススメです。

読書って細かい字を沢山読む必要があることから、「疲れる」というイメージをお持ちの方は多いかもしれませんが、実はストレス解消に読書はぴったりです。

仕事から帰ってきて「今日はちょっとイヤな事があったから一杯やるか」とストレスを解消するのはよく聞く話ですが、その時間をちょっと小説を読む時間に使ってみてください。

10分でも15分でも本を読むとなぜか頭がすごいスッキリするということがあります。

不思議ですよね。

これは自分が「今いる世界」で様々な事を考えた結果疲弊して思考が止まっておりモヤモヤとストレスを感じている状態を、「本の世界」に入ることでいったん「今いる世界」での思考を止める事が出来るからなのです。

スマホのタスク終了のようなものなので、読書後はスッキリとした気持ちになり、さっきまで散々悩んでいたことをスパっと解決出来てしまうこともあります。




思いっきり家事も削減して休もう

こんな機会めったにないので家族みんなゆっくり休もう!というのもアリだと思います。

食料品を買い込んで家族みんなで映画を見ても良いですし、やる家事も最小限にしてお休みするというのもオススメです。

おうちでの新しい楽しみ方、遊び方を発見出来るかもしれません。

将来の計画を立てよう

自宅待機は家族と将来についての意見を交換する事が出来るチャンスでもあります。

後々になって子どもに関する意見の食い違いなど、トラブルに発展させないためにも今のうちに話し合っておくことをオススメします。

例えば、将来子どもにお金がいくらかかるのか、私立大学まで行かせたらいくらかかるのかなど、もう既に話し合っていれば良いのですが意見を交換しておくことをオススメします。

こちらの記事も参考になるのでご紹介します。

将来子どもにいくらお金がかかるのかも分かりやすく解説しています。

https://infomasion.net/gakusihoken/

(学資保険のメリット・デメリットとは?)

最後に

いかがでしたか?

緊急事態宣言による生活スタイルの変化が起こったときに気をつけること、やっておくことをご紹介しました。

仕事が休みになったから楽になる、ということは案外なくて逆にストレスが溜まるということもありえますので気をつけていきたいものです。

-コロナウイルス関連, 家事分担

© 2020 よしパパの育児サロン